倍速リスニングは効果的なのか?

倍速リスニング」というのは、要するに英語音声を2倍、3倍という高速で聴き、そのスピードに慣れると通常の速度の英語を聴いた時スピードが遅く感じられるため、その分よく聴き取れるという効果を期待したトレーニング法のことです。で、確かにコレ、やったことがある人はわかると思いますが、実際に速い英語を聴いた後に通常の速度の英語を聴くと、かなり遅く感じられるものです。

では、それでリスニング力は上達するのか?という疑問が当然出てくると思います。答えから先に言いますと、残念ながら、これだけでリスニング力を鍛えることは無理なんです。確かに、英語はゆっくりと聞こえますが、だからと言って、内容を把握できるようになるわけではなく単に「英語の音」を拾うのが上手になるだけです。もちろん、それだけでも聴解力にかなり良い影響を与えるのですが、それだけでは不十分と言えます。

一般に聴き取れる英語の情報量が多ければ多いほど内容を正確に把握することが出来ると考えられますが、もちろん、それは重要なことなのですが、もっと重要なことがあるんです。
それが、「相手の言わんとすること」を先に想定できる能力です。

これは、別に超能力のことではないですよ^^;
相手の話している内容、背景、予備知識、一般常識から相手が言っていること、または言わんとしていることを先に頭の中で想定し、内容を把握する。これが、リスニング力なのです。別に、相手が言っていることを一語残さず聴き取ることがリスニング力なのではありません。

そのため、真のリスニング力を身につけるには自分の表現の幅を広げる必要があります。相手の言わんとすることを想定するには、自分の中にある表現を基に推測し、解釈する必要があるからです。

従って、リスニング力を身につけるには、自分の表現力(アウトプット能力)を高めることが重要となるのです。聴き取りばかりやっていて、インプットに集中しているとこの部分にはなかなか気付きません。大切なのは、すべてを聴き取るのではなく、聴き取れた要点を基に、相手が言わんとしていることを先手、先手で推測し、内容を把握することです。

そういう観点からも、倍速リスニングについては、それだけで聴解力が増すというものではないということを知っておいて下さい。




矢印


矢印


矢印

2010年10月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

ムダなことは一つもない、というお話

私達は、いつも「あの時こうしておけば良かった」とか逆に「あんなことしなければ良かった」とか色々と後悔することがあります。で、最近つくづく思うのですが、その時は「無駄な労力を使った」とか「骨折り損だ」とか「バカバカしいことをした」とか思うわけですが、しばらくしてみると、案外その「無駄な労力」が思わず功を奏していることが少なくないことに気付きます。

例えば、学生時代に無理やり教科書の英文を丸暗記させられその時は「なんて意味のない、面倒臭い作業だ…–」と思うわけですが何年か経って、実際の英会話などでその時覚えさせられたフレーズがパッと出てきて助かったとか…

会社で無理やりTOEICを受けさせられることになり、そのために仕事ではまったく必要性を感じない英語の勉強を強いられ、その時は面倒臭いと思うのですが後々、仕事上で英語を使うことがあり、TOEICの勉強が思わず役に立った…なんてことがよくあるものです。

ここで、一つ「真理」があるのですがこの世の中で「役に立たないこと」「ムダなこと」なんて実は、一つも存在しないんです

「あの時、あんなムダなことしなければ良かった…」
「なんて回り道をしてきてしまったんだろう…」
「こんなことをしても何の足しにもならないのでは…?」

その時はそう思えても、しばらく経つと廻り回って「役に立つ」ものです。いつも私は「効率化」を提唱していますので、こんなことを書くと矛盾しているように思われるかも知れませんが、もし、今までやってきたことが「ムダ」に思えてならないと落ち込んでいる人がいれば、「決してそんなことはないんですよ」と言ってあげたいから敢えて、今日のお話をさせて頂きました^^

この世に「無駄なこと」は何一つないんです。それが「真理」ですから、自信を持って、前向きにいきましょう!それでも「ムダ」な勉強はもうイヤ!という人は私の教本に基づいた「効率的」な英語習得法をお勧めします^^




矢印


矢印


矢印

まずは「出来そうなところ」から始めると良いです

英語とか、習い事とか、まぁ何でもそうなんですが、何か「新しいこと」を始めようとして、はじめのうちは皆さんメチャクチャ「やる気」になりますよね。「よし、やってやるぞ!」という気持ちになるんです。もう、そんな時は頭の中でドーパミンやセロトニンといった「やる気ホルモン」が出まくっているわけですね^^ もうお祭り状態なのです。

しかし、その状態が長続きすることはありません。これは、健康な人間であれば当然のことなので心配はいらないですよ。常に「脳内お祭り状態」の人間は、逆に危険ですから^^;
従って、最初はやる気に燃えていた人も100%「意気消沈」する時がくるのです。今日は、そういうことも見越しての「大人のアドバイス」をさせて頂きたいと思います^^

「出来そうなところ」から始めてみる

実はこれ、とても大切なことなんですよ。例えば、やる気に満ちていて、もう「興奮」状態で勉強の計画なんか立てると、ほぼ確実に三日坊主になります。目標設定が「お祭り状態」でのレベルとなっているわけですから、途中で溺れてしまうわけですね。だから、最初から背伸びしない方がいいんです。最初は本当に現実的に「出来そうなところ」から始めてみる。

例えば、はじめから単語を1日100個覚えようとか、英字新聞全ページを毎日読むとか、そういう難しい目標設定にせず、単語なら3個、それが出来たら5個、その次は10個…という感じの設定が良いわけです。英字新聞なら、1記事、次は2記事、次は3記事…みたくすると良いでしょう。

結局、階段と同じですね。最初から段差が1mもある階段を、誰も上れないんです。最初は10cm、次は20cm、次は30cm…という感じでハードルを上げていくと良いです。大抵の場合、その方がうまくいきます。

これは勉強の内容だけに限らず、例えば勉強時間などでも言えます。最初から1日5時間勉強する!なんて意気込むよりは、まず現実的に出来そうな1時間から始めてみるとかね。もし1時間が難しければ10分から始めたっていいじゃないですか。

実は、この5分でも10分でも、短時間から始めることを習慣にすると、その後3時間とか5時間とか勉強するのが苦でなくなるんです。何事も最初の「エンジン・スタート」の部分が一番難しいわけ。で、一度スタートすると、後は「慣性の法則」が働いて、比較的長時間でもラクに勉強を続けられるものなんです。

要するに「はじめチョロチョロ、なかパッパ」というやつですね^^
なかなかエンジン・スタート出来ない人や、先に「やる気」になって暫らくして意気消沈してしまった人なんかも、ぜひこのスタンスで勉強を開始してみて下さい。必ず効果が出るはずです^^




矢印


矢印


矢印

このページの先頭へ