ゲームで英語の勉強もアリです

今日はちょっと趣向を変えて「ゲーム」の話です(^^)
ゲームと言っても、いわゆる英語学習用ゲームソフトの話ですけれどね。

皆さんもご存知の通り、任天堂のDSという携帯ゲーム機が爆発的に売れて
います。特にDS liteの方はどこへ行っても品切れという状態が長く続いて
いるようです。

何でこれがそんなに品薄なのかというと、今までのような純粋なビデオ
ゲーム以外に教育用ソフトの人気が高まっているという背景があるのです。

例えば、右脳を開発するソフト、常識力、漢字力、日本語力を検定する
ソフト、音感を養うソフト、地理、歴史、科学の勉強用ソフトなんかが
発売されていて人気を呼んでいます。

このような従来と違った教育・学習系ソフトの需要のおかげで特に任天堂
のDSの人気が高まっているんですね。

実際、私も「えいご漬け」を試してみて、確かに上級者には少し物足りない
感じがあったものの、初級~中級者であれば日々の英語の勉強に役立つ
だろうな~と思いました。

「えいご漬け」はディクテーションがメインなのですが、英語の聴き取り力
だけでなく「書く」という力や単語力も養うことが出来ます。

もう少し本格的に英語学習にDSを役立てたいのであれば3月8日発売予定の
「アルクの10分間英語マスターシリーズ」が期待できそうです。

これはアルクの英語教材「PowerWordsR」をベースにDS用に開発したもの
らしく、基本的には英単語の学習用ソフトのようですね。初級・中級・上級
と分かれているとこが「良いかも」です(^^)。

コナミからは2月22日に「NOVAうさぎのゲームde留学!?DS 」が発売予定
ということです。以下アマゾンの紹介文を引用しますね:

「NOVAが監修した23種類ものゲームと3000問題以上が収録されており本格的に
英語学習を楽しめる内容。ネイティブスピーカーによる発音練習などを行える
のがポイント(引用ここまで)」

ふむふむ、これも何か楽しく英語を勉強出来そうですよね。これは既にゲーム
センターなどでプレイできる「NOVAうさぎのゲームde留学!?」のDS版という
ことです。

ゲームしながら楽しく英語を勉強できる(しかも携帯ゲーム機だから電車の
中でも移動先でもどこでも出来る)なんて、本当に良い世の中になったもの
です(^^) 

私の若かった頃には考えられませんよ(←うーん、年寄り臭いなー)

ここまで恵まれた環境になると、それでも「英語話せな~い!」なんてもう
言えませんよね(^^)

この他DSでは「英単語ターゲット」「キクタン」などのソフトがあります。

またソニーのPSPでは「トークマン」という英語学習ゲームソフトがあります。

たまにはこのような視点から楽しんで英語をマスターするもの良いと思い
ますよ。ぜひあなたの英語学習プログラムの中に取り入れてみて下さい。

こういうのは積極的に活用した方が良いのです。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このページの先頭へ