なぜ留学生は短期間で英語を話せるようになるのか?

 

はじめに断っておきますが、

英語圏に留学した人全員が英語を話せるように

なる…というわけではありません。世間では

「留学さえすればペラペラになる…」といった

幻想がありますが、それは間違っています。

 

 

しかし、やはり何だかんだ言って、一部の

留学生は短期間で英語を話せるようになって

しまいます。今日は、彼らが何故短期間で

英語を話せるようになるのか、その違いに

ついて詳しくお話ししたいと思います。

 

 

まず、重ねて言いますが、英語圏に留学した

からと言って、全員が英語を話せるようになる…

というわけではありません。これはもう本当に、

英語を話せるようになる人の方が少ない程です。

 

 

ほとんどの留学生は、英語圏に行っても

現地にいる日本人とつるんで生活するように

なります。英語が話せず、意志が弱ければ

尚更です。故に、日本にいる時よりも日本人

らしい生活を送っていたりします(笑)

 

 

しかし、英語を話せるようになる留学生は

やはりどこかが違います。一番の違いは、

付き合う対象が日本人ではなく現地の人々、

もしくは日本以外の国からの留学生である…

という点でしょう。必然的に毎日英語を使って

コミュニケーションをするようになります。

 

 

まぁ、そんなのは留学しているのですから当然

と思われるかも知れませんが、大多数の留学生は

ただ場所が変わっただけで日本人同士でつるみ、

日本食を食べ、日本語を話し、日本語のテレビを

観ています。日本人同士の男女が同棲するなんて

珍しい話ではないのです。

 

 

一方、短期間で英語力を身につける留学生は

「孤高の狼」的です。現地の日本人の誘惑に

目もくれず、毎日ものすごい量の勉強をします。

何故なら ESL のような英語学校、または大学の

学部などで授業についていくためには、

それぐらいの勉強をしないと難しいからです。

 

 

結果的に、脳に大きな負荷がかかります。

この負荷が日本語に慣れ切った脳を「英語対応型」

の脳に強制的に変換させるというわけです。

このような負荷というのは、日本語で書かれた

英語の教科書などを読んで勉強している程度では

全然足りないのです。

 

 

さらに、短期間で英語を話せるようになる日本人

の決定的な違いは「絶対に英語を話せるようになる!」

という確固たる目標・意志があるということですね。

それと同時に積極的かつ能動的なのです。つまり、

誰かにお尻を叩かれて動くのではなく、自ら進んで

英語の勉強が出来るということですね^^

 

 

「学校へ行けば先生が教えてくれる」

「お金を払えば誰かがやってくれる」

「留学さえすれば英語を話せるようになる」

「聞き流すだけで勝手に英語が聴き取れるように

なる…」といった、積極性・能動性とはほど遠い

「受け身型」の人は留学しても絶対に英語なんか

話せるようにはなりません^^;

 

 

しかし考えようによっては、日本にいながらに

しても、上記のような積極性・能動性を身につけ、

自らの意志で「絶対に英語を話せるようになる!」

と決心出来る人であれば、下手に留学している人

よりも確実に英語力を身につけられるはずです。

 

 

なぜなら、今はインターネットがありますから、

留学生と同じような勉強内容は日本にいても

十分に再現が可能なのです。あなたもぜひ

この機会にバーチャル留学体験をしてみませんか?

 

追伸:

日本にいながらにして留学生が海外のESL

(英語学校)で勉強するのと同じ内容を実践

出来る画期的なプログラムです。12ヶ月間

全156回のメール講座が半額で受講できる

チャンスは明日まで、残り7名のみ!

残り人数が無くなる前に今すぐお申込み下さい^^

↓↓↓

http://www.loftypub.com/eslmc/
esl10_2

餅は餅屋、英語は英語屋(ESL)で学ぶのが一番です!

 

昔から「餅は餅屋」という諺があるように、

何でも、それぞれの専門家に任せるのが一番と

言われています。

 

 

確かにカレーも専門店で食べた方が美味しいですし^^

何か分からないことがあれば専門家に尋ねるのが

一番手っ取り早いですね。

 

 

しかし、どういうわけか英語に関しては

英語の専門家、すなわちネイティブ・スピーカー

に教わるのを避ける日本人が多いようです。

 

 

まぁ確かに英語が話せないから勉強しているのに、

ペラペラと英語をまくしたてるネイティブ・

スピーカーに色々と質問したりするのは少し

怖いというか、気が引けるというのも

わかる気がします^^

 

 

とは言うものの、やはり英語はネイティブ・

スピーカーに教わるのが一番です。そのために、

高いお金を払ってネイティブがいる英会話スクール

に通ったり、はるばる英語圏まで足を伸ばして

留学したりするわけです。

 

 

もちろん、今の世の中はウェブがありますから、

そんな大枚を叩かずとも無料でネイティブによる

英語の勉強を行うことは可能です。それが、

オンライン上で自由に活用することが出来る

「ESLサイト」というもの。

 

 

ESLというのは、英語を話せない留学生のために

短期間で英語でのコミュニケーションが可能なように

特別なカリキュラムによる英語の指導を行う

英語学校のことです。

 

 

現在、イギリスやアメリカ、カナダ、オーストラリア

など世界各国(もちろん英語圏ですが)に ESL があり、

そのインストラクターたちがウェブ上でも ESL の

勉強が可能なようにたくさんの ESL サイトを運営して

います。

 

 

例えば…

http://audioenglish.wordpress.com/

とか

http://www.agendaweb.org/

とか

http://www.englishexercises.org/

とか

http://iteslj.org/

とか

http://www.elcivics.com/esl/lessons.html

 

 

まぁ、とにかくこんなのは世界中に無数に存在して

いるわけです(上はほんの一部です)。他にも

もっとたくさんのESLサイトがあるのですが、

こんなのがすべて無料なのですから、これを

活用しない手はないですよね。

 

 

ただ、これらのサイトはちょっとした難点があって、

ほとんどのサイトで詳しい解説が載っていないのです。

また、このようなサイトを探し出すのが少し難しい

(というかテクニックが必要)というのもあります。

 

 

しかし、ご安心下さい^^

私が講師をつとめさせて頂いている

「自宅でESL!バーチャル留学メール講座」では、

このようなESLサイトの中から選りすぐりの課題、

エクササイズをあなたのために渡邉が選び、

さらに非常にわかりやすく面白い^^ 解説をつけて

お送りしています。

 

 

この講座を受けることで、あなたは星の数ほどある

ESLサイトから大変な思いをして課題やエクササイズを

探し出すことなく、常に詳しい解説付きのメール講座を

毎回楽しみながら実践して頂くことが可能になります。

つまり、日本にいながらにして、留学生が実践している

海外のESLプログラムを自宅で受けることが出来る

というわけですね^^

 

 

現在、「自宅でESL!バーチャル留学メール講座」では

先着30名様限定の【半額】キャンペーンを実施して

おります。締切は明々後日5/15(木)となりますので、

ぜひこの機会を見逃さず、積極的にご参加下さい~^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eslmc/

 

 

追伸:

ちなみに今日のESL講座では、非常に短くシンプル

ながら様々な意味や用法があって分かり辛い as

という語について詳しく勉強し、さらに10問の

エクササイズを実践しました^^

 

こういうのも、ESLプログラムならではの

「ネイティブによるエクササイズ」だと

本当に理解しやすいのです(日本語で書かれた

英文法の参考書などとは全然違いますよ^^)。

 

本場の英語を学びたい方限定のメール講座です!

ぜひ、今すぐにお申込み下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eslmc/

esl3

これがアメリカのESL式英語勉強・トレーニング法だ!(2)

さて今週は、ESL式英語勉強・トレーニング法をご紹介していますが、今日はリスニングとリーディングについてお話しましょう。

まずリスニング(聴き取り)ですが、意外なことにアメリカの英語学校でもリスニングの授業中には英語の音声CD等を再生して聴き取りの練習をします。

まぁ、よく考えてみたら他の授業であってもすべて英語で聴き取り、答えるわけですので、どこからどこまでがリスニングの授業…という線引きもないんですけどね^^

ただ、リスニングの授業では英語の音声を聴いた後に、必ず Comprehension Test を行います。これは「理解力テスト」のことで、要するにどれだけきちんと聴き取れたかを確認されるわけです。

ESL 式のリスニング・トレーニングの良い所は、特にディクテーションのようにすべての内容を一語一句聴き取れ!と言うのではなく、英語音声の要点をきちんと理解出来ているかどうか、その点のみに重点を置いているという所です。

これによって、聴き方はどうであっても、実際の英会話においてきちんと内容を把握出来ているかどうか、その「理解力」という点を集中的に強化出来るというわけです。そして、それが本来身につけるべき「聴解力」なんですね。

そういう意味でも、日本でリスニングのトレーニングをする際には、一語一句厳密に聴き取れているかどうかというよりは、内容を把握出来たかどうかという点に気をつけて練習してみると良いでしょう。

実は、これは同じインプット系のスキルであるリーディングの練習にも言えることなのです。ESL のリーディング・クラスにおいても、リスニング同様、英文を読んだ後に Comprehension Test を行います。要点をしっかりと把握出来たか、チェックされるというわけですね。

また、読んだ内容についてクラスメートと討論会(ディベート)などを行うこともあります。そのようにして、英語を「読む」だけでなく、そこから「話す」というアウトプットにつなげる訓練をするわけです。

英語のスキルは「スピーキング」「リスニング」「リーディング」「ライティング」等々ありますが、これらは独立しているわけではなく、自動車の4輪のようにガッチリと組み合わさっています

ESL では、これらのスキルをバランスよく相関させて総合的な英語力の向上を目指すカリキュラムが組まれているため、短期間で驚くほど効率的に英語力・英会話力を身につけることが出来るわけですね。

したがって、日本で独学で英語の勉強を進める場合も、それぞれのスキルを個別に(独立させて)勉強するのではなく、全体を相関させると良いです。

例えば、スピーキング力向上のためにライン(フレーズ)を準備することはライティングの練習にもなりますし、リスニングやリーディングといったインプット系のトレーニングを行う際に知り得た語句や表現を覚えることでボキャブラリーを増強させることが出来ます。

このように、英語の学習はどれか一つに注力すれば良いというものではなく、常に他のスキルと組み合わせて勉強・トレーニングを行うことで総合的な英語力を身につけることが出来るようになります^^

ちょっと長くなってしまいましたので、ESL 式のグラマー(英文法)勉強法については、また明日のメルマガで詳しくご紹介したいと思います。

 

追伸:

私がアメリカの ESL で培った英語習得ノウハウは私の教本でも詳しくご紹介しています。今すぐに英語を話し、聴き取れるようになりたい方は是非手に入れて読んでみて下さい^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

追々伸:

リスニングパワーの渡邊式活用法が大好評です^^ 以下のリンクよりお申込頂けた方はメールでご請求頂ければすぐにダウンロードURLをお伝え致します(または私の最新教本申込みでも可):

↓↓↓
http://bit.ly/g9R8Qn

■ ラインマスター毎日英語塾(3/7)タレコミ情報 ■

今日は木曜日ということで、リーディングの練習を実践しました。明日はライティング講座で実際にライン(自分専用のフレーズ)を書く練習をします。

あなたも今すぐ参加しませんか?受講料も安いですし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

この瞬間も受講生たちは英語力をどんどん身につけて先へ先へと走り続けています。今すぐあなたも!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このページの先頭へ