8月も終わりですね…

今日のお話は「英語脳」!

巷で「英語脳」って言葉よく聞いたり、目にしたりしますが、一体「英語脳」って何なんでしょう?多分、英語を聴き取ったり、理解出来たりする脳のことだと思うのですが…。

実は、その作り方があるんです(^^)

…とは言っても、何だか怪しげな英会話教材の話ではありませんよ。

英語脳って、つまり英語を聴きとって英語のまま理解して、今度はそれに対して自分の言いたいこととか意見を英語で返すことが出来る脳のことなわけですが、当然、私たち人間に脳は一つだけですから、要はそういう働きをする部分とか、回路のことを「英語脳」って言うんだと思うんです。

私も自分の脳内に「英語」の回路が開いた!と実感したことがあります。

「あ、俺いま英語話しちゃってるな」

とか

「あ、今相手の言っていること(英語)がよくわかるな」

とか、

そういう瞬間のことなんですが、それが「英語脳」化した瞬間なのでしょう。英語の勉強をきちんとしていると、そういう非常に嬉しい瞬間というのを必ず感じられる時が来ます。

で、問題の作り方ですが

① 短期間に大量の英語のインプットを行う

② 自分が話したいことの準備を徹底的に行う

③ 実践あるのみ(実はここが一番重要)

という感じになると思います(かなり端折ってますが^^;)

え、もっと知りたい?>>>ぜひ、私の教本を読んでみて下さい^^




矢印


矢印


矢印

2009年8月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

英語教材の選び方について

今日は短いアドバイスを一つ。

昨日、教材の選び方についてご質問を頂いたんです。まぁ、教材というのは英会話教材のことですが。ネットなんかで検索すると本当にたくさん売られているわけです。

で、最近では特徴があって、どんなのが売れているかと言うと…

「毎日数分聞き流すだけで…」

というタイプの教材ですね。売れ筋の英会話教材にはほとんどと言って良いくらいこの「数分、聞き流すだけ」と言うフレーズがついています。

まぁ、確かに皆さん学校やら会社やら、本当に毎日忙しいですから、「一日数分、聞き流すだけで」英語が話せるようになるなら!と思って購入されることかと思うのですが…。

これ、絶対にありえませんから(^^;

「数分聞き流すだけ…」というのでは、まず力はつかないです。

英語を本気で身につけたいのであれば「短期集中」「高負荷」この二つを絶対に忘れないで下さい。「毎日数分聞き流すのを続ければ…」というのはまさにその逆ですね。

「長期間ダラダラ」「低負荷」のトレーニングでは、とてもじゃないけれど英語対応型の脳や耳を作るのは無理なんです。

どうか、このメルマガを読んでいるあなただけは、それを知っておいて欲しいのです。

それではまた明日~!




矢印


矢印


矢印

時事ネタでリスニング力アップ!

世間を再び騒がせている新型インフルエンザ。
英語では「Swine Flu」といいます。
swineとは「豚」「猪」のこと。fluは「インフルエンザ」のことですね。

で、YouTubeなんかに「swine flu」と入れて検索すると、たーくさんの
動画が出てきます。
その多くが、アメリカのニュース、報道番組などですね。
で、実はこういうのを積極的に聴くことがリスニング力のアップにつながります。

なぜ新型インフルエンザを?と思うかも知れませんが、このような時事ネタは
積極的にインプットしておいた方が良いんです。
リスニングのトレーニングというと、どうしても日本製の英会話教材や、
よくて海外ドラマ、洋画というのを題材にすることが多いと思います。
が、実際の英会話においては結構この「時事ネタ」というのが話されることが
多いんですね。
前にも書きましたが、結局人が話すことが出来ることというのは、その人の脳に
インプットされた情報だけなんです。
つまり、その人が知らないことは、日本語であっても、英語であっても、
話すことは不可能というわけです。

従って、このような「時事ネタ」を普段から積極的に取り込んで(インプット)
イザという時に備えるのです。
英語を話せる人というのは、そのようなチョットした努力を惜しみません(^^)
頑張りましょう!

では、また明日~(^^)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このページの先頭へ