冠詞theに関する質問と回答

今回は二人の読者から「The」に関するご質問を頂いていますので
ご紹介させて頂きたいと思います:

【質問】

こんにちは。はじめて質問させていただきます。
 
私は製造業の企業にて社内翻訳(英日・日英)をしております。
ネイティブがおりませんので確実なチェックが出来ない状況の中、
いつも引っかかるのが”the”の使い方です。
辞書並びに持てる知識からすれば名詞の前には例外を除き冠詞・定冠詞を
つけるというのが基本と考えますが、目にする文書では適当?に省かれて
いたり、自分の訳文を見直すとなんだか”the”がうるさ過ぎる感じが
あったりと確証をつかめぬまま日々過ぎております。
 
何かヒントとなるお知恵をいただきたくよろしくお願いいたします。

【質問】

theに関する質問です。
I play baseball.
I play the piano.
なぜ下の文はtheが必ずつくのでしょうか?
×I play piano.なのはなぜでしょうか?
【回答】

はい、驚いたことに同時期に二人の方から同じ「The」の用法に関する
質問を頂きました。

TheとかA(an)、つまり定冠詞や不定冠詞の用法ですが、これはまあ皆さん
もご存知の通り、英語の習得では最難関、最後の砦と言われているものです。

まず先にガッカリするようなことを言いますが、冠詞を100%使いこなせる
ような日本人はいないということを先によく理解しておいて下さい。

ネイティブでさえ、感覚的に使い分けているだけで用法を事細かく説明
できる人はいません。

つまり、冠詞をあーだこーだ議論する人というのは言語学者か一部の英語
オタク(失礼!)だけです。そもそも完全に理解して使い分けることが
困難なものなのです。解説するだけで何百ページもの本になるでしょう。

でも、そう言って逃げることが出来ないのが我々プロフェッショナル。

今回から数回に分けて、この冠詞という訳のわからんシロモノを何とか
ブッタ切ってさばいてやろうと思います(^^)/ 冠詞よ、覚悟シロ。

先ほども書きましたが、とにかくこの冠詞、ネイティブでさえその用法を
理論的に説明できる人は少なく、ほとんど感覚的に使い分けているんです
ね。つまり、100%間違えずに正しい冠詞を選ぶ方法なんてこの世に存在
しないのです。

だから、ご質問者が感じられるように、英語の文書を読むと「適当に
省かれている」ような気がするんですね。つけたりつけなかったり。

でも、これは逆に捉えれば、肩の荷が軽くなる気がしませんか?
だって、もともと100%正確な冠詞を使いわけることなんて不可能なんです
からね。ダメでもともと、でもなるべくネイティブに近い感覚で、
理解出来る範囲で冠詞を使い分けられるようになることが大事なのでは
ないかと思います。

ということで本題に戻りますが、まず定冠詞「The」の用法ですね。

そうなんですよね、特に日英の翻訳をしているとどんなに経験の長い翻訳者
でもTheのつけ方、頻度に疑問を感じてしまうんです。特に日本人の場合は
たくさんつけてしまう傾向にあり、もうTheだらけという(^^)訳文をよく目に
します。

だから、投稿論文など、文法に特に厳密さが要求される訳文は高いお金を
払ってネイティブチェックを受けるわけです。(ただし、ネイティブに
よってもある人はTheをつけたのを間違いとし、ある人は間違いとしない
ということが往々にしてあります。結局解釈の問題ですから人によって違う
わけです。そんないい加減なモンなんですよ)

基本的にTheをつけるつけないを決定する一番の要因は当該名詞が
「特定できるか、できないか」または「特定すべきか、すべきではないか」
という点です。

これで大半を判別出来るのではないでしょうか。つまり、当該名詞を文章内で
特定する必要がある時、または特定する意味合いを含蓄させる必要がある時、
Theをつけるわけです。

文法書などではよく書き手と読み手がお互いに特定できるものにTheをつける
という解説がありますが、「特定できる」というよりは「特定すべきもの」
と考えた方が良いと思います。

ただ、そのような判断基準でいくと「これも特定すべきだ」「これも…」
となって結果的にほとんどすべての名詞にTheがついてしまう(^^;

でも、それでも書き手であるあなたが「特定すべき」と考えている以上、
その文章が間違っているとは誰にも否定できないはずなんです、基本的には。

ここでは、少し正統的な文法論から離れて、裏技的な使い分け方法をご紹介
しますね。

私が冠詞の使い分けに悩んだ場合は、多少時間のロスになりますが、まず
ネイティブが書いた同種の論文なり文章なりをインターネット等で検索して
読み、ネイティブがどのようにTheをつけたりつけなかったりしているかを
調べます。そして、それを参考に冠詞をつけるかつけないかを判断します。

また、当該名詞にTheををつけたものとつけないものをそのままフレーズ検索し
(googleなどで)、ヒット数で統計論的に判断する場合もあります。

もちろんこのようなアプローチは、あなたが訳している文章中での当該名詞の
意味を必ずしも反映しているとは限りませんので、かなりアウトローな方法
ではあります。その点を理解しておいて下さい。あくまで裏ワザです(^^;

ただ、ご自身で書かれた英文にTheが多過ぎるように感じると思われた点は
すばらしいです。翻訳者の中にはそのような「気配り」さえなく、自分が
書いた英文がtheだらけでアンバランスな感じでもまったく気にしない人が
いるんです。

その辺りが、翻訳者としてのセンスがあるかないか、なんですけどね(^^;
次に「I play baseball」と「I play the piano」で、なぜpianoにはtheが
必ずつくのか?というご質問ですが。

通例、楽器の名詞にはTheをつけると学校で教わったことかと思います。

確かに、何で楽器の前には必ずTheをつけるのか、不思議ですよね。

最初に書いた通り、とにかく定冠詞Theというのは「特定のもの」「特定
すべきもの」につけるわけです。

つまり、わざわざTheをつけて当該のピアノが「そのピアノ、あのピアノ、
そんなピアノ」と「特定のピアノ」であることを仄めかすわけです。

逆に考えると何故ピアノや楽器類にはTheがつくかというと、わざわざ
「特定する」必要があったから、ともいえます。

「特定」というのは、つまりその当該名詞がどんな性質のものか、
どんな属性があるのか、ということを暗に示すということです。

特に楽器というのは身の回りの物品の中でも特殊な存在である場合が
多いはずです。だから、単なる普通のピアノを弾くという意味より、
いちいち「私は(この;彼の;彼女の;私の)ピアノを弾くんです」
というニュアンスを含蓄させるわけで、それが慣例化したんですね。

これは例えば日本ではマイカーという言葉があるのに似ています。
昔、一般家庭で自動車が普及し始めた頃、まだ自動車所有が珍しく、
自分の車であることを特定する意味を込めるためにわざわざ頭に
「マイ」をつけたわけですね。今は「マイカーを買ったよ」なんて言う
人はいないと思いますが(^^;。

まさにこの「マイ」が楽器にtheをつける感覚と似ていると思います。

それでは「I play piano」ではなぜいけないのか?ということですが、
これ厳密には「I play piano」でも間違っていないんですよ。

最近では楽器の前の定冠詞が省略されることがあります。そしてそれが
間違いであるとは言い切れないのです。これはつまり今、自動車のこと
を殊更に「マイカー」と呼ぶ人がいなくなったのと同じことです。

時代とともに文法も変わるわけですね。

ただ、学校や試験などでは楽器前にTheがないと×になる場合があると
思いますので気をつけて下さいね。(人によって、またニュアンスに
よって解釈が異なりますので)

次回からも冠詞について、色々と皆さんと一緒に勉強していきたいと
思います。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

2007年2月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英文法

インプットとアウトプットの関係

よく英会話や英語の本などで「アウトプット」「インプット」なんて言葉
を見かけることがあると思います。

昔アウトプットとインプットと言ったらオーディオ機器とかコンピュータの
プログラムとか、その辺りを連想する言葉でしたが。

要するに英語の勉強でインプットは「読み」や「聞き」を指し、アウトプット
というのは「書き」や「話し」を指します。

特に英会話では「聞き」がインプット、「話し」がアウトプットですね。
今日はこの中で特に「聞き」の重要性についてお話ししたいと思います。

最近になって、あらためてこの「聞き」が重要だなと思うんです。

英語を話せるようになった人はわかると思うのですが、結局自分が話せる
英語というのは、すべて自分が「聞いた」英語なんですね。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、つまり、自分がアウトプットする
英語(話す英語)とは、自分がインプットした英語(耳にした英語)が
元になっている、ということです。

これは英語を「書く」ことでも言えます。つまり、自分がインプットした
(読んだ)英語を基盤に、はじめて英語をアウトプットする(書く)
ことが出来るようになるわけです。

まだちょっとわかりにくいかも知れませんね(^^;

もっとわかりやすく、私たちになじみの深い日本語の習得を例にしてみます。

例えば、幼児がどうやって日本語を覚えていくか。まさか、2~3歳の子が
急に日本語を話し始めるということはあり得ませんよね。普通は、お母さん
やお父さん、幼稚園や保育園の先生等まわりの大人の会話を聞いて(イン
プット)、それを元に自分の言葉を話す(アウトプット)するようになります。

そして、基本的にこのアウトプットというのはインプットしたものを基盤
に応用(アレンジ)されていきますので、インプットの量が多いほど、
またはインプットのバリエーションの幅が広いほど、アウトプットの量や
会話の幅が広がるわけです。ま、当然の話ですね。

これをよく感じるのが、例えば洋画なんかを観た後に英語を話すと無意識で
その中に出てきたフレーズを口にしていることがよくあります。
(日本語字幕に集中していたら、そうはなりませんが(^^;)

これは英語を書くときにも言えます。長文の英語を読んだ後や、英日の翻訳
(和訳)をした後に英語を書くと、どうしても直前に読んだ英文の特徴が
直後に書いた英語に反映されてしまうんです。

こう考えると人間って本当に影響されやすいものなんですよね。

しかもこれは無意識レベルの話なので、コントロールが難しいんです。

だから、声を大にして言いたいのは「インプット」を大切にしろ!という
ことなんですね。「聞いたり」「読んだり」というインプットは、そのまま
あなたが話す英語のアウトプットに影響します。

逆に言えば、今あなたが英語を「話したり」「書いたり」するアウトプット
が苦手なのであれば、「聞いたり」「読んだり」というインプットの量を
増やすべきなのです。

英語を話すのが苦手だからと、英会話スクールで「話し」ばかり練習しよう
としてもダメですよ。だって、それは「話し」の能力がないのではなく、
インプット(聞き)の量が不足しているだけなのですから。

「話すこと」が苦手なら、まず英語を「聞いて」下さい。
「書くこと」が苦手なら、まず英語を「読んで」下さい。

インプットの量、質、幅を向上させれば、自然にアウトプットの量、質、幅
が広がります。これ、本当の本当に大事なことですから覚えておいてね。

(しかも、「聞き」や「読み」の練習って一番お金をかけずに実践できます
からね。そのように、ある程度のインプットをしてから英会話スクール等に
通った方が格段に効果的なのです)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

ジェスチャーは大切な表現手段

日本人と比べて欧米人は(おうべいか!!)本当によく身振り手振りを交えて
話します。また表情も豊かなんですよね。

うちの近所に住んでいるアメリカ人のおじさん。
いつもニコニコして道ですれ違う近所の人に「ハ~イ!」って手を振って
います。

一方、日本人はそういう習慣はありませんから町ですれ違っても誰も無視。
話している時に身振り手振りを交えたり、オーバーに表情を変えるという
ことをあまりしません。

まあ、それは国民性とか習慣の違いですから、仕方がないことなのです。

ただし、英語を話す時は欧米人のように身振り手振りを交えた方が良いん
ですね。

日本人で英語を少しでも話すことが出来る人であればわかると思いますが、
母国語(つまり日本語)を話す時と比べて、第二言語として話す英語では
表現力が格段に劣ります。

例えば、日本語で10言えることが2~3程度しか表現できないのでは
ないでしょうか。

勿論、英語の上達とともにこういった表現力は向上するものですが、ここで
見落とせないものが、上述の「身振り手振り」と「表情」なんです。

身振り手振り、すなわちジェスチャーですが、私たち日本人は会話をする
時に大げさにジェスチャーを交えて表現することに慣れていません。

少しの身振り手振りなら交えることがあると思いますが、ほとんどの人は
そんなに大げさにジェスチャーを交えて話すことはないと思います。

ところが、特に英語を話している時はなるべく積極的にジェスチャーを交え
た方が表現力を格段にアップさせることが出来ます。

また、日本人は表情が本当に乏しいというか、感情を顔に表さない人種なので
このあたりも英語を話す時はなるべく改善すると良いです。

実は私が留学して間もない頃、この表情の問題には本当に悩まされました。

あるアメリカ人の友人に「お前の表情は本当に硬い、何考えているんだか
わからん」みたいなことを言われたことがあり、え~?って思ったんです。

それまで英語の勉強はしていても自分の表情のことまでは気がまわりません
でしたからね。

それで、一生懸命作り笑いをする練習をしました(^^;

毎日鏡の前に立ってニコッ、ニター、エヘッ、フフフ…とか練習するんです。

よく夜中にやっていましたので、ホームステイ先の人に見られたらヤバかった
でしょうね。絶対に頭がイっちゃっていると思われますよね。

それで、そんな特訓のおかげで割と自然に作り笑顔を出せるようになりました。

作り笑顔だけでなく、会話の時はなるべくアメリカ人の真似をして大げさに
身振り手振りを交え、オーバーなリアクションを常に心がけるように
したんです。

やはり、このような「言葉」以外の表現手段というのも非常に大切で、たった
それだけのことで1~2割表現力が向上するんですね。

特に日本人である皆さんには、文法や語彙の習得だけでなく、このような面
も軽視せず、トレーニングすることをおすすめします(^^)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

2007年2月20日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

このページの先頭へ