洋楽を用いた英語勉強法

今日は洋楽を用いた英語勉強法のお話。

皆さんは洋楽を聴くことがありますか?

おそらく、このメルマガの読者であれば洋楽が大好き!っていう人も
多いと思います(^^) 私も洋楽は大好きですので、事務所で仕事している
時も常に大音量で洋楽をかけています。特に70~80年代の曲が好き。

で、洋楽を用いた英語の勉強法というのは、特に珍しいものでもないと
思いますが、これが結構重要な感覚を養うのに有効なんですね。

一体どんな感覚かというと、英語の語感っていうヤツです。

どんな言葉にも、それぞれの言葉の語感というものがあるんですが、
これは辞書に書いてある意味だけを暗記してもどうしても身につける
ことが難しいものです。

特に受験英語の呪縛にかかっている多くの日本人は、英単語の意味は
辞書に載っている日本語の訳が絶対的なものと信じて疑わないので、
どうしても本当の英語の語感というものが理解できません。

いつも言っていることですが、英単語にしても英熟語にしても、それら
が持つ本当の意味合いを理解するには、自分の心で「感じる」のが一番
です。

英語の辞書に載っている意味だけを表面的に暗記しても、それは一つの
訳例に過ぎませんから、本当の意味を表しているかとは言い切れない
んですね。

そこで、洋楽の登場です。

自分のお気に入りの曲を1曲選んで、その曲の歌詞(英語)をよーく
聴いてみて下さい。聴き取るのが難しければ、英語の歌詞カードを
読んでも構いません。

ただし、日本語の訳詞はこの時点ではまだ読まないで下さいね。

そして、曲調に合わせて英語の詞を日本語に訳してみましょう。
気分は翻訳家のつもりで。出来る限り、五感と想像力を働かせ、情緒
たっぷりに気の利いた訳詞を書き上げてみて下さい(^^)

なるだけ思い入れのある曲の方がやり易いかも知れませんね。

例えば、最近の私の場合で言えばPaul Simonの

「Still Crazy After All These Years」という曲をよく聴いています。

もう本当に大昔の曲なんですが(^^; この曲の詞は切ないです。

街で偶然、昔の彼女に出会い、二人で意気投合してビールを飲みながら
昔話に花を咲かせ、それで別にヨリを戻すというわけではないのですが
「Still Crazy After All These Years」というサビが繰り返されます。

このStill Crazyという部分ですが、もし辞書に載っているままで訳せば
「いまだに狂っている」となりますよね。

もちろん日本語でも「女に狂っている」なんて言い方もありますが、
そんなに簡単な意味ではなさそうです(^^;

曲を何回も聴いて、歌詞を何度も読み返してみると、
「いまだに狂っている」=「いまだに夢中」=「なんて愚かな自分!」
という解釈の流れが出てきます。

つまりCrazy=「狂っている」というよりは「自分が愚かに感じるほど
相手に夢中になっている=自分もどうしたら良いかわからない」という
ような細かいニュアンスがわかってくるわけです。

こうやって感情移入して訳した言葉というものは、一つ一つが深く頭の
中に残りますから、本当の意味でその単語の意味を理解したことになり、
辞書で字面だけを単に暗記したのとは大違いの、確固たるボキャブラリー
を構築することが出来ます。

そして、そのようにして得たボキャブラリーというものが、あなたの
本当の英語力として反映されてくるわけですね。

いくら辞書に書いてある単語の表面的な意味だけを丸暗記しても、貧弱な
表現しか出来ないのはそのためです。

寒い風が吹き荒れる休日に、暖かい部屋でコーヒーでもすすりながら
そんなロマンチックな(!)英語勉強法はいかがでしょうか(^^)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

日本人の子供が英語を話している!

今日はスピーキングのお話です。

先日、近くのコンビニで買い物していたら、中年の女性と5~6人の幼児が
ガヤガヤとお店の中に入ってきたんです。

最初は普通に日本語を話しているんだと思っていたら、なんとも流暢な
英語を話しています。

周りのお客さんも同じように「ギョッ」とした目つきで一行を眺めていま
した(^^; 

「What should we get today?」
「I’m gonna buy this.」
「How about this?」
「OK, that’s good!」

そんな感じで、信じられないくらい流暢に、しかもネイティブ並の発音
で楽しそうに会話しています。子供たちはみんな4~5歳くらいですよ。

その引率の女性も、どこから見ても日本人という風貌の方でした(^^;

最近では幼児英会話などもかなりハイレベルになってきて、こんな
ネイティブ並の発音が出来るようになっているんだなぁと感心しました。

で、私も英語教育にたずさわっている身として、その教え方をしばし観察
してみたんです(^^;

すると、わかったことがありました。

幼児たちの話している言葉をよく聞いていたら、皆お決まりのフレーズを
何回も何回も口にしているんです。

数にして5~6フレーズくらいでしょうか。

例えば、

「Why don’t you take it?」
「I wanna get some sweets.」
「Would you like to have some?」

というような自然な英語のセリフを5~6フレーズ覚えていて、それを実践の
会話でガンガン連発しているんです(^^)

子供たちはもう楽しい!って感じで、同じフレーズを何回も何回も口にして
いるんですね。もちろん、その発音はネイティブ顔負けの本場モノです。

きっと、先生に教わったままの発音で「そういうものとして」英語のセリフ
をフレーズ丸ごと覚えて口にしているんです。

一つ一つの単語を組み立てているのではなく、一つの英語のセリフ(フレーズ)
としてまとめて頭に入れてしまっている。
実は、それこそが英会話の上達、特にスピーキングの上達に欠かせない練習
方法なんですね。

大人になるとどうしても、頭の中で英作文をして、文法通りに単語を並べて
「えーと、あれは英語で何て言うんだっけ?」なんてやっているから、
いつまで経っても英語がサラリと口から出てこないんです。
どうすれば、英語をサラリと口にすることが出来るか。

それは、この子供たちのように英語のセリフ、フレーズを丸ごと頭に入れて
事ある毎に口癖のように口に出してみれば良いのです。一つ一つの単語では
なく、一つのフレーズとして「まとめて」頭に入れておく。

はじめは決まったことしか口に出来ません。それは当然です。

しかし、そのようなフレーズのバリエーションをどんどん増やしていけば…

どうなるかは簡単に想像できますね(^^)

後は組み合わせの問題。

そして、それこそが本当に英語を「話している」状態と言えます。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

つまらない英語の勉強をしていませんか?

最近「正しい」英語勉強法に関する質問メールをよく頂きます。
やはり皆さん気になるところは同じですよね。今日はちょこっとその辺の
お話についてしたいと思います。

さて、このメルマガを読まれている方であれば、これまで長いこと、
そして現在も英語の勉強を続けているという方が多いと思います。

一般に「英語の勉強」と言えば、単語帳を片手に英単語や熟語を丸暗記して
英文法書を一から読み、英文を日本語に訳してみたり、逆に短文の日本語を
英語にしてみたり、英会話教材のCDなんかを通勤・通学の途中に聞いてみた
り、毎日英字新聞を読んでみたり、まあそんな感じのことをやりますよね。

つまり、中学・高校・大学なんかで教えられる「英語の勉強」をそのまま
実践される方がほとんどなわけですが。

確かに、語学の習得に近道はありませんから、そのような地道な努力で
実際に英語を話せるようになる人も「中には」います。

しかし、現実にはほとんどの日本人がそのような英語の勉強の仕方では
英語を話せるようになっていないのです。

ほとんどの日本人が、途中で挫折してしまっています。

その理由は実は簡単で、単にそのような一見正統派の「英語学習法」が
つまらないから、なんですね。

毎日つまらない英単語・熟語を半ば強制的に暗記している。
毎日退屈な英文法書を読み、退屈な問題を解いている。
毎日興味のない英文を読んで無理やり日本語に訳している。
毎日どうでもいい日本語を機械的に英語に訳している。
毎日関心のない英会話CDを集中もせず聞き流している。

そんな勉強法が長続きするわけないと思いませんか?
(私なんか書いているだけでイヤ~な気持ちになってしまいました…^^;)

それでも日本人ってまじめな人が多くて、いつまでたっても英語を身に付け
られないのに(それを本人も薄々気がついているというのに)、我慢して
忍耐強く続けているんですよね。

私は根っから怠け者の不真面目人間ですので(^^;、少しでも「つまらない」
と感じたらもうダメ。絶対に続けられません。

では、どうすれば良いのか。

最良の方法は私の英語英会話マニュアルに書いてあるのですが(^^;、今日は
マニュアルを買えないという人のために一つ簡単なアドバイスを差し上げ
ます。

それは至極簡単なことなのですが、要するに英語の勉強を続けるにあたって
少しでも「つまらない」と感じる要素を排除することです。

それは逆に言えば、「面白い」「興味がある」「関心がある」ことから
英語を勉強するということ。

誰にでも趣味や楽しんでいることってありますよね。自分が興味を持てる
ことや関心のあることや分野のことです。

まず、そこに着目して英語の勉強につなげてみましょう。

例えば、英単語であれば自分が興味のあるものを中心に覚えていきます。
趣味でも良いですし、何か関心のある分野に絞ってそこから単語を覚えて
いく。

当然、英文も自分が興味や関心を持てる分野のものを読んでみます。読んで
いて「楽しい!」と思えたら最高です。

実際、今はインターネットで海外のサイトをいつでも見ることが出来ます
ので、自分が興味・関心を持てる海外のサイトを探してみて、片っ端から
読破していくのも手です。

ある程度、その分野の英語が読めるようになったら、サイトの管理人さんに
英語でメールを送ってみるのも良いかもしれませんね。

いずれにしても、英語の勉強で重要なのは「つまらない」を排除すること
です。少しでも「つまらない、退屈だ」と感じたら、挫折街道まっしぐら
ですから(^^;

それには、自分の興味・関心を持てる分野・テーマに絞って、そこから
英語の勉強を始めることで徐々に英語力を高め、ある程度の英語力がついて
から、英文法などのやや「つまらない」系(^^;の勉強を極めると良いです。

これなら簡単に今の英語の勉強法に応用できますし、今少しでも英語の勉強
に嫌気がさしている人には特にお勧めできます。

これだけは覚えておきましょう:

「英語の勉強、少しでもつまらないと感じたらもうオシマイ」

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このページの先頭へ