一番身近にあるものを使うリスニング練習法

リスニングの練習(トレーニング)というと、あなたはどのようなものを使っていますか?おそらく英会話教材のCDを聴いたり、最近ではiPod(Podcast)なんか使っている人が多いでしょうね。YouTubeも無料で色々な動画、音声を聴くことが出来ます。

さて、今日ご紹介したいのは「一番身近にあるもの」を使うリスニング練習法です。リスニングというのは文字通り「英語の音声」を耳で聴くわけですが、実を言うと耳だけで聴くのと、何かを見ながら聴くのでは理解度に大きな差が出るものです。これはつまり、何かを見て【視覚的に】英語音声を聴く場合には、英語音声以外の情報が目から入ってくるため、その分理解しやすくなるというわけ。

で、英語の初心者とか、リスニングが苦手という人であれば、CDなどの「音声」だけのリスニングトレーニングよりも、視覚情報をプラスしたトレーニングを行った方が効果的と言えます。もし今、CDの音声だけを黙々と聴いていて、嫌気がさしてきたり、トレーニング自体が退屈でつまらないと感じるようになったら、一時的に音声だけを聴くトレーニングをやめてみましょう。

さぁ、ここまでの話で「一番身近にあるもの」が何なのかわかりましたね(^^)はい、それは「テレビ」です(またはパソコンや動画が見られるタイプのオーディオプレイヤーでも構いません)。いずれにしても【視覚的情報】が得られる道具であれば何でも良いのです。ここで、「なーんだ、テレビか」と思われた方、テレビをバカにしてはいけませんよ(^^)

実際の英会話においては「言葉」だけでなく、視覚的な情報を含むさまざまなデータを無意識に分析しながら、私たちは英語を聴き取っています。音だけに集中して聴くトレーニングというのは、言ってみれば英語のラジオ放送や電話での英会話のようなものです。それはそれで聴き取り力をつける練習としては良いのですが、より実践的な英会話を学びたいのであれば、ネイティブの表情やジェスチャーが見て取れる洋画や海外ドラマ等をリスニングのトレーニングに用いると効果的です。

音声だけのリスニングに限界を感じたら、すかさずレンタルDVD屋に行って自分の観たい洋画か海外ドラマのDVDを借りてきましょう。実は、映画や海外ドラマ、その他ドキュメンタリーでも構いませんが、外国のDVDというものは英会話の、特にリスニング練習には最適なのです。

まず、先ほども書いた通り、CDのような音声だけでなく「動画」といった視覚的情報があると内容を理解しやすいという利点があります。これは、例えば実際の英会話においても相手の表情やしぐさ、ジェスチャーを視覚的に捉えることによって「相手が言わんとしていること」を推測して理解しているため、視覚情報を付け足しながら英語を理解するトレーニングという意味では一番実践近いものなのです。

また、現在では洋画や海外ドラマ、ドキュメンタリーなど、楽しくて役立つ英語のソースがいくらでも手に入ります。退屈でルーチンワーク的な内容の英会話教材(しかも高額!)の英語音声を使うくらいなら一本何百円でレンタルしてくる方が断然お得です。しかも海外DVDは英語表現の宝庫ですから、はっきり言ってこれらだけを使って英語を完璧に習得できるといっても過言ではありません。

実際に、英語を独学で身につけている人の大半が、やはり海外のDVDで洋画やドラマ、その他のテレビ番組等を視聴し、生の英語のセンスを身につけています。これらの「生の英語」は、英会話教材のような「作られた言葉・表現」ではなく、本当に「生きている英語」ですので、実際の英会話でもものすごく役に立つんですね。今、もし英会話教材のCDなんかを聴き続けていて、少しでも退屈に感じたり、何か違うな~と思われたりしたら、テレビを使った「視覚的」なリスニングトレーニングを試してみて下さい。必ず違いに気付くはずです(^^)

 




矢印


矢印


矢印

タダで出来るリーディングの勉強法

今日はリーディングのお話。

日本人の場合、わりと多くの人が「英語を読むことなら出来る」って
言いますよね。

確かに、日本の学校では読み書きという、いわゆる「書き言葉」の
インプット・アウトプットに力を入れる教育がされていますので、英語を
読むことなら出来るという人は実際多いんです。

最近の風潮では、そのような「書き言葉」に偏重した英語教育が見直され
つつあり、例えば中学校などで最初に英語を教える際にアルファベットの
読み書きから始めるのではなく、いきなり「音声」から入る学校が増えて
いるらしいです。

まあ、確かに私たちが日本語を覚える時も、マンマとかママとかパパとか、
まずは音から入りますからね。まさかアイウエオの書き方から覚え始める
赤ちゃん(幼児)なんていませんよね(^^;

…ちょっと話が脱線してしまいました。
さて、そのように英語を読むことは得意だよっていう日本人は多いのですが
実用レベルのリーディング力があるかどうかと言えば、少しアヤシイという
人が多いのではないでしょうか。

リーディング力をアップさせるのには、実は時間がかかります。

こればかりは数日間、集中的にトレーニングしてもなかなか思うように
力が伸びたことを実感することが出来ません。

まず、実用に耐えうるボキャブラリーの構築が必須となります。

それも試験前の英単語暗記のようにしてもあまり意味がありません。
では、効果的にリーディングの力をアップするにはどうしたら良いか。
リーディング用の教科書のような退屈な長文をひたすら読む?

答えはノーです。

英語の勉強というものは少しでも「退屈」と感じたらもうダメ。

すぐに三日坊主になります(^^;
そこで…

いつも私がお勧めしているのは海外のインターネットサイトの閲覧です。

実際、全世界で閲覧できるウェブサイトの大半は英語で書かれたもの
なんですね。日本語のページなんて数パーセントに過ぎません。

英語のサイトには、あなたがまだ知らないたくさんの情報が埋まって
います。それこそ宝の山のようなもの。

例えば趣味がアロマテラピーであれば、それに関する海外のページを
片っ端から読んでみましょう。自動車が好きなら、自動車に関する英語の
ページを検索してみます(検索はアメリカのYahoo!やGoogleを使うと
便利です)。

このように、自分が興味・関心を持てる分野の英語サイトを閲覧する
ことで、半分趣味の延長で「楽しみながら」リーディングの力をつける
ことが出来るようになります。どうぞお試しあれ!
 

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

タダで英語を身につける方法

先週、某大手英会話スクールに立ち入り検査が入ったというニュースが
ありましたね。

受講料をめぐるトラブルが突出して多かったということらしいですが。

確かに、英会話スクールは本当にお金がかかります。特に大手では普通に
ン十万円っていうお金を払うことになります。

当然、ネイティブスピーカーと直接話せれば英語がすごく上達するような
気がしないでもありませんから、皆さん多額のお金を支払うんですね。

でも、世の中にはそんなにお金をかけなくても英語をマスターしてしまって
いる人がたくさんいるのも事実です。

今日は、いかにお金をかけずに英会話のトレーニングが出来るか、その辺り
に焦点を当ててみたいと思います。

まず、リスニングですが、これは一番お金をかけずに習得できるものです。

なぜなら、日本にいても今の世の中であれば英語のリスニングネタは
いくらでも入手出来るからです。

洋画や海外ドラマはDVDで簡単に手に入るし、インターネットを使えば好きな
時に好きなリスニングネタをタダで入手することが出来ます。

本当に昔のことを考えると便利な世の中になったもんです(感慨深いタメ息)。

まあ、そんな感じでネットやDVDを用いたリスニング練習法は巷でもたくさん
紹介されていますが、今日ご紹介するものは最近何かと話題のYouTubeを利用
したものです。

YouTubeはご存知の通りアメリカの動画投稿サイトですが、ここには著作権を
侵害するような動画が多く投稿されているだけでなく(^^;、アメリカの日常
的な本場の会話を耳にすることが出来る動画も多く投稿されています。

もともと、一般の人が撮影した日常的な面白動画などを投稿することが目的
だったことから、本当に日常的な、脚色のない「素の」英会話を聞くことが
出来るんですね。

日本で売っている英会話の教材等は、いわばお手本のような「作られた」
英語といえます。そのようなきれいな英語を聞くことも勉強になりますが、
実践的な英会話ではもっと崩れたスラング混じりの本物の英語が耳に入る
ことになります。

従って、このような産地直送(^^)の「素の」英語を聞くことがとても有効と
いえるんですね。

YouTubeではさまざまな動画が投稿されていますので、なるべく日常的な個人
の会話等が聞ける動画を探すと良いでしょう。もちろん、有名人のスピーチ
や、インタビューなんかもありますので、興味のある英語から聞くように
するのも長続きさせるコツです。

どうか「生の」英語をガツンと聞きこんでみて下さい!

YouTube
http://www.youtube.com/

お次はスピーキング。

これは受動的なリスニングと違って、能動的なトレーニングが必要となる
ことから、皆さん高いお金を払って英会話スクール等に通われていると思い
ます。

英会話スクールの他、英会話喫茶、国際協力や外国人が集まるイベントへの
参加などが有効ですが、今日はダントツでスピーキング力が上達する方法を
一つご紹介したいと思います。

それは映画の出演者になりきってセリフを話す「アフレコ練習法」です。

まず、洋画や海外ドラマのDVD(ビデオでもOK)を用意します。映画だと長い
ので、1時間単位で話が終わる海外ドラマの方が良いかもしれませんね。

最初に1回通して観ます。そして、なるべくセリフの多い役者(大抵は主人公)
のセリフをすべて紙に書き出します。この時、発音に自信がない人は英語を
聞こえるままにカタカナで書き出しても構いません。なるべく、聞こえたまま
英語らしく書き出すようにして下さい。
(例:I got itを「アイゴットイット」ではなく「アィガリッ」等)

英語字幕が出るDVDやセリフが全部書かれた本などもありますので、聞き取り
が出来ない人はそれを利用して下さい。ただし自分で聞き取った方が、
リスニングの練習にもなります。

次に、ターゲットにした役者のセリフをすべて覚えます。ここが一番大変な
ところですが、何回も繰り返して集中的に覚えてしまいます。

まるで自分が役者になったかのような気分になってやると良いです(^^)

ある程度セリフが覚えられたら、本編を見ながら役者の口に合わせてアフレコ
をするように一緒に発音してみます。この時、役者の話し方、抑揚、声色を
真似てやると格段にスピーキング力が向上します。

これを何回も繰り返してみるのです。自分が声優になったかのようにやると
段々と楽しくなってきますよ。

このように役者のセリフを丸暗記して話せるようになると、発音が向上する
だけでなく、英語を話すこと自体に自信がつくんですね。

しかも、そのセリフだけしか話せないのではないか?と思われるかも
知れませんが、驚いたことにこのようにして覚えたフレーズというのは実際
の英会話の際にポロっと出てきたりしますので、このようにしてたくさんの
セリフを真似て覚えておくと信じられないほど英会話力がアップするんです。

だから、暇さえあればたくさんのドラマのセリフを暗唱出来るようにすると
最高ですね。

中にはある映画のセリフ全部を暗唱できるツワモノもいて、こういう人が
お金をかけずに英語がペラペラになれるわけです。

天気の悪い日曜日、家でゴロゴロしているのであれば海外ドラマの1時間分
くらいセリフ丸暗記にトライしてみたら如何でしょうか。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このページの先頭へ