季節は春、英語学習をリセットしませんか?

ものすごくエネルギッシュな英語学習者に

会いました。何と、その方は70代後半で

英語の勉強をされているお父さんなのですが、

非常にパワフルな英語の学習を続けられて

います。

 

まず朝起きて、その日の予定を英語で

書くそうです。ちなみに、スマホを使って

いるのですが、言語設定を英語にしている

とか。Siri に英語で話しかけるのが楽しい

と言っていました。頼もしい限りです^^

 

日課にしている英語学習は、主に

海外のニュース記事を読んだり、YouTube の

英語動画を視聴したりすることだそうです。

 

これは、私のラインマスター毎日英語塾で

やっていたことが習慣化して、今では

ご自身で英文記事や YouTube 動画を検索して

積極的に読んだり、視聴したりしているとか。

 

英文記事も、英語動画も、ただ読んだり

視聴するだけでなく、必ずサマリー(要約)や

感想文を英語で書いていらっしゃるそうです。

それだけでもスゴイですね!

 

ちょうどお会いした時に、分厚い日記帳の

ようなノートを見せて頂きましたが、

ビッシリと英文が書かれていて圧倒されました。

アウトプットの鬼という感じです(笑)

 

さらに、日本のニュース番組などを見た時も、

自分の意見を英語でまとめたり、その日に

起きたことなどを英語で日記に書いたりして

夜お風呂に入る時に大声で音読しているそうです。

 

そんな生活を2年続けていたら、英会話力も

かなりついたそうで、週に1回のオンライン

英会話と地元の英会話サークルでのお喋りが

楽しくて仕方がないとか。素晴らしい!

 

いや~、このところ私は忙し過ぎて半分

バテ気味でしたが、ご高齢にもかかわらず

ここまでパワフルに英語と接し続けている

お父さんにお会いして、逆に励まされた思いです。

 

なかなか英語を話せるようにならない…とか

聴き取れるようにならない…といって英語の

勉強を諦めている70代以下の「若手」の皆さん、

愚痴を言っている場合ではありません(笑)

 

今夜から心を入れ替えて、精進しましょう!

このお父さん英語学習者の後に続くのです。

もちろん、私も頑張るつもりです^^

 

 

 

追伸:

そんなわけで、上記のお父さんも勿論

ご参加頂きました。この春の新プログラム、

いよいよ今夜一杯で早割は終了です。

この機会に勇気を出してあなたもご参加下さい!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-marathon-365/

英語習得に失敗する人が選ぶたった一つの間違った選択とは?

 

今まで、たくさんの英語学習者と

やり取りをしてきました。そんな中で、

しっかりと英語を話し、聴き取れるように

なった人もいれば、途中で挫折してしまった

人もたくさんいました。

 

 

そんな人たちの違いについて、よくよく

考えてみると「たった一つのこと」を

貫けたか、貫けなかったかに運命の分かれ目が

あったことに気付きます。

 

 

それは「絶対に英語を話せるようになる!

聴き取れるようになる!」という意志です。

この意志さえ貫くことが出来れば、その人が今

どんなに英語が苦手だろうと、どんなに英語力が

低かろうと関係なく、確実に英語を話し、

聴き取れるようになるのです。

 

 

しかし一方で、大多数の人々は

「絶対に英語を話せるようになる!

聴き取れるようになる!」というほど

強い意志がありません。ただ何となくやってみて、

無理そうだからやーめた!ということに

なるケースが大半なのです。

 

 

或いは、最初のうちは盛り上がって

頑張る気になるけれど、そのうち飽きてきて、

またはなかなか自分の思うような結果・成果を

感じることが出来なくて、途中で挫折してしまう…。

 

 

ベタな表現で申し訳ありませんが、

Never Give Up という言葉があります。

まさに「決して諦めない」ということですが、

この「諦め」を受け入れるか、受け入れないかが

最終的な決め手、岐路となるのです。

 

 

確かに、一生懸命英語の勉強を続けているのに

いつまで経っても自信をもって英語を話したり、

聴き取れたり出来るようにならない…というのでは、

誰もが途中で諦めそうになるかも知れません。

 

 

ただ、問題はそのように心が落ち込んだ時にも

「いや、それでも僕は絶対に諦めないよ」

「いや、それでも私は絶対に諦めないわ」

という強い意志を保つことが出来れば、、、

きっとその人は英語の習得に成功するでしょう。

 

 

結局のところ、気持ちが沈んだり、心が弱く

なった時に、どれだけ自分のやる気を鼓舞し、

「絶対に諦めないぞ!」という不屈の精神を

出せるかどうかが、英語習得の成否を決める

最終的な鍵となるのです。

 

 

2017年の初めに、松下幸之助氏の言葉を

引用しておきます:

「世の中でいう失敗の多くは(中略)

成功するまでにあきらめてしまうところに

原因があるのではないでしょうか」

 

 

つまり、目標を達成するまで決して諦めない

こと、それが英語習得を完遂する唯一の道で

あるということです。今年も頑張って

(楽しみながら)英語の学習を続けましょう!

 

追伸:

というわけで、2017年…

あなたはどの人気講座で英語力を磨きますか?

今なら1講座分の料金で2講座受講することが出来ます。

ただし、残り8名のみ!早い者勝ちです。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/buy-one-get-one-free-2017/

英語学習のスランプを一瞬で打破出来るとっておきの方法

今年、我が家は子供たちが二人とも

受験ということもあって、いつになく

ピリピリ・ムードの年末年始となりそうです。

 

まぁ、世の中の受験生全般に言えること

ですが、試験の直前になると精神的にも

不安定になりがちですね。

 

今までスムーズに勉強を続けられていても

この時期になると急にスランプに陥ったり、

突然不安感に襲われてどうにもならなかったり

するものです。

 

これは英語の学習においても言えることで、

初めから終わりまで一貫して順調に学習を

続けられる人は絶対にいません。誰もが

調子の良い時と悪い時、すなわち「スランプ」

を経験するのです。

 

で、問題はそんな「スランプ」の時を

どのように上手くマネージして先に進めるか…

ということなのですが、そんな時に覚えておくと

良いのは「人は感情によって行動する」という

原則です。

 

頭の良い人や物事を論理的に捉える人は

「感情によって行動するなんてことは無い!」

と思うかも知れません。そういう人は、

思考によって自分の行動をコントロール出来ると

考えているのです。

 

もちろん、それも可能です。

しかし実際の所は、人間の行動はというものは

ほとんどのケースで「感情」や「気分」に

大きく左右されるものです。

 

例えば、雨の日には憂鬱な気分になって、

何となく行動に移すのが億劫になったりする

ものですね。逆に、店員さんにおだてられて

その気になって高額の買い物をしてしまう…

なんてこともよくあるはずです。

 

そこで、英語の学習でも(受験勉強でも)、

もしあなたがスランプに陥ってしまった場合は

「思考」で何とかしようと思わず、まずは

あなたの「感情」をコントロールしてみると

効果的にあなたの行動を制御出来るように

なります。

 

勉強やトレーニングをやる気がしない…

モチベーションがダダ下がり…なんていう時は、

理論的に考えてその状態から脱しようとする

のではなく、まずは「気分」を変える方が

状況をうまくコントロール出来るということです。

 

私がお勧めしている「気分」のコントール法は

「新しいこと」を取り入れることです。これは

何でも良いのですが、新しい映画を観てみるとか、

新しい服を買うとか、あるいは部屋を模様替えして

気分を一新するとか、まぁ色々な方法が考えられますが

最も効果的なことは「新しい風:新風」を取り入れる

ということですね。

 

新風を取り入れることで、あなたの感情が

刺激を受け、気分が高まるようになります。

すると、変化した感情によってあなたの行動が

鼓舞されるのです。そのような工夫によって、

スランプから脱することが容易に出来るように

なります。

 

もしあなたが英語の学習やその他のことで

スランプに陥った時には、頭で考えて脱出しようと

思わず、まずはあなたの「感情」を変えるように

してみて下さい。これはとても効果的なヒントと

言えますので、参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

追伸:

というわけで、洋楽を使った英語学習講座は

今年最後の参加チャンスとなっています!

こんな新風を取り入れて、来年も気分を盛り上げて

英語の学習を続けたいですね^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/yogaku-listening-up/

* 渡邉おススメの書籍プレゼントもあります。

今すぐチェックしておいて下さい~!

このページの先頭へ