なぜ日本人が話す英語は表面的で薄っぺらいのでしょうか?

"So what do you think about it?"

「それで、あなたはどう思うの?」

これは、私がアメリカに留学していた頃

英語のスピーキングの先生によく

ダメ出しされた言葉です。

例えば、今世界中でテロ事件が

頻発していて、毎週(毎日?)のように

世界のどこかでテロが起きたという

ニュースを耳にしますよね。

それで、英会話の時にあなたが

「最近は世界中でテロが増加していますね」

と英語で話したとしましょう。

多くの日本人はそんなひと言を口に

するだけで精一杯なのですが、実は

これだけではネイティブ・スピーカー

にとっては何となく物足りない、

尻切れトンボの発言に感じてしまうことが

あります。

世界中でテロが増加している…というのは

言ってみれば客観的な事実を述べて

いるだけに過ぎず、それは誰もが

知っている一般論と言えます。

だから、どうなの?自分はどう思うの?

という部分を相手に伝えないと、まさに

オチの無いコントのように感じてしまう

ということです。

会話というものは、一般論を語るだけ

でなく、そこから自分が何をどう思うのか、

感じるのか、どういうことを考えて、

何を相手に伝えたいのか、そういった

部分まで「突っ込んだ意見」を相手に

投げかけることで初めて成立するものです。

もちろん、世間話程度の会話であれば、

そこまで突っ込んだ話をする必要は

ないかも知れません。それこそ、本当に

「今日はいい天気ですね」で済ませても

構わないでしょう。

しかし、もしあなたが英会話などで

より深遠な会話をしてみたいとか、

外国人ともっと深いコミュニケーション

を取ってみたいと思うのであれば、

表面的な一般論で終わらせるのではなく、

自分の「主観的な意見」を英語で表現する

練習をすると良いです。

そのためには、ただ単に日々のニュースを

ボーっと見るだけでなく、ニュースを知って

自分はどう思うのか。どう感じるのか…

という部分を意識して、そこから色々と

考える習慣を身につけるべきというわけです。

北朝鮮がミサイルをバカスカ飛ばしている…

アメリカは本気で日本を守ってくれるのか…

世界中でテロが多発している…

日本でもオリンピックがあるけれど大丈夫なのか…

そんなニュースを耳にしたら、そこから

あなたが何を思い、何を感じ、何を

考えるのか、色々と英語で表現出来るように

普段から準備しておくと良いです。

追伸:

そんな「自分の意見」を準備するにも英語の

インプットとアウトプットのトレーニングは

日々欠かすことが出来ません。

でも、一体どうやればいいのかわからない…

という方にピッタリのプログラムがこちら。

残念ながら受付はあと数時間で終了となります!

最後のチャンスをお見逃しなく^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-marathon-2017/

2017年5月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

英語が得意な人のこんな「裏の習慣」を真似しちゃおう!

英会話の時に、自分が言いたいことを

きちんと話せて、それが相手にしっかりと

通じたらとても嬉しいですよね。

一方で、もちろん思うように話せない

ということも多いと思います。

「ウーン…〇〇って、どう言えばいいんだろう」

「エート…ここは□□でいいのかなぁ?」

そんな感じで、何とも「モドカシイ」

感じで英語を話されている方がたくさん

いらっしゃると思いますが、、、

実はそんな「モドカシサ」は、

英語が得意な人も、不得意な人も皆さん

同じなのです。英語をペラペラ話せるように

見える人も、実は結構言いたいことが上手く

言えずにフラストレーションをためている

ものです。

しかし、英語が得意な人はその後が違う

んですね。何か自分が言いたいことが

上手く言えなかった…という時は、必ず後で

その語句や表現をきちんと調べて覚えようと

します。転んでもタダでは起きないのです。

ところが、なかなか英語が話せるように

ならない人は「喉元過ぎれば熱さ忘れる…」

ではありませんが、英会話でうまく話す

ことが出来なくても、その場が過ぎれば

もう何事もなかったかのようにスルーして

しまいます。「ま、いいか」なんて…。

そうではなく、英会話というのは

ある意味、そういった「うまく言えない

英語の語句・表現」を発見するための機会、

であると捉えた方が良いです。

つまり、英会話でシドロモドロになって

しまった時こそチャンスということですね。

よくピンチはチャンスと言いますが、

本当にそうなのです。

その時言いたかったこと、相手に伝えたかった

ことをしっかりとメモしておき、家に帰って

きちんと辞書を調べて、自分の表現として

インプットしておくということです。

これによって、また次の機会に同じような

ことを言いたい時、今度はパッとスムーズに

口から英語の表現を出すことが出来るように

なるはずです。

だから、そういった習慣を身につけられる人は

英語の習得も早いものです。失敗しても、

それを成功につなげられるということですね。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

それではどうぞ楽しい週末を~!

追伸:

んでもって、こちらもご案内が終了と

なりますので、気になっている方は

忘れずに今夜中にお申込み下さいね!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basic-summer2017/

* 残り数時間で完全に終了です。

2017年5月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

えっ!ネイティブ・スピーカーもこんな間違いをするんですか?

たまに、こんなご質問を頂くことが

あります:

 

「渡邉先生、この英文はネイティブ・

スピーカーが書いたらしいのですが、

〇〇の部分、おかしくないですか?」

 

そして、当該部分を確認すると、

確かに間違っていたので、

「本当ですね、これはネイティブの

間違いですね」と伝えると、、、

 

 

「えっ、ネイティブ・スピーカーでも

間違えるんですか!?」

…と、驚かれることがあります。

 

 

まぁ、確かにネイティブ・スピーカーは

英語をペラペラと話すわけで、私たちから

すれば、誰もが完璧な英語を話している

ように感じるものです。

 

 

だから、ネイティブ・スピーカーが

〇〇だ!と言えば、それが正しいと

思い込んでしまいます。しかし…

 

 

しかし、私たちだって「日本語のネイティブ・

スピーカー」ですが、では、日本語を

間違えないか?と言われればそんなことは

決して無いですよね。

 

 

おそらく誰もが、かなりラフな、

場合によってはメチャクチャな日本語を

日々使っているわけです。これは英語も

同じことで、むしろ英語のネイティブ・

スピーカーの方がその辺はさらに「いい加減」

と言えるかも知れません^^;

 

 

つまり、ネイティブ・スピーカーも

決して「正確な英語」「正しい英語」を

使っているというわけではないんです。

文法もかなりいい加減ですし、特に口語は

その傾向が高くなります。

 

 

もちろん、だからと言って、

「間違った英語を話せ」と言っている

のではありません。そうではなく、

あまり心配し過ぎなくて大丈夫ですよと

言いたいのです。

 

 

英会話の時に、ちょっとぐらい文法が

間違っていても気にしないで大丈夫です。

そんなこと誰も気に留めていません。

それよりはもっと「楽しく」「笑いながら」

コミュニケーションの「勢い」を大切に

した方が良いです。

 

 

むしろ日本人にありがちな会話の「沈黙」とか

「無表情」とか、「愛想笑い」のような部分に

ネイティブ・スピーカーは違和感を抱くものです。

 

 

間違いを気にするあまり何も話せなくなったり、

笑えなくなったり、ぎこちなくなったりする方が

良くありませんので「ネイティブも間違えるんだ!

だったら、日本人が間違えてもおかしくないや!」

と割り切って考えると良いです^^

 

 

それでは、どうぞ楽しい週末を!

 

 

追伸:

といわけで、こちらはもう本当に最後に

なりますので、少しでも気になっていらっしゃる方は

ぜひご参加下さい。メッチャお得です(お得過ぎます!)

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-compilation-program/

2017年5月19日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

このページの先頭へ