効果的なディクテーションの方法

今日はディクテーション(dictation)のお話です。

ディクテーションとは「書き取り」という意味ですが、特にリスニング力
を向上させるために効果的なトレーニング方法の一つです。

既にやっている人も多いと思いますが、割と積極的に活用しない人も
多いようですのでご紹介しますね。

ディクテーションではまず英語の短文を聞き取り、耳に入ったままの英文を
英語で書き出すという作業を繰り返します。

これによって、漠然と英語を聞き取るのではなく、いかに正確に聞き取れて
いるかを確認することが出来るんですね。

始めは難しいと思う方も多いかもしれませんが、慣れてくるとリスニング力
が飛躍的に伸びることが実感できるようになります。

同時に英語を「書く」能力、ボキャブラリーが増える等の利点があります。

というわけで、具体的にディクテーションをどうやるのか説明しますね。

まず、スクリプト(話している内容)付きの英語音声を用意します。
これは手持ちの英語教材でも良いですし、英語字幕つきの洋画のDVDなんか
でも良いです。自分のレベルにあった音声から始めることが重要です。

聞き取る英語は短いものから始めます。一文ずつ聞いては、内容をそのまま
紙に書き取ります。この時、スペルがわからなくてもかまいません。
スペルがわからなければカタカナで書いておき、後でチェックすれば良い
です。

わからなければもう一度戻して聞いてみます。この時、わからない箇所
(単語)だけを繰り返して聞くのではなく、文全体を聞くようにします。
これは英語に限らず口語の文には一つの流れやリズムがあるからです。

従って、単語単語を区切って認識し書き取るというよりは、文全体を一つの
音として捉える感じで進めることが重要です。

書き終えたら答え合わせをします。スペルが間違っていたら訂正して正しい
スペルを覚えるようにしましょう。また、聞き取れなかった箇所について
なぜ聞き取れなかったのか検証してみます。このように検証することで、
自分のリスニングの弱点がわかるようになります。

徐々に文を長くしていきます。または難易度の高い英語音声にトライして
みて下さい。

巷に出ている英語教材のほとんどは英語の音声にスクリプトがついています
から、これらを活用すると良いでしょう。またディクテーションの本などに
CDがついているものがあるので、そんなのを使っても良いと思います。

ディクテーション教材で一番有名なのは「えいご漬け」ですね。
やったことがある方も多いのではないでしょうか。

これはまさしくディクテーションをゲーム感覚で出来るソフトで、確かに
おもしろく学習出来ます。

最近ではCD-Romが出ていてパソコンでも出来るみたいですね。
まだやっていない人はぜひお試し下さい!

以上、ディクテーションのご紹介でした~。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

リーディングの問題集

ということで今回はリーディング関係の問題集をご紹介しますね。

まずはKen Beatty著の「Read and Think」シリーズ。

これは1巻から4巻まであり初級から上級という感じで難易度が上がって
いきます。初級はかなり簡単ですが、上級はそれなりに読み応えもあります。

最初に1~2ページ程度の英文を読み、その後に内容理解に関する問題が
書いてあります。ESLコースなどでも使われているようです。最初は
こんな感じのものから始めると良いと思います。内容は一般的なものから
科学的なものまで多岐に渡り、楽しみながら勉強を進めることが出来ます。

お次はLorraine C. Smith著の「Exploring Content」シリーズ。

これはもう少しレベルが高いリーディング教本です。内容は自然科学が中心
ですが、割と専門的な(高校~大学レベル?)ことが書かれています。
中級以上の人にちょうど良いと思います。

これも先に英文を読み、後から内容やボキャブラリーに関する質問が設けて
あるという形式。こういうのを集中的にやるとリーディング力が格段と上達
するはずです。

なんといっても洋書ですから目次からすべてが英語。
それだけで英語の勉強になります。電車の中で広げていてもカッコいいです
しね。←すぐにこういう発想になるワタシ…

もう一つはEdward Spargo著の「Timed Readings」シリーズかな。

これも良いです。サイズが小さいので簡単に持ち運べるし、ちょっとした
時間に勉強できるのが良いですね。内容が少し退屈な気がしますが…。
以上、リーディングに関する洋書の問題集のご紹介でした~!

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

2006年11月10日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リーディング

読者からの質問と回答

翻訳者が伝授する「英語勉強法」のコーナーで英会話の上達法や英語の
勉強法に関するご質問を募集したところ、たくさんのご質問を頂きました
ので、今回はこちらのコーナーでも質問に回答させて頂きますね。
【質問】
英語の上達法は、とにかく英語だけを聴き続けるということですが、
わからなくても、とにかくいろいろなものを聴いた方がいいのか、
1つのものを繰り返し、聞き取れるまで聞いたほうがいいのか、
どちらがいいのでしょうか?

【回答】
最初のうちは一つのものに絞ってそれを繰り返し聞く方が良いです。
英会話教材、洋画、英語のニュース、なんでも良いので一つに集中して
聞くようにして下さい。そして十分聞き取れるようになったら次のもの
に挑戦すると良いです。

よく、耳を英語に慣らすなんて言ってBGM代わりに聞いている人が
いますが、無意味です。少なくとも日本語を母国語として認知している
私たちにとって、言葉として意識して聞こうとしない限り、自然に
英語を聞き取れるようにはならないんですね。

ただし、ある程度まで英語の聞き取りに自信がついてきたら、一つの
ものに固執せず、色々な英語を聴くと良いでしょう。それぞれの違いが
わかるようになってくればしめたものです。

 
【質問】
英語の「熟語」ってありますよね。
例えばcarry out とか on a …basis とか…やはりこういうのって、
とにかく覚えるしかないのでしょうか? 以前、本で見かけたのですが、
「ネイティブの人は熟語とはいったい何?」と理解できなかった、
ということが書かれていたのですが、あえて熟語を覚えなくても自然と
「この場合はこれ」というように、ネイティブのように使える方法は
ないものでしょうか?

【回答】
熟語というのは二つ以上の単語が合わさって慣用的に用いられる言葉の
ことであって、文法上の一つの定義に過ぎません。学校などではこのような
慣用的語句をまとめて覚える方が良いということで丸暗記させられるわけ
です。とは言ってもそれが間違っているわけではなく、例えば子供が
言葉を習得していく過程ではこのような慣用的表現を意味を考えることなく
丸ごと音として覚えていくわけであってごく自然な習得法と言えます。

ネイティブのように熟語を使いこなすには熟語を感覚的に覚える必要
があります。特に前置詞についての感覚的な理解が大事です。
前置詞については大西泰斗/ポール・マクベイ著の「ネイティブスピーカー
の前置詞」を読むと感覚的に理解できるようになると思います。

いずれにしても熟語というのは慣用句のことですから、普段の英会話の中で
慣用的に用いられる表現を一つ一つ自分のものにしていくしかありません。
【質問】
品詞ってありますよね。これって、やはり覚えなければいけないものなんで
しょうか?それを覚えないとこの単語の後にどの品詞の単語を持ってくれば
いいのかわからないですよね。けど、単語によっては、1つの単語で名詞で
あったり動詞であったり、形容詞であったり・・・と複数の品詞で使われる
場合も少なくないですよね?これを1つずつ覚えるのは、相当な努力が必要
ですが、覚えるしかないのでしょうか?

【回答】
品詞というのも英文法上の定義のことです。確かに一つずつ覚えようと
したら相当な努力が必要かもしれませんが、やはり品詞がわからないと
英語をまともに話すことは出来ません。これは動詞、これは形容詞と、
常に意識する必要はあります。

単語を覚える時にも言えることですが、単語帳などに品詞名を書いてコツコツ
と暗記する人も多いですが、そういうアプローチよりは英語の本を読みながら
これは名詞、これは形容詞、これは副詞、動詞、というように常に意識して
いることでより楽に品詞を覚えることができます。そのうち、感覚的に
品詞の違いがわかるようになりますから、頭の中でえーとこの単語の名詞形
は何だっけ?とか考えなくても済むようになります。

とは言うものの、翻訳の仕事を10年やっている私でさえ常に辞書を参照
しながら品詞の確認をしていますので、まあ終わりのない戦いとでも思って
下さい(^^) 人間、死ぬまで学習です。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

2006年11月10日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語勉強法

このページの先頭へ