実践英語の海に飛び込もう

さて、前々回まで「実践的アプローチ」による英語の勉強法が効果的である
ということをお話してきました。

もう一度おさらいをしておきますと、英語の勉強を始めるというと大多数の
人がまず英文法の基礎や、語彙の暗記などの基本事項から頭に詰め、徐々に
実践的な勉強に移行するというアプローチを取りますよね。

実は、これが大きな間違いで、このようなアプローチを取るから多くの人
が実用英語で力を発揮することができないんですね。

そこで、お勧めするのが「泳げない子を海に落として泳ぎを覚えさせる」
という荒業的なアプローチです。

早い話が、文法も語彙も、基本事項の暗記なんかはどうでも良いから、
まず実践英語の海に飛び込め!ということです(^^)

私が翻訳や通訳の仕事を始めた頃も、まさにそんな感じでした。
基本や能書きはいいから、まず実践に入る。とにかく実際に仕事をしてみる。

百聞は一見にしかずとはよく言ったものです。
とにかく能書きはいいから英語の海に飛び込んでしまいましょう。

英語の学習においては、具体的には「多読・多書・多話、多聴」という実践
が重要になります。

文法書を読んだり、構文や単語、イディオムを覚えるなんてことに時間を
かけず、とにかくたくさんの量の英語を短期間に浴びることが有効なんですね。

本気で英語の勉強をするなら、何年もかかってコツコツとというスタンス
ではなく、数週間~長くても半年でとんでもない量の英語と接するのです。

「英語のペーパーバックを片っ端から読み漁る」
「洋画や海外ドラマ等をたて続けに観まくる」
「海外テレビ、ラジオ、その他を駆使して英語の音声を聞きまくる」
「翻訳家になったつもりで、日本語の本を一冊丸ごと英訳してみる」

よく英語のシャワーを浴びるなんて言いますよね。

俗っぽいというか、ありきたりで陳腐な表現ではありますが、まさに
そういうことなんですね。一体どれだけの人が本当に「英語のシャワー
を浴びる」状態を経験したことがあるでしょうか。

多分、本気でそこまで真剣に英語と接したことがある人は少ないのでは
ないかと思います。

私も翻訳の仕事をするようになって初めてここまで英語と接するように
なりました。今では1日に数十ページの英語を読み、または数十ページの
日本語を英語に訳しています。

納期が近い時は、朝から晩まで十時間以上翻訳しっぱなしの状態に
なりますから、目の前の日本語は英語に、日本語は英語にと自動的に
頭が翻訳してしまうくらいの極限状態に陥ります(^^;

それくらい大量の英語と強制的に接することでやっと脳が変化を起こし、
新しい言葉を学び始めることが出来るわけです。

例えば、
1日1ページの英字新聞を読む。
1日1表現覚える。
1日5単語暗記する。

そんな気の遠くなるような勉強の仕方では英語なんか永久に話せるように
なりません。英語という相手はそれほど生易しいものではありません。

「頑張ってコツコツと勉強すればいつか話せるようになる」
なんていう甘い幻想はどうか捨てて下さい。

英語の勉強法の基本は「短期間でドバっと」です。

また次号で詳しくお話したいと思います!

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

2006年8月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語勉強法

劣等感打破の手段としての英語習得

英語の習得にはものすごいエネルギーが必要です。

もちろん、それは英語に限ったことではありません。

フランス語でもイタリア語でも新しい言葉を身につけるというのには
大変なエネルギーが必要なんです。

それだけに相当強いモチベーションがないと、語学力というものは
そう簡単に身につくものではありません。

もしあなたが、英語を話せないと死んでしまうというような状況にあるので
あれば、恐らく1週間で英語を話し始めるようになるでしょう。

例えば留学。

留学している場合でも英語が話せないと死んでしまうわけではありませんが、
やはり毎日の生活に困ります。学校の授業にもついていけません。

日本人同士でいつも一緒にいるのであれば話は別ですが、たった一人で
異国の地に放り出されれば、生活していくためにどうしても英語を
習得しなければならなくなります。

ある意味、理想の環境といえます。

しかし日本にいる場合はどうでしょうか?

英語が話せなくて死んでしまうこともなければ、普段英語を話す必要性さえ
ありませんよね。だから、なかなか英語が上達しないわけです。

そこで、どうすれば英語を習得するモチベーションを高めることが出来るか
という点が重要な話になってきます。

日本にいながらにして、英語を身につけようという「やる気」をいかに
持続させるか?これが難しいんですよね。

皆、英語を話せるようになりたい!と思いながらも、現実には日本の生活
において英語を話す必要性はありませんから、勉強していても途中で
面倒臭くなり、挫折してしまう。

実は、英語を話せるようになる人というのはダラダラと何年もかけて英語を
習得していません。

ほとんどの人が短期間で英語を習得してしまっています。

逆に長期的に英語を習得しようというスタンスの人は、ほとんどが途中で
挫折してしまいます。三日坊主に終わってしまうのです。

何故なら、日本という英語を話す必要性のない国で英語を身につけようという
モチベーションを持続させるのは本当に困難なことだからです。

では、どうすればモチベーションを高め、維持することが出来るか?

これには色々な方法が考えられます。もちろん個人差もあります。

そこで、もっとも汎用的で効果的なモチベーションの高め方の一つを
ご紹介したいと思います。

それが、前回からお話している「コンプレックス打破」というものなんですね。

コンプレックスを打破する手段として英語をマスターする。
これはかなり有効な、モチベーションを高める方法の一つといえます。

まず、人は誰でも必ず劣等感というものを持っています。

どんなに頭が良くても、例えば貧乏であるとか、どんなに金持ちでも容姿に
自信がないとか、人には何かしらコンプレックスがつきものなんですね。

中にはコンプレックスの塊というような人もいるでしょう。

いつも人からバカにされ、何をやっても上手くいかず、失敗ばかり。
もう完全に能力のないダメ人間と、自他共に認められているような人…

そのような人が、突然英語を話せるようになったらどうでしょうか?

周りの人は驚きますよ。驚くばかりではありません、もう羨望の眼差しです。
すごい、そんな特技があったのか!なんて感じで(^^)

「コンプレックス打破の手段として、英語をマスターする」

このような動機づけ、すなわちモチベーションの高め方が最高です。

単に英語を話せるようになることだけを目標にしているのでは弱すぎるんですね。

「何となく英語話せるようになったらいいかな…」

そんな弱いモチベーションでは絶対に途中で挫折してしまいます。

「英語を話せるようになって自分の劣等感を克服する!」
「英語を話せるようになって自分を笑った奴を見返してやる!」
「英語を話せるようになってライバルの鼻をあかしてやる!」

すなわち、英語を話せるようになって~するぞ!という目標を立てると良い
わけです。そのような形の動機づけが出来れば、英語の勉強は苦になりません。

次回もこの話、続けますね~。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

2006年8月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語勉強法

劣等感打破のための英語習得

英語を話せるようになる快感。

これは特に日本人の場合、とてつもない快感といえます。
何しろ、周りで英語を満足に話せる人はいませんからね。
本当に特別視されてしまいます。

英語を話せると色々な利点が得られます。

-通訳などを介さずに直接外国人とコミュニケートできる
-洋画を観て自分の解釈で楽しむことができる
-海外に行った時に現地の人と楽しいやり取りが出来る
-受験や就職、転職で有利になる
-国際的な舞台で活躍できるようになる
-海外の情報をいち早く得ることが出来るようになる

まあ、上記の利点というのはかなり一般的なものです。
そんなのは単なる建前に過ぎません。

実は、英語を話せるようになることで得られる究極の快感というのは、

「優越感を得る!」

ということに尽きます。

そう、「優越感」です。
例によって広辞苑での意味をご紹介しますと、優越感とは
「自分が他人よりすぐれていると思う快感」のことだそうです。

人間は本当に厭な生き物です。地球上にいる他の動物でこんな厭らしい
動物はいるでしょうか?

人間は他人より優れていると、それが快感になるのです。

例えば高価なブランド品、高級時計を身につけたり高級車を乗り回すこと。
よりレベルの高い(というより名のある)大学に入ること。
一流と呼ばれる企業に入り、エリートと呼ばれること。
医者や弁護士と結婚すること。
大きな家に住み、勝ち組と呼ばれるようになること。

これらすべて、「優越感」を得たいがための欲求です。

誰も自分が他人より劣っていると考えたくないわけです。

確かに、それはあまり大声で言いたくない欲求かも知れません。
「人より優れていると思いたい(または思われたい)」なんて
改めて口には出したくない。

しかし、それはみんなが抱いている真の感情、欲求なんですね。
それはそれで良いと思います。
優越感に浸りたい!と思って正常なんですよ。

そこで英語の登場です。

英語を話せるようになると、周りの視線が明らかに違います。

「おお!」という視線が四方八方からビシバシ飛んでくるんです。
これは英語を話せる人ならみんな感じていることだと思いますよ。

すごい人なんだな、とみんなが思っていることがわかります。

「すごい人」=「優れた人」=「素敵な人」ということです。

英語をベラベラ話して、きっとこの人はすごい人に違いない…
もしかしたら、どこぞのお金持ちの娘(息子)かも…
相当のエリートだな…
ムム、出来る奴…云々

こう思われるようになると、英語を喋ることが単なる自分自信の優越感、
快感だけにとどまらなくなるのです。

周りに「すごい人」「優れた人」と認知されることの効能、効果。
この恩恵をまず、よーく考え、理解して下さい。

上司に「すごい部下」であると認知されるとどうなるでしょう?
受験や就職の面接官に「優れた人材」と認知されるとどうなるでしょう?
異性に「素敵な人」と認知されたらどうなるでしょう?

人生、バラ色ですよね(^^)

さらにそれだけではありません。

「優越感」の反意語は「劣等感」といいます。
専門的には「劣等コンプレックス」英語ではinferiority complexですね。

簡単に言うと、人には誰でも劣等感があります。
劣等感、すなわち「自分が他人より劣っているという感情」です。
これには色々な原因があります。

-頭が悪いと感じている
-3低(低学歴、低収入、低身長)であると感じている
-容姿が劣っていると感じている
-何をやってもダメだと感じている
-能力がないと感じている
-貧乏、経済的に負け組であると感じている
-異性にモテないと感じている

もしあなたが今、劣等感に悩まされているのであれば、朗報です。
とにかく「英語」をマスターしてしまいましょう。足踏みしている暇は
ありません。

英語を話せるようになることで、上記のような劣等感は一切吹っ飛びます。
面白いように吹っ飛びます。それも一瞬で(^^)

次号ではコンプレックス打破としての英会話マスターについてお話します。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

2006年8月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語勉強法

このページの先頭へ