あなたは借りる派?それとも買う派?

うちの近くに昔からある図書館が、現在改装工事中なんです。その隣の小学校に通っていたので、もう本当に子供の頃からずーっと利用している古い図書館なんですけれどね。どうやら最新式の設備が導入されるようですので、きっと本の量も増えて、益々便利になるはずです。

図書館は本当に便利なものです。まず、本屋に行けば千円以上払わなければ手に入らない情報や知識を「タダ」で身につけられるのですから。もちろん、新しい本や人気のある本であれば、少し待ったりしなければならないということはありますが、それでも年間にすれば数万円、人によっては数十万円分も得するかも知れませんよね。図書館にない本でもリクエストすれば仕入れてくれる場合もありますし、こんなすばらしい施設を利用しない手はありません。

しかし。
しかし、ですよ。敢えて言わせてもらえば、本は「買う」方が良いです。いえ別にすべての本を買う必要はないです。それがあなたにとって、本当に必要な本であれば…、あなたにとって、本当に身につけるべき内容が載っている本であれば…、絶対に「買う」べきです。もちろん、これには人それぞれの信条、ポリシーというものがありますから、「いやだ!」と言われればそれまでなのですが、私の経験上、そして私の周りの成功者を見ていても、多くの場合、本は「買った」方がためになるのです。

まず借りてきた本は大切に扱わなければなりません。これは、自分の本ではなく図書館の本ですから当然のマナーですよね。シオリをはさむ代わりに折り目をつけることも出来なければ、大事なところにマーカーでアンダーラインを引いたり、コメントやメモを書き込むことだってご法度です(たまに「マナー知らず」がいますけどね…)

しかし、本というのは「大切に」扱えば良いかと言えばそういうものではありません。私の場合、本を買ったらまずカバー類を全部はがしてしまいます(^^) あれがあると邪魔で集中して読めないのです。それから、バンバン「書き込み」をします。大切なページには付箋をベタベタ貼り、遠慮なく折り目をつけます。当然、トイレで用をたしながら読むことだってありますし、お風呂の中で読むことだってあります。だからメチャクチャ汚れます。紙がフニャフニャになることだってあります。でも、それぐらいの「扱い」をして初めて、その本の内容や著者が本当に言いたいことが理解できるようになるのです。

それから、図書館で借りてきた本は「返却」しなければなりません。これも当然です。返さなければ泥棒になりますね(^^; しかし、本というものは一度読んだくらいでは理解できません。最低でも同じ本を5回(出来れば10回)は読み返さないと、他人の言っていることなんか、そう容易く理解できるものではないのです。そういう意味でも、本は「買わないと」いけません。「買った本」というのはいつでも参照できるのがいいですね。「あ、そうだ!」と思った瞬間に本棚にあるということと、図書館まで再度借りに行かなくてはならないということでは雲泥の差があります。人間、インスピレーションというのは大変貴重なものですから、その瞬間になければ、もうそのヒラメキは「無い」も同然なのです。

その他、「買った本」には「投資」をしたという思いがありますから、その分内容を真剣に読み、捉えることが出来るようになります。実は、この効果は意外と大きく、図書館で無料で借りた本はいくら内容が優れていても、どうも記憶に残らなかったりすることが多いものです。一方、幾ばくかの投資をして手に入れた書籍というものは、その分貴重に思えるため、後々の記憶にも強く残りますし、内容も優れたものに感じることが多いのです。年末のこの時期というのは、書籍の販売量が増えるそうです。皆さん、年末年始の休暇に「じっくり」と腰を据えて読みたい本を読むからだそうですが、もちろん図書館を有効に使いつつ、「これは!」と思う本については是非「投資」をしてみて下さい。きっと「違い」に気付くはずです(^^)

[ 私のオリジナル教本・教材選択ガイド ]



clip_image001 clip_image002


clip_image001[1]


clip_image001[2]

冠詞がサックリわかる魔法のコンセプトとは?

さて、今日はライティング講座の続きです。
最近では「超!英語塾」の添削ばかりやっているので、

日本人特有の「間違い」「誤解」「勘違い」がよくわかるように

なりました。

特に冠詞と前置詞に関するものが多いですね。
やはり日本語にないものですから、その用法とか意味とか、きちんと

理解していないと、なかなか適切に使い分けられませんね。

冠詞はその時の気分で使い分けているような人が多いです。

まぁ、私も昔はそうでした(^^;
これは「a」なのか「the」なのか、無冠詞なのか…エンピツ転がして

書いてた頃もあります(^^;
ただ、このコンセプトだけ理解したら、かなりの確率で正しい冠詞を

使い分けることが出来るようになりましたよ。

そのコンセプトというのは、ある小さな本に載っていたものです。
『aとtheの物語』ランガーメール編集部
という本当に薄い本なのですが、そこにはこう書いてあるのです:

(引用ここから)

「A/An」は「one of many」

「The」は「one and only」

きめてくれるのは「context」
(引用ここまで)
“It depends on the context.”「コンテクスト次第」というわけです。

日本の英文法書なんかを読むと、aにしてもtheにしても、まぁ色々な

ことが書いてあるじゃないですか。
やれ、固有名詞の前にはつけるだとか、つけないだとか、大きい建物

にはつけるとか、つけないとかね。そんなチマチマした例と「例外」

が何十ページに渡って列記してある。

そんなの本当にイチイチ覚えてられないんですよ。
で、この薄っぺらい本を読んでから、aとtheの意味、使い分け方が

本当の意味で理解できるようになりました。

理解すればよい感覚は
「A/An」は「one of many」

「The」は「one and only」

きめてくれるのは「context」

“It depends on the context.”「コンテクスト次第」ということだけ。

お時間があれば読んでみて下さい(^^)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

とーっても便利なこんな辞書があるの知ってました?

今日は辞書のお話です。

このメルマガを読んで下さっている皆さんのことですから、英語の辞書
くらいは既に持っていらっしゃると思いますが…。

皆さんはどんな英語の辞書を使われていますか?
昔、辞書と言えば英語に限らず「紙」で出来たものが主体でした。

それがパソコンや電子辞書の普及で、紙版の辞書を使う人はかなり少なく
なっているそうです。
確かに、パソコンなどの一番便利な機能は「検索」機能ですからね。

翻訳家も、パソコンの普及で随分と作業環境が変わりました。

昔はパソコンはおろかインターネットもなかったわけですから、紙の辞書
や資料を片手に、翻訳という仕事はそれはそれは大変な作業だったのです。
今は、簡単な英文であれば辞書さえ必要ありません。

インターネットに接続したパソコンが一台あれば、ちょっとした専門文書
だってうまく訳すことが出来ます。
さて、今日はそんなプロの翻訳者も使っている、しかも一般の英語学習者
が簡単に使える、とても便利な辞書をご紹介しますね。
それは…

EDPから出されている「英辞朗」という電子辞書です。

最近では一般の書店でもCD-Romが販売されていますので、知っている方も
多いかと思いますが、とても優れた辞書なのです。

普通の辞書ですと、一つの単語にいくつかの例文があって…という点は
この「英辞朗」も一緒なのですが、特筆すべき点はこの辞書が「進化」を
続けているという点です。

現在の最新版は第四版、収録は166万項目だそうです。

常に協力者らによって、最新の英文例等が加筆されていますので、大手の
出版社が出している有名な英語辞典などとは比べ物にならないほどの
「新鮮な」英語を調べることが出来ます。特にIT関連や時事などの移り変わり
の早い単語は非常に役に立ちます。

スラングや口語表現にも強いといえます。

また、一つの単語に対してたくさんの文例を検索することが出来ますので、
特に英語を書くときに便利なのです。

簡単な英語ならこれ一つで和訳も英訳も済ますことが出来ますよ(^^)

しかも、アルクのホームページには「英辞朗」のオンライン版が無料で
使えますので、気になる方は一度お試しあれ!

アルクのホームページ:
http://www.alc.co.jp/

EDPのホームページ:
http://www.eijiro.jp/

英辞朗 第四版:
http://shop.alc.co.jp/cnt/eijiro/?sem=OS0310028

今EDPのサイト見たら、英辞朗の歌まであるんですね…(^^;

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このページの先頭へ