意外と効果的なドキュメンタリー映画のリスニング

映画や海外ドラマの音声を使った

リスニング・トレーニングというのは

とても効果的なのですが、実はあまり

知られていない素材として「ドキュメンタリー」

というジャンルがあります。

 

 

ドキュメンタリーとは、まぁストーリー

ではなく、社会問題とか政治とか、あるいは

環境問題なんかをテーマに、実際の資料や

人々の証言インタビューなどを元に構成した

ジャンルのことですね。

 

 

例えばマイケル・ムーア監督なんて

有名ですが、マクドナルドだけを食べ続けて

いたら人はどうなってしまうのか?という

恐ろしい人体実験を監督自体が人身御供と

なって撮影した SUPER SIZE ME という

ドキュメンタリーも面白かったです。

 

 

SUPER SIZE ME | French Fry and Soda Sizes

https://www.youtube.com/watch?v=4N5i-0t8m94

* 音が出ます、注意して下さい。

 

 

冒頭のトランスクリプトはこんな感じです:

I think that fast foods are a major

contributor to this epidemic.

In 2000, Dr. David Satcher became

the first surgeon general to draw

attention to the obesity crisis,

declaring it a national epidemic.

Now, remember, we’re super-sizing

everything. Ah… you go to any place

to buy… go to any fast food store,

and they’re trained to tell you

to buy a bigger size. For five cents

more, you can get the super size.

Federal government will define a

piece of meat, three ounces of meat,

as a sensible portion, and that looks

like a deck of cards.

Few people would be able to find this

deck of cards if they were served a

piece of meat, a steak, in a restaurant.

It would probably be about four or five

times this size.

One typical bagel that one is eating

that looks something like this is going

to comprise five servings of bread.

 

 

今回は特別に、今夜一杯受講生を募集している

「映画を使って楽しく英語学習」講座で

お送りしている講座内容の一部をご紹介

しましょう(上記スクリプトの解説です):

 

 

I think that fast foods are a major

contributor to this epidemic.

【私はファストフードが、現在の肥満の

まん延の大きな要因であると考えます。】

contributor は「貢献者」という意味も

ありますが、ここでは原因を作るもの、

つまり「要因」のこと。epidemic は

「流行病」ということですが、必ずしも

ウィルス性のものだけでなく、例えば

obesity epidemic で「肥満のまん延」という

意味。

 

 

In 2000, Dr. David Satcher became

the first surgeon general to draw

attention to the obesity crisis,

declaring it a national epidemic.

【2000年、デビッド・サッチャー医師は

米国内で肥満を国家的な流行病であるとし、

注目を浴びた最初の公衆衛生局長官である。】

surgeon general は「公衆衛生局長官」

のこと。draw attention で「注意を引く」

「注目を集める」という定番パーツ。

obesity crisis は直訳すれば「肥満危機」、

declare は「宣言する」という意味です。

 

 

Now, remember, we’re super-sizing

everything. Ah… you go to any place

to buy… go to any fast food store,

and they’re trained to tell you

to buy a bigger size. For five cents

more, you can get the super size.

【思い出して頂きたことは、今は何でも

スーパーサイズ化しているということです。

どこへ買い物に行っても、どのファスト・

フード店へ行っても、店員がより大きな

商品を勧めるように教えられています。

5セント多く払えば、スーパーサイズに

出来るのです。】

super size は冒頭でも説明した通り、

「特盛」といった意味。通常の商品を

巨大化するオプションのことですね。

(be) trained to ~で「~するように

訓練・教育されている」という意味。

 

 

Federal government will define a

piece of meat, three ounces of meat,

as a sensible portion, and that looks

like a deck of cards.

【連邦政府が定義する、一回の食事での

適正な肉の摂取量は3オンスで、それは

一組のトランプ程度の大きさです。】

federal government は「連邦政府」のこと。

define は「定義する」、3オンスは約85g

程度です。sensible は「分別のある」

「常識的な」といった意味で、portion は

「一回分の食事量」という意味があります。

a deck of cards は一組のトランプ・カード

のこと。

 

 

Few people would be able to find this

deck of cards if they were served a

piece of meat, a steak, in a restaurant.

【レストランでこんなトランプ・サイズの

ステーキ肉を出されるのを見たことがある

人はほとんどいないでしょう。】

few は 無冠詞の場合「ほとんどない」

「少ない」という否定的な意味になります。

つまり Few people ~で「~の人はほとんど

いない」という意味になります。

 

 

It would probably be about four or five

times this size.

【おそらく、レストランで出される肉は

このサイズの約4~5倍ではないでしょうか。】

○○ times で「○○倍」という意味。これも

重要な表現ですね。

 

 

One typical bagel that one is eating

that looks something like this is going

to comprise five servings of bread.

【こんな普通の大きさのベーグル一個に

食パン5枚分と同じ成分が含まれています。】

typical は「典型的な」「代表的な」という

意味の形容詞。comprise は「~を含む」

「~から成る」という意味。

 

 

…というわけで、本編が見たくなりますね^^

こんな感じで毎回、さまざまな映画の動画を

使って英語の学習を行っています。詳しくは

以下のページをどうぞ。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eiga-eigo-course2017/

 

* 本日をもちまして受講生の募集は全て

終了となります。たくさんのお申込みを頂きまして

誠にありがとうございました^^

辛くて苦しい勉強なしで英語力を身につける唯一の方法

 

英語を「辛くて苦しい勉強なし」で、

心から楽しみながら学習出来る方法が

あるとしたら、あなたはどう思いますか?

 

「そんなバカな!英語だけでなく

勉強というのは大変で、辛く、苦しいもの

なんだ!そうでなければ身につかない!」

 

…もし、あなたがそう思われるのであれば、

仕方がありません。しかし実を言うと、

英語を「辛くて苦しい勉強なし」で、

心から楽しみながら習得している人たちが

実際にたくさんいるのです。

 

しかも、その学習方法の効果はピカイチ。

多くの通訳者、翻訳家、バイリンガル、

マルチリンガルといった人々が、この方法

を使って確固たる英語力を身につけたと

口を揃えて言います。

 

もちろん、私自身もこの方法を使って英語力を

身につけました。これは私の個人的な感想

ですが、この方法による英語習得は、、、

ハッキリ言って「勉強」ではありません。

ただの趣味、遊び、気分転換のようなものです。

 

それなのに、英語力がどんどん身につき、

本人も興味・関心・好奇心をもって

その世界にのめり込むことを出来ます。

ただ、純粋にそれを楽しんでいるだけで

英語を話し、聴き取れるようになるのです。

 

果たして、その方法とは一体…!?

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eiga-eigo-course2017/

映画で覚えた英語の語句・表現は絶対忘れないものです

あなたは初めて観に行った映画を覚えて

いますか?まぁ、映画館まで行かなくても

自宅で観た映画でも構いませんが…。

 

 

そういった、初めて観た映画とか、

初めてデートで行った映画とか、初めて

泣いた映画とか、、、映画やドラマというのは

色々な思い出と共に頭に印象強く残っている

ものですね。

 

 

私は、中学生の時初めてガールフレンドと

一緒に観た映画が『 Back To The Future 』

でした。今でもこの映画を観ると、

その時の情景とか空気感、彼女の顔とか声を

ハッキリと思い出します(笑)

 

 

それぐらい、映画とか音楽というのは

人の記憶とガッチリ噛み合って印象深く

残るものなのですね。

 

 

そういえば、私の友人が初めて観た映画は、

小学生の時に母親に連れられて行った

『ザ・ショック』だか『食人族』だとかいう、

どうしようもない映画だったそうです^^;

そんな映画初めて連れて行かれたらトラウマに

なりそうですが…。

 

 

そんな映画の「印象に残る」という性質を

利用すると、英語学習で活用出来るヒントが

たくさん浮かんできます。

 

 

昨日もお話ししましたが、映画を観ていて

自分が覚えた英語の語句や表現に思いがけず

出会ったりすると「あ、これ知ってる!」と

嬉しくなるものです。

 

 

または好きな役者、俳優さんのセリフであれば

自然と丸ごと覚えて口に出したり出来ますよね。

特に気に入った映画は何度も観ていると、

本当に自然にセリフを覚えてしまうものです。

 

 

英語というと、単語帳を見ながらブツブツと

機械的に丸暗記…というイメージがありますが、

そんな風に無理やり覚えた英単語を長い間

覚えていられたことってあまりありませんよね。

 

 

そういう意味では、英語の語句や表現を

より自然に、苦労することなく(というか

むしろ楽しみながら)スムーズに覚えられる

映画鑑賞というのは、やはり最高の英語学習と

言えるのではないでしょうか。

 

 

追伸:

というわけで、秋の夜長に(…秋というより、

もう冬みたいに寒いですが^^;)、洋画や海外

ドラマを使った英語学習・トレーニングはいかが

ですか?こちらのプログラムは残念ながら、

今夜で募集を全て終了させて頂きます。ぜひ

最後の機会にご参加下さい:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eiga-eigo-course/

このページの先頭へ