ニシュナベシって何?

駅のホームで東洋系の外国人に声をかけられました。

「この電車はニシュナベシに行きますか?」

かなり訛りの強い英語で突然そう聞かれたのですが、さすがの私も
「ニシュナベシ」というのが聞き取れず、「What?」を連発してしまいました。

結局「ニシュナベシ」というのは「西船橋(にしふなばし)」のことだった
のですが、それがわかった時にはすでに遅し、電車のドアは閉じられて
しまいました。

その外国人も悔しそうにしていましたが、その前に「ニシュナベシ」は
ないだろう!って思いましたけどね。

で、ここからわかることが一つあります。

よく日本人の英語の発音は本当に悪いから外国でもほとんど通じないと
言われますが、結局私たち日本人の英語の発音というのは、この東洋系
外国人の「ニシュナベシ」と同じわけです。

本人は「Nishi-Funabashi」のつもりで発音しているのですが、それは
私たち日本人が知っている音である「Nishi-Funabashi」とは明らかに違う
んですね。

「ニシフナバシ」と「ニシュナベシ」

明らかに違うのに、強引に発音するから理解してもらえないわけです。

外国で英語が通じない~!と嘆いている日本人は、この「ニシュナベシ」
の外国人と同じことをやっているわけ。それで、通じない、通じないって
騒いでいる。

でも、それっておかしいと思いませんか。

とにかく、英語の発音が下手な人はまず音をよく聞くことに注意してみる
と良いでしょう。

I got it!を字面のまま「アイ・ゴット・イット」と発音してもそれは正しい
英語ではなく、単に英語に聞こえる日本語に過ぎません。

I got it!なら、アメリカ人であれば「ァガリッ!」って感じに聞こえる
はずです。

「ァガリッ!」って聞こえるなら、聞こえたままに発音する。

これ、当たり前の話ですよね。

でも、実際にはそれが出来ない人が本当に多い。

もう「どうして?」って思うほど、それが出来ない日本人が多いんです。

自分でも気づいているはずなのにね。

恥ずかしいからでしょうか?

とにかく、本当に通じる英語を話したいのであれば、そのような点に
注意し、恥ずかしがらず(通じない方が恥ずかしいと思うけど…)に
外国人になりきって「聞こえたままの発音」をする。

これが英語の発音を良くさせることの鉄則といえます。
ニシュナベシにならないよう、注意しましょう(^^)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

音声タイプのボキャブラリとは?

今日はボキャブラリーのお話。

昨日ある方からメールを頂きました。
その方は、今英語を話すことが出来ず、色々と教材やスクールを試された
そうですが、なかなか英語をモノにすることが出来ないという悩みを
持たれているとのことでした。

それで、ボキャブラリーについて、やはり話せるようになるにはどうしても
単語をたくさん覚える必要があるのではないか?というご質問を頂いたんです。

この辺りのお話は、実は新しい英会話マニュアルの中で詳しくお伝えして
いるのですが、結局何をもってボキャブラリーとするか、という点が重要
になります。

例えば、TOEICや英検等の英語の資格試験を目的としているのであれば、
単語や熟語を出来るだけだくさん知っている方が有利であるということは
まあ、当然の話です。

これは従来通り、単語帳や連想記憶法などによって、とにかく試験前に
コツコツ暗記するしかありません。

一方、英会話の上達を目的とされているのであれば、従来の定義通りの
ボキャブラリー強化が一概に有効とは言えないのです。

つまり、英会話においてもボキャブラリーはあった方が当然良いのですが
試験対策のように単語帳や連想記憶によって増やしたボキャブラリーでは
意味がない、ということなんですね。

では、英会話の上達では一体どんなボキャブラリーが必要なのか?

一つヒントを教えると、ボキャブラリーには二つの種類があります。

一つは試験向けの「書き言葉」のボキャブラリー。これはもう従来の定義
通りの、普通の意味でのボキャブラリーです。単語や熟語のこと。

もう一つは英会話向けの「話し言葉」のボキャブラリー。これは、単語帳や
連想記憶なんかで覚えるタイプのものではなく、英語の「音」単位で
分けられる、「音声的な」ボキャブラリーのことです。

実は、英会話においてはそのような「音声」タイプのボキャブラリー増強
が重要なんですね。

だから、従来の定義でのボキャブラリーということで、私は単語集で何千の
単語を覚えましたとか、連想記憶で何万単語知っているよ、とかいう自慢話
は、英会話の上達においてはあまり意味のないことなんですね。

もちろん、知らないよりは知っていた方が良いのですが、同じ苦労をする
なら、最初から使い分けを知っていた方が良いわけです。

ちなみに前にも言いましたが、ネイティブの日常会話で頻繁に使われる単語
はわずか300、多くても500しかありません。簡単に言えば1000の単語さえ
知っていれば、周囲からバイリンガルと思われる会話が出来るのです。

問題はそのような「書き言葉」の単語数ではないんですね。

「話し言葉」の単語(音声タイプのボキャブラリー)をいかに伸ばすか、
そこが決め手となるわけです。

そのあたりさえ分かれば、3ヶ月で英語をマスターすることがそんな魔法の
ような話ではないことがお分かり頂けるかと思います。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

英会話は「準備」が命

外国人に何かを聞かれてもすぐに答えることが出来ない、英語で何かを
説明することが出来ない~!と嘆いている人は本当に多いですが、今日は
そんな人たちが気付いていない重要な真実を一つ教えてさし上げます(^^)

英語学校などでよくある英会話トレーニングの一つに、無作為に選んだ
ある話題(トピック)について即座に英語で説明したり、自分の意見を
話したりするというのがあります。

これは下級クラスであれば、非常に簡単な話題を扱うのですが、上級クラス
になると、環境問題や政治、時事的なニュースなどを話題にします。

実際、英会話学校の上級クラスや通訳の学校等でも同じようなトレーニング
をやると思いますが、実はこれって結構難しいものなんですよね。

突然「あなたは北朝鮮の拉致問題についてどう思うか?」などと聞かれて
ビックリして何も言えなくなって、下を向いてしまったりする。

私も留学初期に天安門事件についてどう思うか?と聞かれて、まったく何も
話すことが出来ず、とても恥ずかしい思いをしたことがあります。
で、ここからが問題なのですが。

多くの日本人は、こういう質問にすぐに答えられないのは自分の英語力が
足りないからだと思いがちです。

つまり、英語力さえ身につければ、こういう質問にもすぐ答えられるはずだ
と思っている。

でも、でもね…。

それは違うんです。

例えば、同じ質問を日本語でされた場合はどうでしょう?

あなたはもし突然、拉致問題について聞かれて、それについて詳細に語れる
自信がありますか?

イラク戦争、地球温暖化、核開発問題、鳥インフルエンザ等々…。

こういう話題について突然聞かれて、パッとその場で明確な意見を述べる
ことが出来る人は少ないはずです。

それは日本語であっても同じなんですね。

別に英語だから答えられないわけではないんです。

それでは、英語にしろ日本語にしろ、こういう質問に対してパッと自分の
意見を言える人というのはどういう人だと思いますか?

はい、それは常日頃から準備を怠らない人ですね。

常にニュースや時事的な話題に関心を向け、自分なりに色々な意見や考えを
持っている人です。常に、さまざまな事柄に目を向けて、深く物事を考えよう
とする人です。

別に、こういう質問に答えられないというのは、何も英語が話せないから
というわけではなく、常日頃からそういう話題に関心がなく、自分の意見を
持とうともしないから、話せないだけなんですね。

英会話力というのは、英語力だけではありません。

むしろ、さまざまな話題や問題に常に関心を向け、それらに対する自分の意見
や考え方を常に持ち、準備するといった態度や姿勢の方が大切なのです。

英会話は「準備」が命です(^^)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

2007年5月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

このページの先頭へ