ディクテーションって何のためにやるの?

ディクテーションは英語の音声を一言も聞き漏らさず、すべて書き出すという、少し「荒行」のようなトレーニングです。当然ですが、初めてやった人は「え?こんな難しいこと出来ないよ~」と意気消沈してしまうかも知れません。従って、ディクテーション・トレーニングでは通常「数分」程度の短い英語音声を選び、しかもそれを何回も何回も聴き直しながら書き取っていくわけです(もちろん、聴き直してはいけないとする教材もあります)。

いつも言っていることですが、日本語の音声に慣れきってしまっている私たちが英語の音声を「言葉」として認識するためには、相当な負荷を耳や脳にかけないとなかなか「英語」を聴き取れるようにはなりません。そういう意味からしても、ディクテーションのような負荷の高いトレーニングは、英語のリスニング力(ヒアリング力)を向上させるのには「うってつけ」の手段なのです。効果については当然実証されています。では、ディクテーション・トレーニングというのは「リスニング力」を向上させるためだけに行うものなのでしょうか?

いいえ、決してそんなことはありません。

実は、ディクテーションというのは、一種の「アラ探し」のためのトレーニングなんです(^^;
「アラ探し」っていうのはつまり、あなたの知らない英語の音、英単語、熟語、表現、文法等々を「見つけ出す」っていうこと。わかりますか?英語の音声を聴き、聴き取れなかった箇所というのは、つまりあなたの脳内にインプットされていない「未知の」英語の音であったり、単語、熟語、表現、文法等であったりするわけです。で、これらを探し出すのはとても難しいことなのですが、ディクテーションを行うことで意図もカンタンに見つけ出すことが出来るわけです。なぜなら、ディクテーションというのは英語を「書く」行為ですので、まったく「ゴマカシ」がきかないからです。

これが英会話スクールでのフリートークだったらどうでしょう?適当な言い回しであったり、実は間違っている表現であったり、単語や文法が不正確であったりしても、なかなか間違いに気付くことは出来ません。仮に気付くことは出来たとしても、その場限りなので、すぐ忘れてしまうでしょう。その点、ディクテーションでは先ほども書いた通り「ゴマカシ」がききませんから、本当の意味でのあなたの「アラ探し」「弱点探し」が出来るわけです。ところで、ディクテーションを実践されている方からよく「全然聴き取れなくて、あたしはもうダメなんじゃないでしょうか?」みたいなメールを頂くのですが、それはまったくおかしな考え方です。

最初からすべて聴き取れるのであれば、ディクテーションなんてする必要はありません。むしろ、聴き取れない箇所は「未知の」単語であったり、音であったり、表現であったりするわけですから、言ってみれば「宝の山」のようなものなんですね。だって、それを知れば知るほどあなたの英語力というのはドンドン向上していくのですから!逆に、ディクテーションして間違いが一つもないというのであれば、そこには得るものがなかった、時間の無駄だった、とガッカリするべきなのです(^^)

だから、皆さんには英語のディクテーションをどんどんやって、ガンガン自分の「アラ探し」をして頂きたいと思います。間違えれば間違えるほど、そして聴き取れない箇所があればあるほど、あなたは「未知の」単語、表現、文法という宝物に出会えているわけですから。そして、その都度それらを吸収してしまいましょう。このようなアプローチで新しい表現や単語、文法などを身につけていくのが実は一番自然であり、合理的であり、効果的なのです。一見、手間がかかりそうに思えますが、このようなアプローチを通して身につけた英語力は、本当の意味であなたの血となり、肉となり、イザという時に大きな力を発揮してくれるようになります。
ぜひ、すすんで「間違えて」下さい!(^^)

[ 私のオリジナル教本・教材選択ガイド ]



clip_image001 clip_image002


clip_image001[1]


clip_image001[2]

あなたは借りる派?それとも買う派?

うちの近くに昔からある図書館が、現在改装工事中なんです。その隣の小学校に通っていたので、もう本当に子供の頃からずーっと利用している古い図書館なんですけれどね。どうやら最新式の設備が導入されるようですので、きっと本の量も増えて、益々便利になるはずです。

図書館は本当に便利なものです。まず、本屋に行けば千円以上払わなければ手に入らない情報や知識を「タダ」で身につけられるのですから。もちろん、新しい本や人気のある本であれば、少し待ったりしなければならないということはありますが、それでも年間にすれば数万円、人によっては数十万円分も得するかも知れませんよね。図書館にない本でもリクエストすれば仕入れてくれる場合もありますし、こんなすばらしい施設を利用しない手はありません。

しかし。
しかし、ですよ。敢えて言わせてもらえば、本は「買う」方が良いです。いえ別にすべての本を買う必要はないです。それがあなたにとって、本当に必要な本であれば…、あなたにとって、本当に身につけるべき内容が載っている本であれば…、絶対に「買う」べきです。もちろん、これには人それぞれの信条、ポリシーというものがありますから、「いやだ!」と言われればそれまでなのですが、私の経験上、そして私の周りの成功者を見ていても、多くの場合、本は「買った」方がためになるのです。

まず借りてきた本は大切に扱わなければなりません。これは、自分の本ではなく図書館の本ですから当然のマナーですよね。シオリをはさむ代わりに折り目をつけることも出来なければ、大事なところにマーカーでアンダーラインを引いたり、コメントやメモを書き込むことだってご法度です(たまに「マナー知らず」がいますけどね…)

しかし、本というのは「大切に」扱えば良いかと言えばそういうものではありません。私の場合、本を買ったらまずカバー類を全部はがしてしまいます(^^) あれがあると邪魔で集中して読めないのです。それから、バンバン「書き込み」をします。大切なページには付箋をベタベタ貼り、遠慮なく折り目をつけます。当然、トイレで用をたしながら読むことだってありますし、お風呂の中で読むことだってあります。だからメチャクチャ汚れます。紙がフニャフニャになることだってあります。でも、それぐらいの「扱い」をして初めて、その本の内容や著者が本当に言いたいことが理解できるようになるのです。

それから、図書館で借りてきた本は「返却」しなければなりません。これも当然です。返さなければ泥棒になりますね(^^; しかし、本というものは一度読んだくらいでは理解できません。最低でも同じ本を5回(出来れば10回)は読み返さないと、他人の言っていることなんか、そう容易く理解できるものではないのです。そういう意味でも、本は「買わないと」いけません。「買った本」というのはいつでも参照できるのがいいですね。「あ、そうだ!」と思った瞬間に本棚にあるということと、図書館まで再度借りに行かなくてはならないということでは雲泥の差があります。人間、インスピレーションというのは大変貴重なものですから、その瞬間になければ、もうそのヒラメキは「無い」も同然なのです。

その他、「買った本」には「投資」をしたという思いがありますから、その分内容を真剣に読み、捉えることが出来るようになります。実は、この効果は意外と大きく、図書館で無料で借りた本はいくら内容が優れていても、どうも記憶に残らなかったりすることが多いものです。一方、幾ばくかの投資をして手に入れた書籍というものは、その分貴重に思えるため、後々の記憶にも強く残りますし、内容も優れたものに感じることが多いのです。年末のこの時期というのは、書籍の販売量が増えるそうです。皆さん、年末年始の休暇に「じっくり」と腰を据えて読みたい本を読むからだそうですが、もちろん図書館を有効に使いつつ、「これは!」と思う本については是非「投資」をしてみて下さい。きっと「違い」に気付くはずです(^^)

[ 私のオリジナル教本・教材選択ガイド ]



clip_image001 clip_image002


clip_image001[1]


clip_image001[2]

英語を話せることの副作用(副効能)って?

Eさんはとても真面目な方なので、真面目な副作用(副効能)を報告して下さいましたが、私自身はとても「不真面目」な人間ですので(^^;、こっちの効能の方が好きです。

それは…
英語を話せると「異性にモテる」という効能!

これは本当です。男性であれば女性に、女性であれば男性にモテるようになります。何故なんでしょうね。おそらく、英語が話せると人は非常に「魅力的に」見えるのでしょう。実際、私がまだ英語の「え」の字も分からない頃、英語ペラペラの女の子が魅力的で、もうそれだけで「好き!」になっちゃうようなことがよくありました(^^;

だいたい私の場合は、あの霊能者のギボさんがテレビで英語を話しているのを見ただけで、胸がドキンとしてしまった程ですから(いえ、ギボさんが好みのタイプとか、そういう話ではないんですけれどね^^;)。もちろん、男性で英語を話せる人は例外なく女性にモテます。ただ、これは少しコツがいるんです。「俺は英語話せるぜぇ~!」とギラギラした目つきで女性の前で英語を話しても「バカな男」と思われるだけです(^^;

そうではなく、ふとした時にペラッと話せるところを見せるのがコツ(経験者談)。またまた私の体験談で恐縮ですが、アメリカから帰国したばかりの頃、友人に誘われて合コンに行ったんですね。で、たまたまお店で外国人に声をかけられて、思わずペラっと英語を喋ってしまったら…
「キミ、英語話せるんだ!?」と、来ていた女子全員の興味を集めてしまい質問攻めに。もう一人勝ちの状態ですよね(^^) 当然、他の野郎共に総スカンを食らった経験があります(^^;

まぁ、この話は「モテる」という部分だけをフィーチャーしたものですが、その本質は「英語を話せる人というのは魅力的に見える」ということです。

「英語を話せる人は、魅力的に見える」

はい。実はここが一番重要な副作用(副効能)と言っても良いでしょう。「魅力的に見える」ということは、当然ですが人から好かれます。人が寄ってきます。場合によっては、それだけで多大なる恩恵をこうむることになります。恋愛はもちろん、普段の出会い、友達作り、人脈作り、出世にも関わることですよね。もちろん、結婚もです。「婚活」ブームではありますが、下手な習い事よりも、英語をバシッと身につけるだけで相当「魅力的な」人間に変身することが出来ますよ。

ただ、さっきも書きましたけれど、いくら英語が出来るからと言って自慢ばかりするような人はダメです。ペラペラだけれど、ちょっとした瞬間にそれを見せると、人は「ステキだなぁ、この人…」と思うわけです。新婚旅行で海外なんかへ行って、お嫁さんが英語が出来なくって心細くなっている時に、旦那さんが大丈夫、任せて!とばかりに「ペラペラペーラ!」と話せば、お嫁さんも「ステキ~、この人と結婚して良かった!」と思うでしょうね。ただ、残念ながら実際にはその逆の悲劇が起こってしまうため、「成田離婚」なんてのが現実にあるんでしょう。英語、あなどれませんよ(^^;

[ 私のオリジナル教本・教材選択ガイド ]



clip_image001 clip_image002


clip_image001[1]


clip_image001[2]

このページの先頭へ