英会話スクールの賢い使い方

今晩は短いお話を一つ。

英会話スクールの賢い使い方です。
そうそう、最近NOVAがテレビCM出していますよね~。

あれだけ騒がしておいて…という気がしますが(^^;

まぁ、もう違う会社が経営しているということですので、きっと体質も改善されて

いることかとは思いますが…。
実際、このメルマガの読者でもたくさん被害者がいらっしゃいますので、

何とも複雑な気分です(–)

で、本題に戻ります。
あなたは、英会話スクールに通いさえすれば英語を話せるようになる
って思いますか?
…答えは「ブー」です(^^;
今日は短くまとめるつもりですので、単刀直入に話を進めますが…。
実は、英会話スクールというのは、自分の英語を実際に「試す」ための場所
なんです。
つまり、英会話スクールというのは「通えば」英語を話せるようになるという
場所ではないのです。

英会話スクールというのは、それまでに自分がインプットしてきた英語を

「試す(アウトプットする)」場所なんですね。

いわば「練習の場」です。

もうこれは先に割り切って、英会話スクールというのは、そういう「練習の場」
を提供してくれる所と理解する必要があります。
それを最初に理解しておかないと、何かスクールに通いさえすればいつか
自然に英語が話せると勘違いしがちです…。

実際、スクールに通われているほとんどの方が勘違いされています。
で、「いつまで経っても英語を話せるようにならない…」

「講師ばかり話していて、それを聞かされているだけ…」

なんていう愚痴をこぼされているわけです。

実は「英語を身につける方法」自体は英会話スクールでは教えてくれません。
そこはあくまで「自分が身につけた英語」を試す場所、「力試し」の場です。
従って、出来れば英会話スクールというのは「ある程度」英語を
話せるようになってから、自分の力を試す目的で通われることをお勧めします。

最低でも、自分の言いたいことをきちんと英語で言えるレベルになっていないと

さっき書いたように「講師の話ばかり聞かされて…」なんてツマラナイことに

なってしまうわけです。
特にスクール通うとなると平気でン十万かかりますからね(^^;

あなたの貴重な時間とお金を無駄にしないためにも、どうか

そこを先によく理解しておいて下さい!
では、また(^^)/

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

私が英語を話せなかった頃…

今日のお話は「私が英語を話せなかった頃…」というお題。
そうなんです。今となっては英語を使って毎日お仕事をしている私ですが…

今から20年ほど前は「まったく」英語を話すことが出来ませんでした。

英語自体が嫌いだったというのもありますが、それでも一度英語を身につけようと

決心してからは英語を話せる人がとても羨ましかったものです。

何と言っても、テレビで霊能者のギボさんという方が英語をペラペラ話している

のを目撃して、かなりショックを受けたのを覚えています(^^)
実際には、ギボさんの英語はブロークンで「話せる」うちに入らないと

今の私は思うのですが(^^;

当時は相当ビックリしたわけです。

え、こんなおばさん(失礼!)が英語をペラペラ話している…。

それなのに、なんでもっと若い自分が英語を話せないんだ?って

ものすごい衝撃を受けました。
まぁ、「霊能者のギボさんの英語」に影響を受けて通訳者になったという人

は日本中探しても私ぐらいのものでしょうが…(^^;
しかし、英語を話せるようになりたいと思っている人からすると、

まったく物怖じせず英語をペラペラ~っと話している日本人というのは

本当に「神さま(それこそ霊能力者?)」のように思えてしまうものです。
いったいどうすれば、そんなに英語を話せるようになるの?って常に

疑問に思うわけですね。
そして、当時の私はとにかくそういう人に「憧れ」ていました。
きっとこのメルマガを読んで下さっている方の中にも、今同じように感じられている

方がいらっしゃることかと思います。

で、結局その後、私は独自の習得法を編み出してものの見事に英語を身につける

ことに成功したわけですが…。

基本的にその頃の私と今の私と何かが変わったわけではありません。

当時は、それこそ英語を自在に話せる人は「神さま」のように感じていましたが…

今の私は、確かに自由に英語を話すことが出来ますが、
とてもではないですが「神さま」ではありません。

ただ、一つだけ人と違うと思うのは…
「無理だと思っていても、果敢に挑戦した」
ということです。
当時の私の英語力からすれば、英語を話せるようになることはおろか…

今こうして通訳や翻訳の仕事をしていること自体、夢のまた夢の話なんです。
当時を知る周りの人たちは皆口を揃えて言います。
「どうやって英語を身につけたのか?」と。
「あの英語ダメダメ人間が…どうして!?」と驚愕するのです。

もちろん、英語を習得するにはデタラメな努力をしても駄目です。
これは、確かに私が実践した方法が本当に効果があったから、非常に短期間で

大した苦労もせずに英語を身につけることが出来たわけですが、

問題はそこではなく…

「無理だと思っていても、果敢に挑戦した」
ということなんです。

あの時、もし私が「第一歩」を踏み出していなければ…。
今の私はいません。
こうして皆さんに英語の学習法のメルマガなんかを配信していることは

ありえなかったわけです。
私は明日で39歳になります。
もう人生半分過ぎた訳ですが(勿論、まだまだ若輩者ではありますが)、

一つだけ生意気を言わせて頂くとしたら…

人生、やったもん勝ち。ということです。
これは英語だけでなく、何でもそうじゃないですか?
あなたも、そう思いませんか?

結局、どんなことでも「成し遂げてしまう」人というのは、
一歩を踏み出している人なんですよね。
とにかく、「挑戦」してみる。
失敗したって、いいじゃないですか。

無理だってわかっていたって、いいじゃないですか。

何事も「やったもん勝ち」です。
しかも「楽しんだもん勝ち」です(^^)
一回きりの人生なんですから、

あなたの英語の夢、今こそ叶えてみませんか?
学習法は、すべて私にお任せ下さい。

必ず英語を身につけられるようにしてさし上げます(^^)

そして、その方法が本当に知りたければ…

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このページの先頭へ