「気分」を変えると英語の学習効率が上がるワケ

あなたは「気分屋」ですか?

気分屋というのは、要するに気がコロコロと

変わりやすい人のことですが、英語の習得に

おいて「気分が変わりやすい」というのは

利点でもあり、欠点でもあると言えます。

 

まず「やる気」になっている時はいいですね^^

気分屋は、他の人よりも「気分」によって

強いモチベーションを得られるので、

やる気になっている時のロケット・スタート

度合いには目を見張るものがあります。

 

しかし、非常に残念なことに、気分屋は

その「気分」が長く続きません^^;

たいていは数日~数週間で、やる気無し

モードに突入します。まぁ、それが気分屋の

気分屋たる所以でもあるわけですが。

 

ただ注目すべきは、気分屋の「やる気

モード」時のポテンシャルです。これは、

気分屋以外には決して真似することが

出来ない、恐るべきモチベーション・

エネルギーと言えるのです。

 

したがって、気分屋は、その「気分」を

何とかしてコントロールすることによって、

普通の人が真似できないような、強力な

英語の学習を遂行することが出来る可能性を

秘めているということです。

 

このような「気分」のコントロールには

色々と方法があるわけですが、重要なことは

その人にとって何がトリガーとなって、

気分が変わるのか、その部分に着目するという

ことです。

 

例えば、私も相当な「気分屋」ですが^^;

自分の気分をコントロールするのに、

音楽や香り(アロマテラピー)を使ったり

します。これが殊の外、効果的に作用する

のです。

 

自分の中で、モチベーションが高まる

特定の音楽(曲)や香り(エッセンシャル

オイル)が分かっているので、ここぞと

言う時にそんな音楽を聴いたり、香りを

部屋中に満たしたりします。

 

そうやって、自分の「気分」を意図的に

コントロールすることで、気分に

振り回されるのではなく、逆に気分を

味方につけて、最大限のパフォーマンスを

出すことが出来るというわけです。

 

あなたの気分屋度合いにもよりますが、

もし気分によってやる気が出たり、

やる気が無くなったりすることで

悩まれているのあれば、あなたの気分を

変える「トリガー」を見つけてみて

下さい^^

 

追伸:

ということで、お盆キャンペーンは

もうこれでオシマイ!(言うのも飽きた^^;)

■ 7ステップ式リスニング専用トレーニング講座

お盆キャンペーン特設サイト:
↓↓↓
http://www.loftypub.com/htl_obon/

■ 読もう!聴こう!英語のインプットおもしろ実践会

お盆キャンペーン特設サイト:
↓↓↓
http://www.loftypub.com/input_reading_obon/

* いずれも今夜で受付はすべて終了です!

英語の上達が早い人が裏でやっていること

これまで既に何年も英語の勉強を続けているのに、

一向に英語を話したり、聴き取ったり出来るように

ならない…という学習者が多い一方で、驚くほど

短期間にサックリと英語力を身につけてしまう人が

います。

 

そんな英語の上達が早い人が裏でやっている

ことは色々とあるわけですが、特にもっとも

顕著な違いは、徹底した「効率化」にあると

言えるかと思います。

 

効率化と言うのは、要するに英語学習に

おける「ムダ」を極限まで省くということです。

これを徹底することで驚くほど短期間に英語力を

身につけることが可能になるのです。

 

例えば、英会話におけるスピーキング力や

リスニング力を上げたいという時に、自分に

関係のない語句や表現を覚えるのを後回しに

する(自分に関係のあるものを優先して覚える)

というのも効率化の一つです。

 

英語の習得が遅い人に限って、その人に

まったく関係のない(必要のない)英語の

語句や表現まで一生懸命に覚えようとしたり

しているのです。

 

また、最近では紙の辞書を使っている人は

少ないかと思いますが、電子辞書やオンライン

辞書といったツールを積極的に使うことも

効率化につながりますね。

 

単語暗記一つとっても、昔は紙の辞書を引く

のに時間がかかったので暗記する人が多かった

のですが、今は小型の電子辞書やスマホさえ

あれば、その場で語句や表現をサッと調べる

ことが出来ます。つまり今の時代、無理に

全ての単語を覚える必要はないということです。

 

他にも、英語学習を短期間で終えてしまう人

の特徴として、他力本願なところがあります。

他力本願というと、ちょっと聞こえが悪いですが、

頼めるものは人に頼むということです。それこそが

まさに究極の効率化と言えるのではないでしょうか。

 

具体的に言えば、英語の添削であれば添削が

出来る人に頼むわけです。何も自分でその英語が

正しいかどうかを、大変な思いをして確認する

必要はありません^^

 

英語のリスニングの練習がしたいという時に、

どんな素材を選べば良いのか分からないという

のであれば、そんな素材を選んでくれる人に

頼むのです。そうすることで、あなたは貴重な

時間を純粋な英語の勉強に100%つぎ込むことが

出来ます。

 

英語の上達が遅い人に限って、全てを自分で

やろうとしてしまいます。全てを背負おうとする

ので、膨大な時間と労力がかかり、純粋な英語の

学習に費やす時間が少なくなるというわけです。

そうではなく、頼めることは人に頼んでしまう。

 

リスニングやリーディングの練習のネタに困ったら、

専門家に頼めば良いのです。そして、今お盆

キャンペーンでご案内している二講座は、まさに

そんな「効率化」のためのツールであるという

わけです^^ ぜひ、頼めるものは人に頼んじゃって

下さい。

残り4名のみ!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/2015oboncmp/

こんな面白い英語のサイトを読んでいれば、そりゃ…

今、お盆キャンペーンで二つの講座をご案内して

いるのですが、そのうちの一つ…

「読もう!聴こう!英語のインプットおもしろ実践会」

ですが、ご質問をたくさん頂いています。

 

7ステップの方は、YouTube の英語動画を使った

リスニングのトレーニングが出来るというのは

わかったけれど、「インプット講座」の方は

一体何をやるんですか?というご質問がとても

多いので、今日はその内容についてお話します。

 

この講座では、リスニングだけに限らず、

英語圏の興味深い英文記事などをどんどん読む、

つまりリーディングも実践出来るという欲張りな

内容になっています^^

 

例えば、こんな面白いサイトを読んだりして

います(最新回で実践した内容です):

Ed Helms Teaches You How To Fake The Perfect Vacation

http://www.buzzfeed.com/keelyflaherty/ed-helms-teaches-you-how-to-fake-the-perfect-vacation

 

これは、有名な BuzzFeed の記事で、

映画『ハングオーバー!』でも有名な

エド・ヘルムズが、偽のバケーション写真を

撮影する方法を紹介しています^^

 

実際の講座では、上記サイトを読む上で

注意すべき語句や表現、そして詳しい和訳や

解説・アドバイス等々をたくさん記載して

わかりやすくインプット・トレーニングが

出来るように毎回お送りしています。

 

英語のリーディングというと、退屈な

イメージがありますが、こんな感じのサイト

なら楽しく読めますよね。もちろん、

これ以外にも興味深い内容の英文記事や

英語音声を使って楽しくインプット・

トレーニングを実践していますので、とても

おススメです。

 

英語力を身につける上では、とにかく

インプット(読み・聴き取り)の練習が最も

効果的ですが、いざ実践しようと思っても

一体何をソースに読んだり、聴き取ったりすれば

良いのか分からない…という方が多いです。

 

せっかくやる気になっていても、読んだり

聴き取ったりするのに最適な素材を見つけるのが

大変だと、それだけで士気をくじかれてしまい

ますね。そんな時には、ぜひお盆キャンペーンで

ご紹介している2つの講座を検討してみて下さい。

 

いずれも、インプット・トレーニングを実践

するには最適の講座内容となっています^^

また、どちらの講座にすれば良いのか分からない~!

という方はぜひ2講座同時でやってみて下さい。

 

英語のインプットは負荷をかけてかけ過ぎる

ということはないので、とにかく「やってみるか!」

と思い立ったら、ガッツリ英語の海に浸ってみる

ことをお勧めします。それでもまだ足りないぐらい

なのですから^^

 

追伸:

そうそう、お盆休み中は忙しいので、

休み明けから…とか、9月から配信開始希望です

といったご要望にも柔軟に対応しています^^

その場合は以下のページからお申込み頂いた後、

直接メールで「○月○日から配信希望です」と

お知らせ下さい。そのように手配させて頂きます!

 

残り6名のみ!大幅割引料金のラストチャンスですよ~^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/2015oboncmp/

このページの先頭へ