必要なことだけ勉強する英語の効率化って何?

今日は英語の勉強における「効率化」の話です。

先日、知り合いが英語の勉強でつまずいているので、
アドバイスして欲しいということで、その人と直接会って
色々と話をしたわけですが…。
何というか、典型的な「真面目な」日本人の英語の勉強の仕方を実践して
いるわけです。

例えば、英文法は参考書の最初から最後までキッチリと読み、それを
キレイにノートにまとめ、また昔ながらの単語暗記カードに丁寧に英語
と発音記号、その裏に日本語の訳を書いて、これを毎日ブツブツやって
いるわけです。

いえ、それが間違っているとは決して言いませんよ(^^;
そのような勉強法は、要するに「王道」と呼ばれているやり方ですし、
当然そのような方法できちんと英語を習得されている方もたくさん
いらっしゃるわけです。
しかし、その人が言うには「どうしても英語を話せるようにならない」
ということなんですね。

いくら真面目に勉強しても、いくら地道に努力しても、実際に英語を
話せるようにはならない、と悔しそうに訴えます。
で、ここが一番大切なわけですが、別に一生懸命勉強したから英語を
話せるようになるわけではないのです。

別に努力さえすれば英語を身につけられるというわけではないのです。
特に日本人は勤勉で真面目な人が多いので、どうしてもそのような悲劇
が起きてしまうわけですが、英語を身につける上で大切なのは努力とか
忍耐とか、そういう精神論ではなく、簡単に言ってしまえば、徹底的に
効率化された「方法論」が必要なわけです。

特にこの「効率化」というのが何にも増して重要なのですが…。
では、英語の勉強において「効率化」とは何でしょうか?
はい、ズバリお答えしますね(^^)
それは「自分に必要なものだけを身につける」という一言に尽きます。

それが、英語の勉強における究極の「効率化」なんです。
もしあなたが英語を確実に、しかも短期間に身につけたかったら、
余計なものまで勉強しないことです。
この方のように、多くの日本人は生真面目に勉強しすぎなんですね。

英文法書の一から百まで覚える必要はありません。あなたが話す英語で
必要な部分だけを身につければ良いのです。

英単語のすべてを覚える必要はありません。あなたが話す英語で必要な
単語だけを覚えておけば良いのです。
このような「効率化」の考え方が、実は英語の習得における成功への
第一歩と言っても過言ではありません。
しかし、こう言ってもまだ従来の英語の勉強法に固執していらっしゃる
方が本当に多いのです。
実にモッタイないと思うんですよね。

効率化さえうまくいけば、英語なんて本当にすぐに話せるようになる
のに…。

どうか、これを読んだ皆さんには「気付いて」欲しいと思います(^^)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

とーっても便利なこんな辞書があるの知ってました?

今日は辞書のお話です。

このメルマガを読んで下さっている皆さんのことですから、英語の辞書
くらいは既に持っていらっしゃると思いますが…。

皆さんはどんな英語の辞書を使われていますか?
昔、辞書と言えば英語に限らず「紙」で出来たものが主体でした。

それがパソコンや電子辞書の普及で、紙版の辞書を使う人はかなり少なく
なっているそうです。
確かに、パソコンなどの一番便利な機能は「検索」機能ですからね。

翻訳家も、パソコンの普及で随分と作業環境が変わりました。

昔はパソコンはおろかインターネットもなかったわけですから、紙の辞書
や資料を片手に、翻訳という仕事はそれはそれは大変な作業だったのです。
今は、簡単な英文であれば辞書さえ必要ありません。

インターネットに接続したパソコンが一台あれば、ちょっとした専門文書
だってうまく訳すことが出来ます。
さて、今日はそんなプロの翻訳者も使っている、しかも一般の英語学習者
が簡単に使える、とても便利な辞書をご紹介しますね。
それは…

EDPから出されている「英辞朗」という電子辞書です。

最近では一般の書店でもCD-Romが販売されていますので、知っている方も
多いかと思いますが、とても優れた辞書なのです。

普通の辞書ですと、一つの単語にいくつかの例文があって…という点は
この「英辞朗」も一緒なのですが、特筆すべき点はこの辞書が「進化」を
続けているという点です。

現在の最新版は第四版、収録は166万項目だそうです。

常に協力者らによって、最新の英文例等が加筆されていますので、大手の
出版社が出している有名な英語辞典などとは比べ物にならないほどの
「新鮮な」英語を調べることが出来ます。特にIT関連や時事などの移り変わり
の早い単語は非常に役に立ちます。

スラングや口語表現にも強いといえます。

また、一つの単語に対してたくさんの文例を検索することが出来ますので、
特に英語を書くときに便利なのです。

簡単な英語ならこれ一つで和訳も英訳も済ますことが出来ますよ(^^)

しかも、アルクのホームページには「英辞朗」のオンライン版が無料で
使えますので、気になる方は一度お試しあれ!

アルクのホームページ:
http://www.alc.co.jp/

EDPのホームページ:
http://www.eijiro.jp/

英辞朗 第四版:
http://shop.alc.co.jp/cnt/eijiro/?sem=OS0310028

今EDPのサイト見たら、英辞朗の歌まであるんですね…(^^;

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

ところで、英語を話せる状態って知ってますか?

さて、今日は英会話上達のお話。

今英語をなかなか話せるようにならない人にぜひ一度やって頂きたいこと
があるのです。

これ、かなり重要なことなので、今回のメルマガはよーく読んで下さいね。
今英語を話すことが出来ないという人や、これまで一生懸命英語の勉強を
続けてきたけれど、ちっとも話せるようにならないという人に一度よく理解
して頂きたいのが、「英語を話せることって一体どういうことなのか?」
ということ。
みんな簡単に言うんですよ。

「ああ、英語話せるようになりたいな~」とか
「ああ、英語話せたらいいのにな~」とかね。
で、逆に聞いてみたいのが「では、英語を話せるってどういうことですか?」
っていう質問。
英語を話せるようになりたいのは、わかりました。

それは、英語を話せるようになれば楽しいし、便利だし、周りにも自慢
出来るし、第一かっこいいしね。

だから、みんなが英語を話せるようになりたいということはわかった。

しかし、実はその前に確認して頂きたいことがあるんですよ。
「ところで、英語を話せるってどういうこと?」
「英語を話せる状態ってどういう状態?」
ここ、皆さんわかりますか?
みんな簡単に「英語話せるようになりたい!」って口々に言うんですが、
実際英語を話すこと(英語を話している状態)がどういうものか、よく
わかっていないんです。

英語を話せるようになりたいんだけれど、その状態(英語を話すという
ことの本質)についてはよく理解していない。
だから、無意味な勉強をしてしまう。

だから、遠回りをしてしまう。

だから、いつまで経っても英語を身につけることが出来ないんですね。
答えを先に言ってしまいましょう。
英語を話している状態というのがわかれば、何をどう勉強すれば良いのか
がわかるようになります。

「英語を話すと言うこと」「英語を話している状態」という「本質」さえ
理解してしまえば、実は後は簡単なのです。
英語を話している状態というのを感覚的に理解するためには、まずあなたが
日本語を話している状態を思い浮かべると良いです。
普段、普通に日本語を話している時のあなたの頭の中の状態。

どんな状態で日本語を話しているでしょうか?
もっと分かりやすく説明すると、例えば日本語を話しているときに、日本語
の文章を頭の中に思い浮かべて話していますか?頭の中で一生懸命「作文」
をしながら話していますか?

話していませんよね?
皆さんが日本語で会話をする時は、すでに知っているセリフを話している
んです。

シチュエーションに分けて、すでに知っているセリフを口にしているだけ
なのです。
これ、すごい大ヒントですよ(^^)
では、英語を話せる人はどうしているのでしょうか?

当然、頭の中で英作文なんてしていません。そんな時間はないからです。

いつも言っているように会話はリアルタイムのキャッチボールですから、
「えーと、えーと」と考えているうちに会話が成立しなくなってしまう
のです。

それが、多くの日本人が英会話が苦手な理由の一つというわけ。
この話、もっと詳しく知りたかったら、英会話マニュアル教本を読んでみて!

 
私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このページの先頭へ