魔法の言葉「So what? Who cares?」

日本人ってナゼこうも「繊細」で「小心者」なのでしょうか。英語を話す時も、「間違っていないかな?」「変なこと言って笑われたらどうしよう?」「文法合っているかな?」なんて、いつもドキドキ、ハラハラしながら震えているのです。

一方で、ノン・ネイティブの外国人はベラベラ、ベラベラと英語をまくしたてます。よく聴いてみると文法もメチャクチャ、単語も発音もアクセントもまるで間違っている。それでもお構いなしに、とにかく言いたいことを思う存分表現しています。

しかも、それでネイティブとの会話もバッチリと成立しているんですよ。言ってみればネイティブの会話だって、文法的にはメチャクチャなんですから。しかし、それで十分会話が成立している。楽しいコミュニケーションが出来ているわけです。

日本人が、単語のスペルだとか、発音記号だとか、文法の小難しい知識だとかをチマチマと、眉間にシワを寄せながら勉強している一方で、他のノン・ネイティブはそんなの知ったことか!という顔で、まさに勢いに任せて英語を「体得」していっています。

この気迫というか、勢いが日本人の英語学習者に決定的に欠けているものなのではないでしょうか。皆、日本人が英語を話す時は力なく、弱々しく、オドオドしていて、格好が悪いんですね。英語を話す時には、もっと堂々と「日本人なんだから完璧な英語なんか話せねーよ!それがどーした?」という開き直った姿勢で向かうといいんです。

で、私も昔は英語が話せませんでしたので、ご多分にもれずオドオド、ドキドキしていました^^; しかし、ある時アメリカ人に言われたんです。

「どうしよう、間違った英語を口にして笑われたら・・・」

So what? Who cares? (だから何なの?誰が気にするの?)

…確かに。自分が変な英語を話したからって誰が気にするの?少し文法的に間違った英語を話したところで誰が困るか?So what? Who cares?」なんですよ、本当に。

完璧な英語を話さなくたって、誰も気にしないし、誰も困りはしないんです。重要なのは、そういう小さなプライド、虚栄心をかなぐり捨て、徹底的に「バカ」になって言いたいことを思い切り言うことです。

そして少しでも心の中で「私の英語大丈夫かな?」「通じなかったらどうしよう…?」と思ったら、すかさず「So what? Who cares? (だから何なの?誰が気にするの?)」をつぶやいてみて下さい。

これはあなたの英語をパワフルにする魔法の言葉です。英語は勢いです。会話は勢いから生まれます。何も心配しないで下さい。魔法の言葉「So what? Who cares? (だから何なの?誰が気にするの?)」を覚えておいて下さいね^^

*So ○ucking what?という野蛮なスラングもありますが、これは口にしない方が良いです^^;




矢印


矢印


矢印

リスニング・トレーニング用音声の選び方

英語を聴き取ること、すなわち「リスニング」や「ヒアリング」などのトレーニングを行っている人はたくさんいますが、そのための「英語音声」を間違って選んでいる人が多いようですので、今日はその辺りの具体的な「選び方」について伝授します。まず、リスニングのトレーニングを開始する前に、あなたに必要な聴解力の種類を明確にする必要があります。

これは例えば、TOEICとか大学受験といった「試験」対策の聴解力が必要なのか、それとも一般的な英会話での聴解力が必要なのか、と用途・目的に応じてトレーニング内容が大きく変わってきますので最初に明確にしておくことが重要なのです。さらに現在の聴解力のレベルによっても英語音声の種類を適切に選ぶ必要があります。初心者が最初から早口のニュース音声などを聴いても、おそらく何も聴き取れないばかりでなく、せっかくの士気をくじく恐れがあります。

以下に種類別の用途・目的、そして注意点などをまとめてみましたので参考にしてみて下さい:

洋画・海外ドラマ:
これは、汎用性、効果、入手のしやすさ、そしてコストパフォーマンスのすべてにおいて最も優れたトレーニング用音声と言えます。基本的にはレンタルDVDなどを用いるのが良いですが、最近は価格が安くなっていますので気に入ったものがあれば自己投資と思って購入するのも良いでしょう(たいていは繰り返し用いるものですので、投資する見返りは十分あります)。

用途・目的としてはまさにオールジャンル対応と言えますね。試験向けの勉強に映画やドラマはどうか?と思われる人もいると思いますが、英語の音声の特徴をつかむには、ネイティブの一般的な会話などを繰り返し耳に入れることが一番効果的なのです。

お勧めとしてはなるべく会話が多いもので、ストーリーがわかりやすいものが良いですね。一般的なエンターテイメント、コメディ、ホームドラマ系のものから入ると良いです。ただし、中にはとても早口であったり、アメリカンジョークなど、文化的な背景がわからないと理解できないものもありますので、いくつか観てから自分に合った好みのものを選んでみて下さい。

ニュース番組:
ニュース番組もピンキリですが、ABCやCBS、CNN、BBCといったネイティブの一般向け放送であると初心者はサッパリ聴き取れない可能性があります。いくら高負荷といっても、最初からそれではやる気がなくなりますので、初心者であれば、定番ではありますがVOA Special Englishなどから始めると良いですね。

聴き方のコツとしては、英語の勉強として「構えて」見たり聴いたりするのではなく、普通の日本語のニュースを見たり聴いたりするのと同じ感覚で、単に内容や情報を知りたいという気持ちで聴いてみると良いです。キーワードなどをメモに書き取り、内容を推測しながら聴くとさらに効果的です。

何を言っているのかサッパリわからない場合には、そのレベルの音声をトレーニングに用いるのはまだ早い段階であると判断し、難易度を下げてみると良いでしょう。理想的なレベルは、音声を聴いていて「ちょっと難しいかな」と感じるくらいです。常にそれくらいの負荷をかけていれば、必ず聴解力は養われます。

YouTube:
YouTubeには、それこそありとあらゆるタイプの英語音声がアップされています。一般のネイティブの会話から洋画、海外ドラマ、ニュース、著名人のスピーチ、英語学習者向けの音声等々すべて無料で聴くことが出来ます。これらをリスニング・トレーニングに使わない手はありません。

ただし、すべての音声にスクリプトがついているとは限らない点と、音質が悪いものもありますので注意が必要です。「English beginner」「ESL」「TOEFL」「English conversation」等で検索するとたくさん出てきますので、自分に合ったものを選んで聴いてみて下さい。

市販の英語・英会話教材:
昔は英語の音声を手に入れること自体が難しかったため、カセットテープやCDがたくさんついた高価な英語・英会話教材を購入する必要がありましたが、現在は格安のレンタルDVD、インターネット上で手に入る無料の英語音声が主流になっていますので、敢えてお勧めはしません。

ただしTOEICや英検、大学受験などにおいてはそれぞれの試験に特徴的な英語音声というものがありますので、市販の各(公式)問題集などに付属している音声を用いることは重要ですね。これらは収録時間もそれほど長いものではありませんので、丸暗記するほど繰り返し聴いてみると良いです。

以上がリスニング・トレーニング用の英語音声ですが、もちろんこれらを手に入れて単に聴くだけでは意味がありません。リスニング力を短期間に爆発的に伸ばすためには然るべきコツその方法を知る必要があります。

私の英語英会話マニュアル教本第二巻「リスニング編」では130ページに渡って「ここまで書くか!」というほど徹底的に、英語が苦手な日本人のための英語の聴き取り方と簡単なトレーニング法についてご紹介しています。




矢印


矢印


矢印

2010年11月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

あなたの周りのネガティブ人間に気をつけよう!

英語を勉強することって、考えてみるととても「孤独な作業」ですよね。もちろん、英会話教室や学校の英語の授業のように、たくさんの人達と共に学んでいる時はあまり「孤独」を感じないかも知れませんが、それでも家に帰れば一人で勉強しなければならないわけです。

で、これはまぁ「英語」だけに限ったことではありませんが、やはり一人で勉強や作業を続けていると心が弱くなる時が必ずあります。これは誰にでも必ずあります

「こんなことやっていて、果たして英語話せるようになるのかなぁ…?」
「英語なんて聴き取れるようにならないんじゃないか…?」
「いつまでこんな勉強を続けなければいけないのか…?」

…等々、色々あると思いますが、心が弱くなると人間は取り止めもなく「暗いこと」を考えるようになります。どうせ自分には出来ない…。どうせ無理だ。話せるようになるはずがない!と。

ネガティブな心というのは、人間の防衛本能のようなもので、言ってみれば、危険な挑戦による失敗から身を守るために必要な「自己抑制力」ですね。それが人間の行動を抑制するから、ある意味「失敗」せずに、または失敗したとしてもダメージを最小限に抑えることが出来るわけです。

従って、「ネガティブな心」自体は決して悪いものではないのですが、時に度を越して人間の行動にブレーキをかけてしまうことがあるんです。それが、いわゆるネガティブ・マインドというやつで、「どうせ英語なんて話せるようになるわけないから、挑戦しない」とか「他の人には出来ても自分に出来るはずがない」とか、そう自分に言い聞かせて「実際に話せるようにならなかった場合の不名誉な結果」から身を守ろうとするわけです。その場合、最初から何も挑戦できなくなります(その結果、「失敗」もない代わりに「成功」もありません)。

ただ、これが自分の脳内での抑制力だけであればまだいいのですが、たまに他人におせっかいを焼く「ネガティブ」人間がいます^^; これには注意しなければなりません。自分だけネガティブになって落ち込んでいてくれればいいのですが、こういう厄介な人に限って周囲の人にまで強烈な「ネガティブ」光線をふりまくのです。

いえ、正確に言うと、ネガティブ人間は周囲の人の「エネルギー」を奪います。だから、ネガティブ人間に目を付けられて言い寄られると、それだけでパワーを吸い取られてしまうので、こっちまでやる気がなくなってくるんですよね。

「君にそんなこと出来るわけないじゃない!」
「無理、無理!英語なんて絶対話せるようにならない」
「日本人が聴き取れるわけがないよ、絶対ムリ!」

こういうことをあなたに吹聴してくる人がいたら、なるべく距離をおいた方がいいですよ。そうしないと、知らないうちにあなたの持っている潜在的な力、本当は十分に英語力をつける力があるにも関わらず、全部吸い取られてしまいますから^^;

そうではなく、「大丈夫!絶対に英語を話せるようになるよ!」「あなたなら絶対に結果を出せるよ!」「話せるようになるまで頑張ろう!」と言ってくれる人についていくようにしましょう。こんなの精神論だとバカにする人もいますが、かなり重要な話なんですよ^^ どうか、あなたの心のどこかに留めておいて下さいね。




矢印


矢印


矢印

このページの先頭へ