英字新聞読んでいますか?

英字新聞と聞くと、すぐに連想するのが「通勤電車内でかっこつけているビジネスパーソン」ですが…(^^;いえいえ、そんなことはありません。英字新聞って結構ためになるんですよ。まぁ、家で人知れず英字新聞使って勉強しているなら控え目な感じで好感度高いですけどね。これ見よがしに公衆の面前で英字新聞広げられちゃ、「何だこのキザな奴は?」と思われても仕方ありません。

ま、そんな話は置いておき。英字新聞ですが、これはリーディングの勉強にとても役立ちます。まず、時事的なこと、最新の話題が盛りだくさんですので、読んでいてタイクツしませんし、そこから得られる(インプット)英語の表現とか単語というのは、その後の自分のアウトプットに非常に役立つのです。

初級者なら同じ記事が日本語で書かれたものを先に読んでおき、内容を大体把握しておいてから読むとかなりスムーズに読み進められるでしょう。これって結構大切で、初めからジャパンタイムズをいきなり読み始めても「ダメだこりゃ」と、いかりや長介みたいになってしまいますので(^^;、まず内容を日本語で確認しておくと良いですね。中級者であれば、そこまですることはありませんが、例えば辞書なしで読み進めるタイプの多読トレーニングを行っているのであれば、先に日本語で内容を確認しておくと単語や表現の推測力がつくので良いですね。

面白いのは、知っているボキャブラリーのパーセンテージでリーディング・トレーニングの効果が変わってくることです。例えば英字新聞を辞書なしで読むとして、知っている単語が80%以上あると脳にまったく負荷がかからないのでトレーニングの効果はほとんどありません。逆に知っている単語が20%以下だと、今度は辞書なしでは読み進めること自体が不可能となります。従って、ちょうど良いパーセンテージ…例えば、知っている単語が40%~60%程度であれば、適度な負荷が脳にかかり、また推測しながら読み進めることも可能なので、トレーニングの効果が最適化されるわけです。その微妙な調整のために、初心者であれば日本語で内容を先に確認しておくと良いわけですね。

よく聞かれるのは「英字新聞を購読したいと思いますが何が良いですか?」という質問。まぁこれもその人のレベルによって変わるところが大きいのですが、一般的にウィークリーものは内容がやさしいですね。従って、初心者~中級向けと言えるでしょう。それで物足りなくなったらデイリーヨミウリとか、ジャパンタイムズとかが、まぁ王道といったところでしょうか。

あと、購読っていうのもいきなりはやめておいた方がいいです。今はオンライン版があるので、先にどんな感じなのかウェブでレベルを調べておき、紙版を買うとしても駅などでバラ売りしていますから、そういうのを試してみると良いでしょう。定期購読はかっこいいですけれど(^^;、ほとんどの人が処理能力を超えて読まずに放置する量が増えるだけだと思います。

いずれにしても新聞だけにニュースをはじめとした「読み物」など、英語としては良文も多いですし、リーディングのトレーニングは最適ですね。ただ、英字新聞の英語って、結構「くせ」がありますから、最初はそれに慣れる必要がありますね。この「くせ」というのは、字数制限のために特有の表現となってしまうことに由来するものです。まぁ、そんなのも読み始めるとじきに分かるようになってきます。

また、先ほども少し書きましたが、英字新聞というのは英語表現の宝庫でもありますから、自分が知らなかった単語や表現などは積極的にピックアップして覚え、そしてそれを必ず自分のアウトプット(スピーキングやライティング)で用いるようにして下さい。このアウトプットをやらなければ、せっかく知り得た新しい単語や表現というのは、おそらくじきに忘却の底へと沈んでいくことでしょう。どうぞ積極的に英字新聞を使ったトレーニングをやってみて下さいね(^^)




矢印


矢印


矢印

パターンが分かると英語はラクになる

今日はあまり時間がありませんので、とても短いヒントを一つ。
英会話とか英作文とか、要するにアウトプット系のスキルでなかなか上達を感じないという人に是非知って頂きたいのが、英語は結局「パターン」だ!ということ。まぁこれは別に英語だけに限った話ではありませんので「英語はパターンだ!」というより「言葉はパターンだ!」と言った方がより適切かも知れませんね。

パターンというのは文字通り「型」とか、ワンパターンとかの、あの「パターン」のことです。英語と長く接していれば、英会話などにおける表現にはお決まりの「パターン」というのがいくつも存在していることが分かると思いますが、結局それがとても重要なのです。
特に「スピーキング」とか「ライティング」といったアウトプット系のスキルが苦手な人というのは、このパターンをあまり重要視しません。それよりは、単語単位で一から組立を行おうとするわけです。

だから英会話で何かを話そうという時に、その場その場で単語のレベルで英文を頭の中で組み立て、それで「表現」しようとするわけですね。同様に英作文においても、単語レベルで組み立てて「表現」しようとするわけです。本人としては、何かを表現する時に単語レベルで英語を組み立てることが出来れば、無限の事柄を自由に表現出来ると感じるわけですが、実はこれはとても効率が悪く、しかも現実味がありません。

まず英語は定番の表現パターンをいくつか組み合わせるだけで大抵の会話は事足ります。それどころか、単語レベルでいちいち文を組立ていたら時間がいくらあっても足りませんし、ものすごい量の単語を暗記しておかなければならなくなります。従って、今英語のアウトプット(スピーキングやライティング)での伸び悩みを感じている人は、ぜひ英語のパターンというものを常に気にしながらインプットを行うようにしましょう。そして出来れば、そのようなパターンをいくつか覚えてしまうのです。

このようなパターンというのは例えば慣用的な表現であったり熟語であったり、または文そのものであることもあります。こういうものを単語レベルでバラバラにせず、まとめて覚えてしまうわけですね。最初はたくさんのパターンがあるかのように感じるものですが、色々なパターンと触れ、詳しく知っていくうちに英語のパターンというものが大きく分けるとそれほどの種類がないことに気付くようになります。こうなったらしめたもので、パターンによる表現を無意識に操れるようになれば、相当の英語表現力、アウトプット力がついている証と言えます。ぜひ、次からはパターンを気にしながら英語と接する癖をつけてみて下さいね!




矢印


矢印


矢印

欧米人にナメられないために

というわけで、今日のお話は欧米人にナメられないようにする極意、マインドセットのお話。日本人であれば誰もが感じている(であろう)、いわゆる「ガイジン」に対する憧れと、劣等感…。ここで言う「ガイジン」というのは、少なくとも「欧米人」のことですが。つまり、背が高くて、体も大きくて、目鼻立ちが良くて、美人でハンサムで、洒落ていて、堂々としていて、仕草がかっこ良いと(大多数の日本人から思われている)人種のこと。

どういうわけか、同じ外国人であってもアジア人に対しては普通に接する人が多いのですが。で、ほとんどの日本人はこういう「欧米人」に対して必要以上に畏怖(畏敬?)の念を抱いています。実際の英会話などでも、相手が上記のような典型的「欧米人」であると、もう心臓がドキドキ、バクバクし始め、手足は震え、顔面蒼白、唇は青くなり、頭の中は真っ白、もうアワワワ…となって何も口に出来なくなる人が多いのです(ちょっとオーバーですが^^;)

確かに、例えばアメリカ人に対して強い憧れを持っている日本人というのは多いですね。特に戦後、米軍の進駐を目の当たりにしてきた世代はアメリカに対する根強い「憧れ」を持っている方が多いです。さらにその「憧れ」が度を過ぎると「反発(反米)」に転じたりしますが、いずれにしても関心・興味の対象が常にそこにあったわけです。

最近では若い世代はアメリカよりむしろヨーロッパに関心を向けています。アメリカなんてもう一般的過ぎてかっこ悪いと思うわけですね。とは言うものの、結局その根底にあるものは、いわゆる「ガイジン(欧米人)」の容姿、文化、生活様式等に対するどうしようもない「憧れ」です。

で、話を元に戻しますと、このような潜在的な「憧れ」「興味」が日本人側にある以上、欧米人に対する畏怖・畏敬の念というのはなかな拭うことが出来ません。早い話、あなたが大好きな異性と会う時のことを思い浮かべてみればよくわかると思います。人間というのは、自分が好きな人、恋心を抱いている人、尊敬している人の前では緊張するものです。嫌われたくない一心で、自分の一挙一動を意識してしまうからですね。

だから、英会話などで欧米人が相手だと緊張してしまうわけです。間違ったら恥ずかしい、と。それは相手を意識すればするほど、どうにもならなくなります。すると、相手もこちらの「緊張」というのを感じるので、ナメてかかってきます。「こいつは大したことない」と思われるわけですね。情けないことに、そういう日本人が本当にたくさんいるのです。もう、たかが英会話ぐらいでビビリまくってしまう。

そこで、どうすれば欧米人にナメられなくなるかというお話ですが…
以前、この話をアラブ人の友達としたことがあるのです。彼らも英語は第二言語ですので、日本人と同じノンネイティブですが、いつも堂々としています。欧米人を前にしても日本人のようにオロオロ、ペコペコしません。英語だってそんなに上手く話せないのですが、そんなのはまったく気にせず、アラブ訛りの英語でガンガンまくしたてます。

その秘密は、彼らが自分の国民性に対する「誇り」を持っているということ。正直に言って、日本人に決定的に欠けているのはこの部分なのです。日本人の多くは、日本が一番、日本は最高と思いながらも、本当の意味で自分の国に対する「誇り」を持っていません。それは特に戦後の教育を受けている比較的若い世代に多い傾向ですね。つまり、学校で自分の国に誇りを持つことを教育されてこなかったから、なのです。

従って、欧米人にナメられないためには、まず日本人であることの「誇り」を持つようにしましょう。これは別に街宣車に乗って軍歌を大音量で流せと言っているのではありません(^^;。国際社会の一員としての「日本人」に誇りを持つことです。堂々としていることです。例えばオリンピックやサッカーのワールドカップなんかが良い例ですね。そこで「国民性」を確認するのです。すると、外国人に対しての「自分」という位置づけが明確になります。

一方で、自分の国民性に自信を持てない人は、外国人に対して妙に迎合するようになります。他の国民性の方が優れているように感じるからです。すると、欧米人に対する典型的な日本人の態度のように、フニャフニャと曖昧で、向こうの言いなりになりっぱなしの「情けない」状態に陥るわけですね。英語を身につけることは素晴らしいことですが、それはあくまでも「日本人」として国際的に渡り合うための手段として、ですから。何も欧米人の文化や生活様式、その他に一方的な憧れを感じてヘコヘコと迎合し、媚びへつらう必要はまったくないのです(^^)

英会話スクールなどで、欧米人相手にオドオド、ビクビクするのはもうたくさん、バシッと言いたいことを英語で言ってやる!という揺ぎ無い大和魂をもったあなたに特にお勧めなのが「英語英会話マニュアル」です。書いてあることを実践するだけで数ヶ月後にはペラペラの自分を実感できるはず。既に多くの方から「なんで先にこれを読まなかったんだろう!」「もっと早く読んでおけばこんな苦労はしなかったのに…」という報告、感想を頂いています(^^)




矢印


矢印


矢印

このページの先頭へ