英語を話す「必要性」がありますか?

いつも言っていることですが、英語が話せるようになるために一番重要な
ものは、天性でもなければ資質でも才能でもありません。

何が一番重要だと思いますか?

それは英語を話す「必要性」です。

必要性…。はっきり言って、これがあるかないかで全てが決まります。

いくら優れた英語教師に教わっても、いくら詳しく書かれた参考書を持って
いても、いくら高価な英会話スクールに通っても、留学しても、「必要性」
がなければ意味がないのです。

英語を話す「必要性」…。

簡単に書いてしまいましたが、それを本当に理解している人はどれだけ
いるでしょうか。

例えば、私たち通訳者や翻訳者は、英語を使えなければ生きていくことが
出来ません。英語は、生きていくために「必要な」手段の一つなのです。

それは英語の習得以外でも言えることです。

今、日本には多くの国から外国人労働者がやって来ています。

驚くことに彼らの多くは短期間のうちに難しい日本語を覚えてしまいます。

そのほとんどがアカデミックなバックグラウンドなしに日本語会話を短期間
で習得してしまうのです。

多くの日本人が、中学、高校、大学と10年以上も英語を勉強しているにも
関わらず全く英語を話すことが出来ない一方で、高等教育を受けていない
多くの外国人労働者が数ヶ月で異国の言葉である日本語をペラペラ話す
ようになるのです。

すごいとは思いませんか?

実は、ここに違いがあるんですね。

わかりますか?

つまり、彼らには切羽詰った真剣な「必要性」があるんですね。

生きるための、本当の「必要性」です。

日本でノホホンと暮らしている人には到底理解できない、人間の根本的な
「必要性」が彼らにはあるわけです。

「言葉が話せないと生きていけない!」

そんな必要性に駆られれば、誰でもすぐに英語を話せるようになります。

いつまでも英語を話せるようにならないと嘆いている人はいませんか?

そんな方にこそ、今もう一度自問してもらいたいのです。

「自分はなぜ英語を話せるようになりたいと思うのだろう?」

「自分には本当に英語を話す必要性があるのだろうか?」

そこに鍵があります。

本当に英語を話す必要があり、英語を真剣に身につけたいと思える人で
あれば、どんな境遇にあっても短期間で英語を習得できるはず。

逆に、ただ漠然と英語を話せるようになりたい、話せないよりは話せる方が
良いだろう云々…、その程度の心構えでは到底無理です。
今日、このような話をしたのにはワケがあります。

実は、今度新しい英語学習関連のサイトを立ち上げる予定がありまして、
その準備の一環で色々な英会話スクールのクチコミサイトを調査していた
んですね。

そこで、やたらと英会話スクールの悪口を書き込んでいる自称「英会話
スクール評論家」みたいな人の投稿がありまして…。

どこどこのスクールは講師が最悪だとか、どこどこのスクールはレッスンが
面白くないだとか、まあ事細かく批評しているんですね。またよく知って
いるんですよ。きっとたくさんのスクールを「はしご」されているんですね。

そんな投稿をいくつか読んで、私はあらためて日本人の英語に対する
取り組み方とか、考え方が歪んでいるなと実感しました。

つまり、こういう「評論家」化した人というのは、本来の目標が英語の習得
であったにも関わらず、いつのまにか「英会話スクール」の専門家になって
しまっているのです。これは英会話スクールに限りません。英語の教材、
英語の本、英会話学習機器にしてもそうです。

手段選びにこだわり過ぎている。

例えば何かスポーツを始めようとして格好ばかりにこだわる人がいますよね。
そして、結局形ばかりでちっとも上達しない。

英語にしても、英会話スクールに通っている自分に満足しているようでは
ダメです。

「ああ、あたしって英会話スクールなんか通っちゃってる」
「ああ、あたしって頑張ってるな」
「ああ、オレって英字新聞なんか購読しちゃってる」
「ああ、オレってインテリみたいだな」

こういう人は英語を勉強している自分に酔っているだけなんです。

そして、英語を話すことが目的であったにも関わらず、より良い手段選び
ばかりに目が行くようになります。

より良い英会話スクール、より良い英語本、より良い英語教材…。

そんなものは、はっきりいってどうでも良いんですよ。

「自分は英語が話せるようになりたいのか、なりたくないのか?」
「英語を話せるようになる必要があるのか、ないのか?」
「なぜ自分は英語を話せるようになる必要があるのか?」

要はそこです。それがすべて。

いつまでも英語が話せるようにならないと嘆いている人は、日本に来て
難しい日本語を短期間でマスターし、自分や家族のために必死になって
働いている外国人労働者のことを思い浮かべてみると良いでしょう。

一つの言葉を身につけるって、それくらい真剣な覚悟が必要なんです。

どうか皆さんには英語習得手段の評論家で満足して終わって欲しくないです。
私の言っていること、おわかり頂けたでしょうか?

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

2006年9月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語勉強法

英会話はまさに「英語劇」のようなもの

皆さんは英語劇をやったことがありますか?
英語劇とは要するにセリフが全部英語の劇のことです。

よく英語部とか英会話部とか、その手のクラブでやると思うのですが、
私が高校生の頃、そういうのを見て「何アホらしいことやってんだ?」
ってよく思ったものです。

実は私、高校時代には演劇部の部長をやっておりました。もう一つ音楽
関係のクラブにも所属しており、まあ典型的な非体育会系の若者だった
のです。

学校の勉強よりも芝居を見に行ったり、バンドでスタジオ練習に勤しむ
といった、そんな不健康な青春時代を送っていました(^^;

で、なぜ芝居(劇)を英語でやる必要があるんだ?とすごく疑問に
思っていたんですね。

アメリカやイギリスでやるならまだしも、誰も英語を理解しない日本で
なぜわざわざ英語で劇をしなければならないのか?って思ってたんです。

「アホらしい。誰も理解できないのにわざわざ劇を英語でやるなんて、
芝居をしている方も見に来ている方も相当キザな奴らなんだろう…」
なんて思い込んでいました。

しかし、実を言うとこの「英語劇」は、英会話の上達には非常に効果的
なんですね。

英語劇なんかで覚えたセリフというのは、割と頭に強烈にインプット
されていて、何かの拍子にふと口に出て来たりするものです。

このようなセリフというのは頭の中で訳して出てくるものでは
ありません。考え込まなくてもそのままサクッと出てくるものなのです。

それは私たちが普段日本語を話しているのと同じメカニズムで、
自然に口から出てくるものです。

…実は、ここに大きなヒントが隠されています。

しかも英語劇のセリフは何回も練習しているから、とても上手い発音で
口にすることが出来るんですね。

他の英語は下手だけれど、英語劇で覚えたセリフだけはネイティブの
ような発音で口にすることが出来る。

そんな体験をされた方は少なくないのではないでしょうか。

実際、テレビや映画の中でも日本人の役者がとても上手な発音で
英語のセリフを喋っている場面を見ることがあります。

勿論、もともと英語を話せるという役者さんもいるでしょうが、そうで
ない役者さんの場合は、英語発音指導がなされます。

役者さんはプロですから、そのように英語の発音を指導されれば、
そのセリフだけは完璧にネイティブに近い発音で喋ることが出来る
わけですね。

さて、これを皆さんの英会話上達に応用するとしたら、どうすれば良いと
思いますか?

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

2006年9月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

英語の発音が上手な人の特長

今日は発音の話です。

皆さんは自分の英語の発音に自信がありますか?

おそらく9割以上の人が「ない」と答えるのではないでしょうか。

確かに、私たち日本人にとって英語の発音というのは本当に大変な
難関の一つですよね。

英語の発音に関しても、実にさまざまなことが言われています。

口の形、発声法、呼吸法…。

でも、そんな難しいことにこだわらなくて大丈夫です。

私も本当に発音なんかメチャクチャでしたから…(^^;

Churchをカークですから… ←知る人ぞ知るネタですが。
まず、発音に関して言えば一番大事なことは「英語らしく発音する」
ということです。

「そんなこと当たり前だろ!」

そんな声が聞こえてきそうですが…。

ちょっと説明が足りませんでしたね。
英語らしく「聞こえる」ように「発音しようとする」姿勢が重要なのです。

これ、分かっているつもりでも実践出来ていない人が多いんですよ。

英語が話せる人にも色々ありまして、下手くそな発音でベラベラ話す人も
いれば、発音がものすごく上手なのにスムーズに会話が出来ない人も
います。

特にベラベラ話せるのに発音がモロ「日本人英語」という人は非常に
もったいないですね。あともう一頑張りすれば完璧なのに!って思って
しまいます。

こういう人というのは、発音に関して「ま、これくらいでいいや」って
思ってしまって、さらなる発音の向上にこだわりがないんですね。

「英語らしく聞こえるように発音しようとする」という姿勢がないんです。

日本人英語のアクセントでも通じているからいいかって思っているんです。
これは非常にもったいないですよ。

あとは、英語らしく発音することに抵抗がある人。

日本人の大多数は当てはまるのではないでしょうか。

本当はもっと英語らしく発音しなければいけないと分かっているのに
周りに笑われたら恥ずかしいと思って英語らしい発音が出来ない人。

学校の英語の授業なんかは本当にそうですよね。

帰国子女ならまだしも、普通の生徒が「英語らしい」発音で教科書の音読
なんかしたら… 絶対に笑われるじゃないですか。

そういう風潮、風土、雰囲気が絶対にあるんですよ、日本には。

他人と違うことをしたら、すぐに吊るし上げられる「島国根性」的風潮。

しかし、本当に英語を身につけたいのであれば、そんなことに
こだわっていられません。

「恥ずかしい」という気持ちを捨てて、英語らしく発音してみるという
姿勢が身につけば、あなたの発音は絶対に良くなります。

何故なら私もそうだったからです。

「俺の発音は英語らしくないよな、よしなるべく英語らしく発音するよう
心がけよう」

たったそれだけで、発音が随分良くなりました。

しかも一度うまくなった発音は元へは戻りません。
むしろ前の日本人的発音に戻そうとする方が難しいのです。
ここで発音が上手い人の特徴を教えます(かなり独断的ですが(^^;)

● 女性である:
なぜか女性の方が英語の発音がうまいんです。通訳や翻訳者に女性が多い
のも、そんな理由からでしょうか。女性の方が語学的才能に長けている
ようですね。

● 口元にポコッと筋肉が発達している:
なぜか口の両脇下にポコッと出ています。ネイティブスピーカーの口元を
見ていて、その違いに気付きました。きっと発音に関係する筋肉が発達
しているのでしょうね。筋肉が発達するほどになれば、相当発音は良く
なっているはずです(^^) 私はまだです(笑)

● モノマネ上手
モノマネ上手は英語上手?このネタは英会話マニュアルに書いてあります。

● 音楽好き
耳が良いんでしょうね。私が大好きな細野晴臣さんも、英語の発音が
とてもうまいです。

● 声が低い
声が小さいということではありません。音程が低いのです。
例えば男性の場合、低い声で話した方が英語らしく聞こえます。
逆に高い声で英語らしく発音するのはとても難しいです。これが周波数
ということなんでしょうか。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

2006年9月11日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

このページの先頭へ