英語を話せると得すること~情報収集

英語を話せると得することはたくさん

あります。まず、受験や就職などで

有利ということがありますね。

 

それから、海外へ行った時に言葉が

通じると便利です。旅行もその分楽しめ

ますし、映画やドラマもやはりオリジナル

の言葉で理解出来ると全然違います^^

 

あと、男性の場合は女性にモテる確率が

高まるというのがあります。これは

本当に、そういう傾向があるのです(笑)

 

ただ、今日お話ししたい英語を話せることの

メリットというのは、「情報収集」に関する

ものです。

 

私は子供の頃から本好きだったので、

とにかくありとあらゆる本を読みました。

今も、読書が大好きです。

 

基本的に本というのは、何かの情報を得る

ためのものですよね(小説とか、芸術作品は

また別ですが)。ハウツー本、実用書、教本

なんでもいいですが、本来の目的は何らかの

情報を知るということです。

 

そこで、私は海外の(主にアメリカですが)

書籍をよく読みます。何故かと言うと、

日本ではまだ知られていないような情報を

たくさん知ることが出来るからです。

 

これはもう本当に、タイムマシンに乗って

未来に行っているようなもので、アメリカで

流行ったものが、数年経ってやっと日本に

入ってくるという感じです。

 

だから、ビジネスのアイデアにしても、

ちょっとした話のネタにしても、新製品に

しても、英語で先に知ることが出来るという

のは、非常に大きなアドバンテージとなります。

 

もちろん、投資の情報とか、お金儲けとか、

世界情勢とか、まぁとにかくありとあらゆる

最新情報を知るには、まずは英語が出来ないと

ダメ、ということなのです^^

 

ぜひ、あなたもどんどん英語を勉強して、

日本にある情報だけでなく、積極的に

海外の最新情報に触れるようにしてみて

下さい。きっと、世界が広がりますよ~!

どうぞ楽しい週末をお過ごし下さい^^

英語は「資産」ですから、積極的に投資しましょう

実は私、経済学がとても苦手です。

もう会社の経理とか、本当に大嫌いで…^^; だから全部、お金のことは税理士さんにお任せしているのですが、あまりの「ドンブリ勘定」に、いつも叱られてます^^;

で、まぁそんな経済オンチの私であっても、「資産」と「負債」の違いぐらいは理解しているつもりです。あなたは「資産」と「負債」の違いを説明することが出来ますか?

「金持ち父さん 貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキ氏の言葉を借りれば…

「資産とは自分のポケットにお金を入れてくれるもの」

「負債とは自分のポケットからお金を取っていくもの」

という定義が出来ます。

例えば、家一軒持っているとして、それを人に貸したり、売却することでお金を得ることが出来るなら「資産」ですが、住宅ローンが残っていて、毎月お金を払わなければならない状態であれば、それを「負債」と言います。

で、当然の話ですが、「資産」を持っている人はお金持ちになる可能性が高くなります。一方、「負債」が多い人は貧乏になる可能性が高くなります。つまり「負債」ではなく、いかに「資産」を手に入れるか…ということが大切ということですね^^

では、資産とは具体的にどんなものを言うのでしょうか。「資産」という漢字をよく見て下さい。「次に貝(お金)を産む」とあります(昔、貝はお金として使われていました)。なるほど、ポケットにお金を入れてくれる感じがしますね^^

そういう意味では、不動産や株などは、景気が上向きであれば「資産」と言えるでしょう。しかし、少ネガティブな話をすると、今日本の人口はどんどん減少しています。

つまり、今後も昭和の成長期のように株や不動産がそのまま「資産」と言えるのかと言えば、決してそうは言い切れません。人口が今の半分になったら…考えるだけでも恐ろしいですが、現実の話です。

では、他に確実な資産はないのでしょうか?

私は「英語力」があなたの資産になると考えます。なぜなら、今後、日本において英語力の必要性が増加することはあっても、無くなるということはまず考えられないからです。

英語力のある人材は重宝されます。就職・転職でも有利です。どうやっても、英語力がある人の方が優遇される世の中になっているのです。

何よりも、英語力という「知識」は世の中がどう変わろうと、何が起ころうと、誰にも奪われない最高の資産なのです。株は下落します。不動産も買い手がいなければ価値はどんどん下がります。現金だって奪われてしまえばそれっきりですね。

しかし、英語力という知識は誰にも奪われません。何にも影響を受けず、この日本という、世界でも稀に見る「英語苦手国家」の中では、常に最高の資産として働きます。

ぜひ、英語力という「資産」に惜しみなくお金を使って下さい。それは不毛でくだらない「負債」の購入ではなく、あなたに富や幸福をもたらし続けてくれる、最高に有益な「投資」なのですから^^

 

追伸:

英語力を身につける投資なら、ぜひこの教本を手に入れてみて下さい。話はそれからです^^

* 郵送版は残り数僅かです。今すぐ読みたい方はダウンロード版をお申込み下さい。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ 自宅でESL! バーチャル留学メール講座(10/4)タレコミ情報

今日は洋楽の歌詞を使ったディクテーション・エクササイズとして、アヴリル・ラヴィーンの Complicated という曲を使ったディクテーションとエクササイズを実践しました。私の大好きな曲でもあるので、とても楽しかったです^^

日本にいながら本場の英語学校の勉強・トレーニング内容を体験出来る唯一のメール講座です!今なら先着100名限定で、お申し込み頂いた受講期間と同じ期間「ラインマスター毎日英語塾」を無料で受講頂ける特別キャンペーンを実施中。これはお得^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

esl10_2

終戦記念日に想う英語のこと、アメリカのこと

今日は66回目の終戦記念日ですね。

先ほど、今は九州で暮らしている私の父親と電話で長話をしていました。父は71歳、生まれてすぐに戦争が始まり、戦後の混乱期に幼少~学生時代を過ごしています。

福岡のかつての炭鉱では、米軍の捕虜を働かせていたことがあったそうです。「働かせていた」というと聞こえが悪いですが、実際にはきちんとした待遇で、その証拠に戦後に捕虜たちが、お世話になったお礼にたくさんのお土産を持って炭鉱を再訪問したそうです。

その時に持ってきたのがハーシーのチョコレート、リグレーのチューインガム、その他日本では珍しかった(というか存在しなかった)瓶入りのマヨネーズや洗濯洗剤(粉石けん)等々の物資。感謝と恩返しの気持ちでたくさんのアメリカ製品を持ってきてくれたんですね。

捕虜時代には上半身裸で「フンドシ」を着けさせられていたアメリカ人ですが、再来日時にはきちんとした身なりで、それを迎えた日本人の方はボロボロの服…。当時、小学生だった父の目にも「ああ、日本は無謀にもこんな立派な身なりの人々がいる大国と戦ったんだな…」と感じたそうです。

それから66年という月日が流れ…いまだにアメリカという国は世界のリーダー国です。もちろん、最近は色々な問題もあり、かつての勢いはないかも知れません。しかし、それでもアメリカという国は「偉大」であると感じます。

こう書くと、中には「渡邊は親米だ」なんて感じる人がいるかも知れませんが、私は親米とか反米とか、そんなちっぽけなイデオロギーの話がしたいのではありません。

マクドナルド、マイクロソフト(Windows)、アップルコンピューター(iPhoneもiPadもiPodも…)、Google、Yahoo!、ディズニーランド、ハリウッド映画…等々、世界中の人々を惹きつけるものを世に送り出しているのがアメリカです。

他にも、私はいわゆるインターネット・マーケティングというものに興味があるのですが、それらのビジネス・モデルのほとんどがアメリカに由来するものなのです。これは他のビジネスにも言えることですね。

で、これは一体どういうことかと言うと、つまりアメリカで母国語とされている「英語」というツールを身につけると、ものすごく「得だよ!」ということなんです^^

日本にいると分からないかも知れませんが、世界中のウェブ上の情報量からすれば、日本語で書かれた情報なんて数パーセントにも満たないのです。全人類がさまざまな経験や研究から蓄積してきた膨大な量の知識、ノウハウ、技術といった貴重な情報の大半が「英語」で書かれています。

だから、少し頭の良い人であれば、英語でウェブ検索して「より良き貴重な情報」を手に入れます。大半の日本人が、そんな貴重な情報があることさえ気づかない一方で、です。

だから、英語は身につけた方が良いのです。それだけで、ものすごい「得」をするからです。逆に言えば、英語を身につけていない人は、それだけでものすごい「損」をしていることになるわけですね。

簡単な例で言えば、同じ洋画を観ていても、英語がわかるのとわからないのでは「楽しめる度合」が全然違います。英語本来の意味がわかれば、同じ映画を観ていても、まったく違う見方・楽しみ方が出来るからです。

戦後66年、今後もますます英語の需要は高まります。このブログを読んでいる人だけでも、バッチリと英語力をつけて頂き、今後のあなたの人生をより良きものへと変えて頂ければ私も嬉しく思います^^


【編集後記】房総の海へ出かけてきました

umi

先週、一足早めにお盆休みを頂き、家族で房総の海に行ってきました^^ 目の前がビーチのホテルだったのでメチャクチャきれい!久しぶりにリフレッシュできました^^

このページの先頭へ