英会話スクールや英会話教室で「得をする人」「損をする人」

このメルマガの読者には、英会話スクールとか英会話教室に通われている方がとても多いと思います。今日はそんな方のために、英会話スクールや英会話教室で「得をする人」「損をする人」のお話をします^^

英会話スクールや英会話教室に通っている人というのは当然ながら、今「英語を学んでいる人」がほとんどですよね。英語を習うために英会話スクールや教室に通っているわけです。

しかし、中には「完璧主義」や「負けず嫌い」の人も多く、少しでも間違えたら落ち込むとか、恥ずかしいとか、絶対に間違えたくないとか、完璧に話せないとイヤだか、そういう人もいるわけです。

先にハッキリしておきたいのは、英会話スクールも教室も「英語を完璧に話すために行く場所」ではなく、「英語を間違えるために行く場所」ですからね^^

そこでは思い切り英語を話して、思い切り間違えて、自分に足りないものが何なのかを明確に知ることが、言ってみればスクールや教室に行く、本来の目的なのです。

だから、英会話スクールや教室に通って伸びる人というのはバンバン間違えます。変な英語もドンドン口に出します^^ そして、英会話講師に「おかしいよ」「間違っているよ」と言われたら、トコトン質問して、より自然な英語表現を教えてもらいます。

まさに「転んでもタダで起きない」というのが、そういうこと。そうして、毎回の英会話のセッションでたくさんの「お土産」を貰ってこれる人が、英会話で一番得をする人です。こういう人は必ずペラペラになれます。

では、スクールや教室に通って損をする人とはどんな人でしょう?

もうおわかりですね^^

先にも話した通り、完璧に話そうするばかりになかなか思い切った会話が出来ず、或いは間違えるのが怖いばかりに講師の一方的な話をフンフンと頷きながら聞き続けるだけで授業が終わってしまうようなタイプの人です。

こういうタイプの人は「お土産」をもらってくることが出来ません。ただ、高いお金を払って講師の世間話を聞きに行っているだけなのです。それではあまりにもったいないですね。

もしあなたが英会話スクールや教室に通っているのであれば必ず「お土産」をもらって帰ってきましょう。「お土産」というのは、思い切り話して、思い切り間違えてその間違いをしっかりと訂正してもらい、その代わりにより自然でネイティブらしい表現を教えてもらうことです。

「転んでも決してタダで起きないこと」

これが、英会話スクール・教室を使い倒す大原則なのです。図々しく、厚かましく。日本人よ、ガンバレ^^

もちろん私のメール講座「毎日英語塾」も無料で7日間使い倒して下さいネ^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(1/31)タレコミ情報 ■

今日は火曜日ということで、YouTube動画の中から、日本人女性で英語がとても上手な方の英語音声を聴きました。口語で良く使うラインや発音のコツなどを勉強しました。明日はTOEIC(R)対策の専門講座をお送りする予定です^^

今日中に無料お試しにお申込み頂ければ明日からあなたも参加出来ますので、ぜひ一緒に勉強してみませんか?

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

話す時はトコトン話しましょう!

いつも「もったいないな~」って思うんです。

何が「もったいない」かって?

いえ、英会話スクールとか英会話教室とか、とっても高いお金を払って通っている方々のことなんですが…。

スクールや教室に通われていること自体は、もちろん「自己投資」なわけですから、それ自体は「もったいない」なんてことはありません。

むしろ、そういう英会話実践の機会を積極的に作ることは重要です。

特に日本のように「英語を話す」機会自体あまりない国で英語を話せるようになるには、そのような実践の場、練習の場というのは自分で作り出す以外にないですからね。

では、何が「もったいないのか」という話なのですが…。

外国人の講師を前にして、英語を「話そうとしない」受講生が本当に多いことです。

「私、英会話に通っているの」
「俺、英会話始めたんだ!」

それはすばらしいことです。積極的に「話す」場を捜し求めているわけですから、そういう姿勢は大変評価できます。

・・・しかし。

本当に多くの日本人が、英会話スクールや教室に通ってはいるものの、そこで積極的に「話そう」としている受講生は非常に少ないのが現状です。

多くの場合は、外国人講師が一方的に喋っているだけ(^^;

パーセンテージで言うと8割は講師のオシャベリを「フーフン」とか「アーハン」と言いながら聞いているだけのような気がします(それも理解しているのかどうか…^^;)

これを「もったいない」と言わずして、何を「もったいない!」というのでしょうか。

高い授業料を払って、得体の知れない外国人のヨモヤマ話につき合わされているだけなんですよ。そして、愛想笑いだけして家に帰ってきて、「私英会話に行ってきた」なんて言っているんです。

こういうのを自己満足というんでしょうが、とにかくもったいないですね。

まず、英会話スクールや英会話教室というのは自分が「話し」に行く場所だと思って下さい。相手の世間話を「聞き」に行く場所ではないんです。

講師が話し始めたら、それをストップさせるぐらい、こっちがベラベラ~っと圧倒させなければダメです。そのためには、最初は文法や発音なんてどーでもいいんです。もっと言えば、日本語が混ざったって構いません。

とにかく、こっちが会話の「主導権」を握ること。

こっちが、お金を払っている側なんですから(^^)

英語を話す機会があれば、トコトン、自分が「話す」ようにしましょう!

それではまた明日~

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

英会話スクールの賢い使い方

今晩は短いお話を一つ。

英会話スクールの賢い使い方です。
そうそう、最近NOVAがテレビCM出していますよね~。

あれだけ騒がしておいて…という気がしますが(^^;

まぁ、もう違う会社が経営しているということですので、きっと体質も改善されて

いることかとは思いますが…。
実際、このメルマガの読者でもたくさん被害者がいらっしゃいますので、

何とも複雑な気分です(–)

で、本題に戻ります。
あなたは、英会話スクールに通いさえすれば英語を話せるようになる
って思いますか?
…答えは「ブー」です(^^;
今日は短くまとめるつもりですので、単刀直入に話を進めますが…。
実は、英会話スクールというのは、自分の英語を実際に「試す」ための場所
なんです。
つまり、英会話スクールというのは「通えば」英語を話せるようになるという
場所ではないのです。

英会話スクールというのは、それまでに自分がインプットしてきた英語を

「試す(アウトプットする)」場所なんですね。

いわば「練習の場」です。

もうこれは先に割り切って、英会話スクールというのは、そういう「練習の場」
を提供してくれる所と理解する必要があります。
それを最初に理解しておかないと、何かスクールに通いさえすればいつか
自然に英語が話せると勘違いしがちです…。

実際、スクールに通われているほとんどの方が勘違いされています。
で、「いつまで経っても英語を話せるようにならない…」

「講師ばかり話していて、それを聞かされているだけ…」

なんていう愚痴をこぼされているわけです。

実は「英語を身につける方法」自体は英会話スクールでは教えてくれません。
そこはあくまで「自分が身につけた英語」を試す場所、「力試し」の場です。
従って、出来れば英会話スクールというのは「ある程度」英語を
話せるようになってから、自分の力を試す目的で通われることをお勧めします。

最低でも、自分の言いたいことをきちんと英語で言えるレベルになっていないと

さっき書いたように「講師の話ばかり聞かされて…」なんてツマラナイことに

なってしまうわけです。
特にスクール通うとなると平気でン十万かかりますからね(^^;

あなたの貴重な時間とお金を無駄にしないためにも、どうか

そこを先によく理解しておいて下さい!
では、また(^^)/

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このページの先頭へ