笑顔は世界共通の心の言葉、英会話で相手を笑顔にしよう!

まだ英語を上手く話せない時は

何かひと言でも英語で話そうとするだけで

精一杯!という感じになりますよね。

 

 

自分が口に出す英語を考えるだけで

頭が一杯一杯の状態になるわけで、

そんな時に相手のことなんていちいち

考えていられないかもしれません^^;

 

 

しかし、もしあなたが少しずつ英語を

話すことに慣れてきたら…ぜひ、相手

(おそらくは外国人)を「笑顔」にすること

を心掛けるようにして下さい。実は、

これが重要な英会話の秘訣なのです。

 

 

英会話といえば英語で会話することであって、

要するに英語を使って意思の疎通さえ出来れば

いい…と考える人は多いですが、それだけでは

やはり味気ないものです。

 

 

もちろん、あなたが本当にビジネス上の、

必要最低限の英語のコミュニケーションが

出来るようになるだけで十分!というので

あれば話は別ですが…。

 

 

しかし、ビジネスであっても相手を笑顔に

することはとても大切です。なぜなら、

人と人とのコミュニケーションというのは、

「感情」があって初めて成り立つものだから、

です。

 

 

相手を笑顔にすることが出来れば、

商談だって、プレゼンだってきっと上手く

いくでしょう。なぜなら、皆「人間」だから

です。皆「感情」で生きているからです。

 

 

では、どうすれば相手を笑顔にすることが

出来るでしょうか?その為には以下の3つの

ルールだけを押さえると良いです:

1.相手を褒めること。

2.相手の話を優先すること。

3.自分の失敗談を面白おかしく話すこと。

 

 

人は誰でも「褒められたい」ものです。

褒められて怒り出す人はまずいないでしょう^^

相手の考え方、言動・行動、ファッション、

髪型、持ち物…何でも構いません。相手を

褒めて笑顔にしましょう。

 

 

そして相手の話を優先するようにして下さい。

人は誰でも自分の話を聞いて欲しいのです。

そして、それに関してあなたのコメントを

求めているのです。それだけで会話がグッと

盛り上がります。

 

 

それから、もしあなたが自分の話をしたい

と思った時は、自慢話は厳禁です。他人の

自慢話を聞きたいという人はこの世には

いないからです。

 

 

自分が話す時には、自慢話ではなく、自分の

失敗談を面白おかしく話すと良いです。

ここで注意したいのは、失敗談といっても

取り返しのつかない過失とか、相手が聞いて

「引いてしまう」ような話はダメですよ。

 

 

本人も大笑い出来るような、面白い失敗談を

人は聞きたがるものです。特に大笑い出来る

他人の失敗談、しくじり話は誰もが聞きたいと

思います(そういえば「しくじり先生」なんて

番組が流行っているのも、そんなことが理由

なのかも知れません)。

 

 

ぜひ、上記のルールを押さえて、英会話の時に

相手を「笑顔」にしてあげて下さい。絶対に

英会話が盛り上がるはずです!

 

 

追伸:

英会話で相手を笑顔にしたい?

それなら、今夜締切のこのプログラムで

あなたの英語の「お笑いセンス」を磨きましょう!

残り4時間ちょっとで完全に締切です~:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/laughing-english-course/

お腹が痛くなるほど笑いながら英語の学習をしていますか?

これは英語の習得だけに限りませんが、

どんなことでも面白がって笑いながら、

楽しい気持ちでやると自然と力がつくものですね。

ツマラナイなぁ~と、欝々とした気分でやっては

どんなことでもあまり身につかないのです。

 

以前ご紹介したことがありましたが、

例えば、英語のリスニングなら

こんな面白い動画を使ってみるといいです:

* いずれも音が出ますので、注意して下さい。

 

 

■ 怒られているワンちゃんの顔が可愛過ぎ!

Dog Snitches on the other dog that made

a mess with toilet paper

https://www.youtube.com/watch?v=on2bHbFQbOk

 

 

しかもすごいのは、このワンちゃん、英語を

ちゃんと理解しています。ある意味、

日本人よりも英語力が高いのかも!

 

 

この「怒られワンちゃん」系の英語動画は

結構たくさんあります。例えば、こんなのとか、、、

Denver Official Guilty Dog Video

https://www.youtube.com/watch?v=B8ISzf2pryI

 

 

■ こちらは逆にワンちゃんが怒ってます!

Wet Dog

https://www.youtube.com/watch?v=bPfZ78m3xZo

 

このシリーズ Talking Animals の動画は

本当に面白いです。本当にワンちゃんが喋って

いるように見えるのでいつも感心します。

以下もそう。

Ultimate Dog Tease

https://www.youtube.com/watch?v=nGeKSiCQkPw

 

 

■ アメリカ版どっきりカメラ?

MAGIC PHOTOBOMB PRANK!

https://www.youtube.com/watch?v=hoMtvmaLWpE

 

 

そういえば、昔「どっきりカメラ」って番組が

ありましたが(スターどっきりじゃない方)

こんな感じで一般人を騙していましたねー。

ちなみに「どっきり・いたずら」のことを

prank と言います。

 

 

■ お母さんの鼻かみ音にビビる赤ちゃん!

Emerson – Mommy’s Nose is Scary! (Original)

https://www.youtube.com/watch?v=N9oxmRT2YWw

 

 

これ、本当に可愛いというか、笑っちゃうんですが、

さらに面白いのはこのパロディー版。上の

オリジナルを観てから、こっちも視聴してみて

下さい。もしあなたが今どんなに機嫌が悪くても

絶対に笑うと思いますよ。

Emerson – Mommy’s Nose is Scary! (Parody)

https://www.youtube.com/watch?v=1lM5TbyzJCM

 

 

それから、リーディングであれば、こんな

笑い話を読んでみると良いです:

 

I was in the restaurant yesterday when

I suddenly realized I desperately

needed to pass gas. The music was really,

really loud, so I timed my gas with the

beat of the music.

After a couple of songs, I started to

feel better. I finished my coffee,

and noticed that everybody was staring

at me…

Then I suddenly remembered that I was

listening to my iPod.

(jokes-best.com より)

 

 

ちょっと笑ってしまいますよねー。

他には、英語圏の日常生活で見かけるちょっと

おかしな掲示物の英文を読んでみたり、、、

http://www.passiveaggressivenotes.com/2010/08/01/those-heirloom-tomatoes-had-sentimental-value/

 

 

これは engrish.com と言って、

非英語圏の人々が書いたヘンテコな英語の

掲示物を集めたサイト。もちろん、日本人が

書いた英語も結構標的に上がっています^^;

 

 

http://www.engrish.com/2014/08/now-slather-it-good/

↑↑↑
これ、意味がわかりますか?

DO NOT TOUCH BREAD WITH HANDS PLEASE USE TONGUE

とありますが、tongue は「舌」のこと^^;

食品をつかむ「トング」は tong ですね。

これは気持ち悪い…(笑)

 

 

実は、上記の動画や面白い英文、投稿等々は

すべて「お笑い英語講座」で英語の学習素材として

実際に使っているものです。

 

他にも、とにかくたくさんの英語圏の笑える英文を

毎回たくさんご紹介して、一緒に読み、和訳や

詳しい解説、覚えるべき語句や表現などをご紹介

しています。

 

さらに、リスニングとリーディングだけでなく

ライティングもやっています。これは毎回

日本語のジョークを英語に訳す練習をしています。

 

 

例えば、、、

「トイレに行こうとしたら、先に弟に

駆け込まれたんだ。ちょっと腹が立ったので、

ドア越しに厭味を言ってやった。

『お前の後は臭くて汚いからイヤなんだ!』

『ちゃんとお尻を拭いて、水を流せよ!』

しばらくしてトイレから出てきたのは、

家に遊びに来ていた兄貴の婚約者だった。」

 

とか、、、

 

「自分がかなり太り過ぎであることはわかって

いましたが、なかなかダイエットを始めることが

出来ませんでした。

ある日、私は冷蔵庫の内側を掃除するために

冷蔵庫前に椅子を置き、後壁を拭いていました。

掃除の最中、私の息子がキッチンに入って来て

こう言ったのです。

『ママ、お昼ご飯を食べているの?』

その日以来、私はダイエットを開始しました。」

 

 

といった面白い話を、英語に訳す練習を

実践しています。最初は何も英語が書けなかった

英語の初心者が、こんな面白い内容の文章だと、

すぐに英語を書けるようになっています!

これが「お笑いの効能」というわけですね。

 

 

というわけで、こんな風に毎回笑いながら、

楽しい気分で英語のリーディング、リスニング、

ライティング(スピーキング)を練習出来るのが、

この「お笑い英語講座」です。5000円引きは残り

4名のみ、ぜひ今夜中に参加申込下さい!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/laughing-english-course/

英語で相手を笑わせたらこっちのもの!~英会話上達の秘訣

昨日の「英会話上達の秘訣」は

「挨拶するか・しないか」というテーマで

お話をさせて頂きました。

 

 

今日のテーマは「笑い」です。

どういうわけか、英語圏の人々は

ジョークが大好きです。本当にちょっとした

会話でも必ずジョークを飛ばします。

 

 

それが、一つの常識というか、

社交辞令的な要素になっているのかも

知れませんが、ちょっとした時に

気の利いた面白いことをぺラッと話すのです。

 

 

一方で、日本人はどうしても真面目

というか、あまり冗談を言う人が少ないです。

もしかすると、ジョークなんか言うと

相手に対して失礼なんじゃないか?と

考える人が多いのかも知れません。

 

 

英会話ではそんな心配をする必要はなく、

どんどんジョークを飛ばし、面白いことを

言って互いに大笑いすれば良いのです。

 

 

私がこの事実に気付いたのは、アメリカ

留学時代のことです。自分の失敗談を

たどたどしい英語で、身振り手振り交えて

話したところ、アメリカ人の友達に大爆笑

されたのがものすごい快感だったのです(笑)

 

 

ただ英語が通じた…というだけでなく、

その根底にある「気持ち」が通じたという

感じでしょうか。ああ、「笑い」って

世界共通なんだなぁ…と思いました。

 

 

しかも、一度相手を笑わせると、

英会話の「主導権」を握ることが出来ます。

英会話の主導権の話については、また別の

機会で詳しくお話ししますが、この主導権を

握ることが出来ると英会話がとてもラクに

なります。こっちのペースで会話を進める

ことが出来るようになるということですね。

 

 

さらに「笑い」のすごいことは、

英語学習自体を楽しくしてくれることです。

多くの日本人英語学習者が難しい文法書や

問題集などをしかめっ面で読みながら勉強

しているわけですが、あまりそういう「修行」

のような学習を続けていても英語力って

身につかないんですよね。

 

 

それより、お笑いとか、コメディとか、

ジョーク、笑い話、ドッキリ、失敗談等々

「笑い」の要素を英語の学習に取り入れると

驚くほど英語力が伸びるものです。これは、

実際に試してみるとすぐにわかります。

ぜひ、あなたの英会話、そして英語学習に

「笑い」の要素を取り入れてみて下さい。

 

 

追伸:

でも、どうやって「笑い」の要素を英語学習に

取り入れればいいのかわからない?それなら、

最高のプログラムがあります!今日から先着10名

限定で5000円割引で受講することが出来ますから、

もしご関心のある方はぜひ以下のページをチェック

してみて下さい。

面白い英文や動画も紹介しています!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/laughing-english-course/

このページの先頭へ